トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

頭と尻尾はわがものならず

 買えば下がる売れば上がるは世の習ひ頭と尻尾はわがものならずPhoto_32

村田を売れば村田上げ、ファナック買えばファナック下げ。頭と尻尾はくれてやる、と自慰すなり。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

後場、盛り上がらず

後場高の楽観的予想は外れ。ファナックも下げ→デイトレならず。オーバーナイトで10000円を目指しホールドとなる。全体にムードはいいみたいなので、そのうち到達するだろう。

と思っていたら思わぬ下げもある。ベア代表宇野さんによると、アメリカは既に落城、惰性で買われているだけだという。根拠が不分明なので俄かに賛成し難し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前場はこんなもんだろう

強気で行くなら、いま、日経ミニを買って午後ザラ場中の新日鉄決算で上げるのをPhoto_31うという考え方もあるが、今日はイメージトレードだけにしておこう。相場は博打ではないし、俺は自分に都合のいいシナリオだけを考えてしまうのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

ファナックを9690で買い

Photo_16 今日の底値近辺だろう、多分(と思いこもう)←反省:後場盛り上がるはずという思い込み先行したか。地合いに惑わされるな/とはいえここまで見極めるのは難しいのも事実。
また、キヤノン、東芝に利が乗って来たが、暫くキープ所存。NY急落不安薄らぎ東京自立色もちょっぴり濃厚になってきたからと考えるからだ。キヤノンは5700、東芝は750をとりあえず目標とする。

今日の目玉は日経ミニに買い注文を出したこと。ファナックをデイするのだったら、日経ミニをデイしてもいいではないかと発想。試みに約定しそうにない安値15450で買い指値。
イメージがつかめたのでさっき取り消し。
この分だといつか本気で売買しそうだなあ。身の破滅の始まりかもしれぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中東←沈黙の大国日本

昨日のサンデーモーニングがレバノンをわりと詳しく伝えていた。Photo_29
しかしながら、60万人の避難民が発生しているのに、日本政府は何の見解も発表せず行動もとろうとはしない。中東は日本の生命線なのに。そしてまた拉致事件を国際世論に訴 えて解決したければ60万人が自宅に戻れるように成否は別にしてもなんらかのアクションをとるべきではないか。

日本は損得と好き嫌いだけの国、と思われると、損得でさえも守れないようになる。目覚めよ、日本。

村上龍さんのメルマガJMMで『レバノン:揺れるモザイク社会』と「イスラエルとアメリカ政治」を読んだ。JMMはご存知の方も多いだろうけれど、マスメディアが伝えてくれないことがら、ものの見方を教えてくれる。読者拡大に協力しよう。

  

| | コメント (0) | トラックバック (23)

磐梯・いわき紀行

5:30出発→川口ICまで一時間と池袋ルートが使えるので楽になった。蓮田SAで朝食を摂る。

 ユーミンを聴きつつ眠る東北道妻運転にいのちを託す

あのプチブル的幼児性が魅力だ。俺の混合配合CDに収録した曲が最も多いシンガーである。
さて目指すは磐梯山。ところが雨。全く姿を拝めなかった。
しかたがないので中田観音参拝、抱きつき柱に抱きつき心願したり、会津塗りを眺めたり藩校日進館を見学したりした。昼食は蕎麦。腰があってうまかった。Photo_28

 磐梯を見せむと姑連れ行けど長引く雨が隠して逃げた

宿泊は休暇村。このチェーンがお気に入りである。今回も新鮮な野菜を味わえて満足。一年に一回はどこかの休暇村を利用するだろうなあ、多分。

翌日は楽しみにしていた磐梯山めぐりが出来ず、いわきへ。暇つぶしのつもりで寄ったアクアマリンふくしまが思わぬ収穫。もともと水族館は好きなのだけれど、ここはスケールが大きい。トドの咆哮が聞けたし、イワシの大群も圧巻だった。お奨め。俺ももう一度は来るだろう。

泊まりはかんぽの宿。まずまずだけれど休暇村と比べるとなあ。それにやっぱり雰囲気が硬い。夜間は制服警備員がフロントにいるのだから。

 五時前に目覚めてしまい警備員の特別許可で温泉に入る
 朝焼けを眺めて入る露天風呂海沿ひなれば塩辛きかな

これで夏休み終了(毎日が日曜日なのにね)。溜まった新聞ビデオを見なくっちゃ。相場も出来高少ないけれど先物主導が気になるけれどもよくなった。今日はファナックでデイ出来るといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

中東に平和を

レバノンの国連軍がイスラエルによって「攻撃」されて死者が出ても日本のテレビは全く伝えない(BS1がアルジャジーラを流していた以外は無いでしょう、多分)。死者に中国人が含まれていて、北京政府は在北京イスラエル大使を呼び出して抗議したとのことです。
これが日本人だったら大騒ぎだろうなあ、日本人以外は眼中に無いのか日本のテレビよ。この自閉症、なんとかしてくれえ。Photo_27 

中東戦争がずっと続いているのは、それによって儲かる人々の存在、そしてアメリカの責任によると俺は思う。中東に平和を。平和こそ最大の上げ材料なのに。

写真はユリタさんのサイトから勝手に頂きました。ご了解、お願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

GM→アメリカを侮るなかれ

こういう情報に遭遇できるから、ネットは素晴らしい。メディアに出そうにない少数言論の有難さを感じます。Photo_26
ぐっちーさんが「実はGMの方が上らしい…」でトヨタの技術は「潰しがきかない」それに引き換えGMの基本技術は40年前以上のものがいまだに通用する素晴らしさ、との情報を流してくれています。
太平洋戦争の悲惨な結果を思い出したりします。論理性、戦略性を身に着けなければ、と残り少ない人生を思います。必見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開いて一週間

相場を見ていてあまりの閑況に作ってみようかと思いつき、作るんだったら今のところ株主でもあるし当然ヤフーと試作して見たが、そもそもアバターなるものが気に入らない。その上、改行方法がわからない、数時間ああでもないこうでもないと格闘したけどわからない(無能だけど執拗なのだ、ボク)。あほらしか、とココログがすんなりEnter、Shift+改行できたので乗り換えて、ブログ開設。Photo_14
熱中症なのでここまでで書いた記事が52本→アクセス解析もお陰さまで予想外まずまずの結果。記事にグーグルから画像を引っ張ってきているのが著作権ちょっと心配、しかしよそでも承諾無し引用ありそうなので(あ、赤信号みんなで渡れば怖くない→いかんなあ)と思いつつ積極的広告も載せてないので許されるだろうと勝手判断。トラックバックのなんたるかも分かったし、ブログランキングも人様のブログを見る回数も増え、見る角度も変わった。

現場で現物を現実に見る(三現主義)。事実は立体、見る角度によって○も□に見える。やってみなければわからない、開いてよかったあ、が実感である。前のホームページ「ビジネスと思索と短歌のサイト」はプロバイダー乗り換えと同時に消滅したが、このブログは俺が死んでも暫時は残るだろう。墓碑銘ともなり得る、と思ったりして。

さてところで、昨日のプール体重:85.6→85.2と順調。

 薔薇のごと乙女らプールに打ち揃ひ水中散歩の蕾が開く

白昼夢だったか実像だったか、電車でも女性しか眼に入らなかったするもんね。

 ウエストが締まれば目立つ贅肉が削いでくれよと泣き顔をする

NYも何事も無く、今日の兜町には(ポスト小泉政権を先取りして)昨日以上の自主性を発揮して欲しいな。日本の未来は(暗くなるまでは)明るいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年7月27日 (木)

村田が戻した

高値引け。今夜なにごともなければ明日、利食いできそうだなあ。でも留守だからどうするか。指値しようかとも思うが……やっぱり週末でもあるし7400円で指しておこう。Photo_13

今日は有意義な上げ。キャッシュサルベージに暫く徹する(明日中は)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経、MA25を抜く

次の節目はMA200(15641)。まだだいぶ遠い。200ma
そこに行くまでに一荒れも二荒れもある。
だから今はキャッシュキャッシュと自分に言い聞かせる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヤフー、楽天、反転か

ヤフーが前場途中からプラ転。楽天も高い。
なんだなんだ、昨日はアマゾン減益でネット株安い、などとコメントしていたくせに。Photo_12
こんなのみーんな後付けの理屈。チャートだけが事実なのだ。

でも盆前にネット株持ち直すと思うのは甘いぜよ。
NY下げれば仕掛け売りでドーンとやられる。
しかしSBIの好業績を見逃すこともないなあとも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

夏休み宣言

見てるのがダルくなった。図書館に行って来よう。Mjq
午後も相場を覗きはするが、明日明後日は夏休み。ユーミン/裕次郎/アバ/中村美津子/MJQ/前川清他の混合配合飼料をたっぷり聴いてくる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キヤノン、なぜ安い?

日経は△32なのにキヤノンは▼100。今日引け後に中間決算が予想外に悪いのだろうか。このへんが株の不思議なところだ。Photo_25
SBI好決算で強し。ナンピン強くしたいけど我慢。明日は旅行なので来週に持ち越すのが賢明。俺、なんでこの株が好きなんやろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考え抜く人

昨日の日経夕刊「目からウロコの投資塾 市場と心理」林康史さんによると、人には二種類あるそうな。
ランチェ(年金生活者)→指示を待つ人Photo_24
スペクラトゥール→考え抜く人。スペキュレータ(投機家の語源)

スペクラトゥール度チェックがあって、俺はほぼ全てに○である(エヘン)。唯一グレイだったのは「正しい情報と無意味な情報を区別できる」(これが一番大事だと思う)。
ともあれ、だから俺は株に嵌ったのだ、と自慰するのである。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

モジュール式短歌の奨め

プール通いは原則、二日に一回にしているのだが、昨日は新安値が出そうな気がして一昨日に続いてプールに行った。
予想通り新安値が出てニッコリ、帰宅して風呂に入ってビールをごくり。これがタマラヌ、無上の喜びである。そこで一首。

毎晩のプール上がりの缶ビール幸せといふは満ち足りにあり

実はこの歌には俺の旧作本歌がある。

おのずから涼しさ溢るる秋あした満ち足りといふは日常にあり

この歌の下の句「満ち足りといふは日常にあり」をもっと一般化して「幸せといふは満ち足りにあり」に変えて、これを共通モジュールとすれば短歌をラクチン製造できるなあ、と思い至った。例えばPhoto_23

かあさんが作る手料理おいしいな幸せといふは満ち足りにあり
この辺で手を打てばよし十人並み幸せといふは満ち足りにあり
愛してるあなたの貰う年金を幸せといふは満ち足りにあり

てな具合。俳句の「根岸の里のわび住まい」と同じ趣向だ。参考になったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (52)

思い出の1999年

おっちょこちょいもあったし、会社と飲み屋と家のトライアングル生活に飽きていたのもあった。だから会社が初めて優遇特典付早期退職を募集した時に「いざ海へ」力んPhoto_22で27年半勤めた会社を辞めてしまった。1999年9月末のことである。このままぢゃ、俺は立ち腐れてしまう、という実感もあったし、その判断は間違ってなかったと今でも思う。
過去の人脈とは切断したところで仕事を探した。ベンチャーに仕事を頂戴したりしているうちに、今ではJQ上場している某社のジョイント支援を受けてネットベンチャーを起こした。ベンダー選定失敗と俺の根性無さが原因でネットは失敗。失意の時間を過ごした後にベンチャー営業を半年でケツ割り。

愛といふ不可思議なもの胸に抱き喧噪の街今日も歩めり

結局俺にはなんにも無いんだと実感して、ある資格試験に挑戦し、現在に至っているが、この試験、今春は2ポイント不足で第一関門また通過できず。
これに先立つ3月にパソコン買い替え/ADSL接続したら案の定ネット取引に嵌る。5~6月暴落で多大な含み損抱えても飽きもせず継続、その上ブログまで開設するとは。

アホやなあ、死んでも直らぬわ。

甘き蜜外に求めて飛び出せば苦き米食み蟄居となれり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

強欲な願い

百歳で呆けず居りたし無能なる半生過ごせる吾ならばこそ

「おかあはん、あんた強欲やでえ」と指摘したら随分怒ったな、亡母は。俺も強欲である。百まで生きるかどうか判らぬのにその上注文を付けるとは。 Ny

昨日のプール体重は86.2→85.4。順調な下げである。

ところでNYはどうする東京、と投げかけている。CMEも14980だ。これで上げなきゃオトコが立たぬぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (30)

2006年7月26日 (水)

アマゾン・ショック

ストボ岩本さんによると今日の不甲斐なさの元凶はアマゾンだそうな。
第一に「アマゾンも年内にネット商店街」という報道→楽天等ネット新興株下落、第二にアPhoto_21 メリカの夜間取引で下落した、この両面からのアマゾン攻めによるものという。

アマゾネスって残酷なんだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

しっかりせよ日本

不甲斐なき日本の相場アメリカが上げても「あたし、打つ弾無いの」Photo_20

お盆までアカンなあ→キャッシュ抱き添い寝がしたき含み損

| | コメント (0) | トラックバック (30)

楽天続落/戦争・株とマスコミ

今日の日経が否定的な記事を書きょったもんね。「空回りする高成長戦略 型破り経営Photo_11  市場が警戒」。おかげで今日も続落。
まあしかし新興が下げるところまで下げて個々の株毎にセリングクライマックスが一巡しないとダメかもね。みんなもう諦めろ投げろ。俺は投げないけど、なあんちゃって。

楽天はひょっとしてTBSに勝ったらという保険のつもりで一株だけ買っている。何度かナンピンを踏みとどまったのが慰めである。三木谷さんは愚かな人ではないと信じているのもあるし。

ところで、イスラエルは情報統制どころか検閲までしているようです。→戦争とマスコミ
日経は、従業員のインサイダーは「深くおわび」したけれど、では、構造的組織的インサイダーは無いのか、と根拠なき疑念であります。

| | コメント (0) | トラックバック (23)

ヤフー、底を打つか

昨日のSBI(今日は若干上げ)と同様、信用の投げが出ているんではないんだろうか。Photo_10
ホンダを売ってちょっぴりキャッシュがあるから、ナンピンしようかという邪念がきざし始めた。いや、SBIに更なるナンピンという邪念もあり。

あわてるな、株はいつでも買える。
そうそうそれから「株式心得」に一番大事なことを書き漏らした。

    無欲は大欲。欲を無くせば成仏するのだ。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープ反落、兵糧不足

日経弱し15088円、CMEにも届いていない。ストボ岩本さんによると「海外から兵糧が欲しPhoto_9 いところ」である。みんなが昨日の俺(ホンダ利食い)みたいに、まだ疑心暗鬼なんだろうな。それに個人は俺同様、含み損キャッシュ無しなんだろう。
あ、シャープも決算発表で材料出尽くしか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

歌メモ

甘き蜜外に求めて飛び出せば苦き米食み蟄居となれり

  ウォーキング中に浮かんだ。とりあえずメモ/詳細は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

藤川と清原の因縁の対決

実は50年来の阪神ファンである。阪神の試合しか見ない。中でも球児はいい、「ホームラン厳禁」とグラブに書いて一球一球精魂こめて投げている姿に感動する。Photo_19

その藤川に「ケツの穴、小さいわ。チ○ポコ付いてんのか」と暴言を吐いたヤツがいるそうである。許せぬ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

株式心得

ナスダウは微動。CMEは15110.0+135だから、これに従えば日経平均はMA25近辺で揉み合い、今日は小動きといったところか。あんまり面白くなさそうだなあ。

さて今朝は(哲学ネタを思いつかないので)春以降の反省まとめ→株式心得とする。

 1.株は買わねば損しない
   買うから損する。買わないのが一番キャッシュが一番。
   しかし、そういう訳にも行かないので。
   買う。買えば利食いしたい。そこで
 2.買いはMA25より上が原則
   チャートもロクに見なかったもんね、最初は。
   失敗してチャート本を読んでこの原則にたどりついた。
   しかし原則には例外あり、また、MA25上で
   買っても急落で下に持っていかれることもある。そんなときには
 3.じっと我慢。損切りはしない。
   ここは(俺のように現物一本槍でも)議論のあるところ。
   損切りを進める考え方もあるが、俺のようなしぶちんは
   しない(したくない)。
   ただし、前提があって、優良銘柄のみを買うこと。
   優良銘柄ならば底割れはしないから安心。でも、
 4.業績がよくてもずるずる下がることもある。
   一例はSBI(優良銘柄かどうか一抹の疑問あるが)。
   ライブドア事件以来、下げっ放し。
   昨日の下げでPER9倍割れているんじゃないか。
   つまり
 5.株は現象、全ては相場(集団心理)。
   株は美人投票。
   美人だから上げるのではなく
   みんなが美人と思うのならば(自分は美人と思わなくても)
   株は上がる。逆に、自分が美人と思っても
   みんながブスと思うのならば、下がるのである。

そうなのだ、「俺は現象、全ては主観」。人間を実体と思うからマチガイが起きる。人Photo_18を愛しても信じてはいけないのに、信じてしまう。これがマチガイ。
人間は弱い、切ないのである。基本は損得と好き嫌いだけで動いているのだから。
だから俺は現象、全ては主観。だから俺は人嫌いニートしかできないのだろうなァ。

株をやるのなら、自分も信じるな。自分が一番頼りないのだから。
      

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月25日 (火)

底を打ったか、SBI

後場、ずるずる急速に下げ。投げが出たかな。Photo_8
SBは一足先に底打ち。SBIは今日が底とも思えるが。

反省:7/10に気分に乗って新規のつもりでSBIにナンピンしたんだよなあ。Sb

さて、今夜もニューヨーク頼み。ニューヨーク下げなければ、明日は15100挑戦で真価が問われるよ、市場参加者諸君。

| | コメント (1) | トラックバック (59)

キャノン弱し→反省

ほとんど寄り天で現在5370△80。もすこし上げると期待してたんだけど。Photo_7
で、チャートを見るとあの三連休前14日に買ってそのままホールドしたんだなあ、こいつ。三連休でもひょっとしてアメリカ上げで上がるかもしれないと例によって自分に都合のよい予想だったんだ。
そしたらやっぱりアメリカ下げで18日に急落、MA25も割ってしまって、以来、MA25下でもがいているというザマなんだ。MA25の上下では天国と地獄ということを拳拳服膺せよ。
ホンダはMA25を抜き返したけれどね。このあたりチャートをもう一度見直すこと。

反省1:リスクは極力背負わない。三連休前で整理できるポジションは切ること。
反省2:銘柄に惚れるな。キヤノンといえどフツーの株。

ところで、キヤノンは7/27中間決算。決算発表で上げるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (37)

テルモ好決算→急騰

窓を開けて上昇。痛くない注射針を開発した会社だ。3月末決算時も棒上げしている。Photo_6
株は買っても株に惚れるな。いつか下げたら冷静に買おう。
東芝は面白い株。今日はしたたかに上げている。とはいえ損益分岐点までまだ遠し。
それから日本電産は底打ち/反転と見ていいだろうか。継続状況注視。あ、買う金が無いか。

さて10時半/ストボ山口デスクの話を聞いたら図書館へ行こう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホンダ利食い利益4,067円

3750で注文出して様子見。そんなに強くはない、また、今夜NYで何があるかわからないリPhoto_5 スク、明日四半期決算/材料出尽くし下げもあり得ないことではないと判断→3720に修正して、さっき約定。いいんだ手堅くて。次の急落に備えてキャッシュを放すなよ、おまえ!

| | コメント (0) | トラックバック (21)

「対テロ戦争の支出、50兆円超」だってええ

ブログ村の哲学ランキングのお隣にあったユリタさんのブログで知りました。
恐ろしいことです。誰が儲けて笑っているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有事のドル安

今朝のモーサテで日興・馬渕さんの解説。
直近の有事→テポドンではドル安/レバノン侵攻ではドル高。Photo_16
テポドンでドル安になった理由は、中露が外貨準備をドルから他通貨に切り替えるぞ、と圧力をかけたことが原因とのこと。なるほどあり得る。中期的ドル安可能性も無視できないなあ。更には、中露+EU対アメリカという構図がもしも発生したら日本はどうするか、などとも思う。グローバル多極化で押し目買いしなくっち、頑張れニッポン(殆ど冗談)。

今朝の株コメントは野間口さんだったけれど、予想レンジ上限が15000は堅すぎるんではないかなあ。もっとも今が買い時と言い続けて来たんだろうから内心忸怩かもしれない。

さて寄付きまで一時間ちょい。今朝は霧雨なのでウォーキングは取り止め。昨日のカンブリア宮殿見つつ準備をせむか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーキング・プア→作るなコッチョビ

国営放送が日曜に放送したスペシアル「ワーキング・プア」を昨夜、見た。
ワーキング・プアとは、働いているのに収入が生活保護給付額より少ない人のことをいい、全国所帯の10%→400万は存在するそうだ。

ちょっとショックだったなあ。34歳でホームレス、コンビニの屑箱から漫画雑誌を拾って一冊50円で業者に売って飢えをしのぐ人、アルバイトでしか雇ってもらえずそれを4つこなして(GSでの洗車等)子育て/出来れば大学まで行かせたいが、と悩む50歳男性、角館で寝たっきり入院妻を介護しつつ(もしもの時のための葬式代預金百万円があるため)生活保護を受けられず受けないで頑張っている老境の洋服職人。ノンワーキング極楽トンボの俺は忸怩してしまう。
そして重要問題は子供。格差社会の是非は置くとしても、格差固定化は社会の活力を殺ぐ。親の因果が子に祟り、というのは否定できない現実であるとしても、経済格差→教育格差→階層の固定化は社会を腐らせてしまう。北朝鮮のコッチョビ(ストリート・チルドレン)を思い出してしまった。

米百俵の精神が今もあるのなら、格差とか平等とかは別に置いて、社会の腐敗を防止するべく教育立国技術立国を目指して欲しい。作るなコッチョビ、安倍ちゃん。

追記:番組の詳細をsendoさんが克明にレポートされています。

| | コメント (2) | トラックバック (25)

忘れ得ぬ1995年

PC立ち上げて、ブログ・アクセス解析を確認した後にナスダウを見る。 Photo_4
おっ、大幅高やんけえ。今日は得難い利食いチャンスという認識で相場に接しよう。

それはさておき、ちょっと昔話。1995年は社会的には阪神大震災、地下鉄サリン事件という二大事件の年だった。地下鉄サリンの時は沖縄で仕事上トラブル囚われ人一週間だったなあ。あのトラブルが無ければ日比谷あたりで事件に遭遇していたかもしれなかった。
ところで、この年は俺世間的にも二つのイベントがあった年だ。

一つは、俺の短歌元年。その数年前から新聞歌壇はわりと見ていたのだが、見よう見まねで実作・投稿にに手を出した年だ。朝日と日経の勝率比較予想して日経に投稿を始めたら、思いもかけず、岡井隆さんにすぐ採ってもらえた。Photo_15

仕事とはものつくることの喜びぞ流れ流されるな「秀才」の君

それから中毒症に拍車がかかった。通勤の行き帰りにも57577を指折り数え、当時所有していたザウルスなどに浮かんだ歌をログしたり、入門書・歌集・雑誌もよく読んだ。
しかしながら、

我が歌の泉は涸れて凡作を転がし遊ぶ夏の夕暮れ

状態におちいり、いつか歌を忘れたカナリアとなった。
そこに、この春から株を本格化したら「歌、蘇る」となり、遂には「株と思索と短歌のサイト」ブログを始める始末だ。いつまで続くかとも思うが、根性無けれど根気はあるぞ、だからずっと継続する可能性も高い。

もう一つはネットワーキング元年。1995年はパソコン通信を始めて土曜日の各駅停車なるハンドルで駄文を分泌まきちらし始めた年だ。当時、まだPCではなくソニーのワープロでダイアルアップ通信を使っていたのだった。
そして98年にはPC購入、ホームページ「ビジネスと思索と短歌のサイト」を開設、インターネットにパソコン通信分泌物を展開し始めた。なんだ今のブログと基本的に同じネーミングではないか。
ところが、この春に8年間使用継続したPCが遂にお釈迦となる。PC買い替えを機会にADSL接続したら(予想通り)ネット株にはまる、ストボにはまる、ブログにはまる、となって現在に至っている。

ああ、俺にはするべきことが他にもあるのに今日も未明からせっせせっせとカキコしているのである。そんなこんなで1995年は、生涯で忘れ得ぬネットワーク短歌元年であった。

| | コメント (0) | トラックバック (61)

2006年7月24日 (月)

プラ転引けならず

一時、プラ転したけれど結局、マイナス引け。Photo_3

プラ転で希望をつなぐニューヨーク日本の昼は夜つくられる

という歌までつくったのになあ。まあでも前場の下げ方を思えば、日本の自主性が出来てきたと評価するべきか。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

下げ幅縮小

日経51円安まで戻したなあ。ホンダも損益分岐点まであと30円か。Photo_2
先物売してると損切りしてるところだった。図書館でリクエストしていた先物本を午後は読書予定。今しばらくはストボを聞きながらボードを眺めていよう。

| | コメント (0) | トラックバック (48)

デイサービスと下げ相場

デイサービスに姑見送り株見れば下げ幅拡大顔は下向くPhoto_14

姑「行くところがあってよかったわ」
俺「そやろ。月火水木はふくろう、土は白楽荘やでえ、これで言うのは十度目や、わかったあああ?」
姑「わかった」

姑85歳。まさか同居するとは思いもせなんだ。要介護1、俺の先生である。

さて、俺はひたすら音楽を呆然聴き居る時を過ごしているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇野大介氏

今朝のモーサテ・コメンテータは弱気派チャンピオン宇野大介氏。
今日で二回目のテレビ出演だろうか。顔を覚えてしもうた。顔を見ただけで嫌になったとは言わないけれど。Photo_13

注意すべきはアメリカ経済の動向、と言っていたけれど、ホントのところ、アメリカは失速するのだろうか、失速するとして日本株にどの程度影響するのだろうか。
日米輸出入内容分析等、誰かきっちり分析してくれないだろうか。

性格的に俺は悲観的になれそうにない。これでは株をする資格がないなあ、とここだけは弱気になるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (22)

SB下げ止まらず

日経平均14667▼145。ハイテクはシャープを除いて低調。東エレクも村田製作所もアカンなあ。アメリカハイテクと日本ハイテク連動は根拠あるのだろうか。今日もなす術なし。Photo_1

問題はソフトバンク。下げ止まらず。これが上がらぬと話しにならぬなあ。
といって俺も買う気無し、カネも無し。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

うわっ!

今日は祭日じゃないんだ、勘違いしてたよぉ。相場があるやんかぁ。
まだモーサテも日経朝刊も見てないよぉと言いながらブログ投稿する阿呆。

ええんよ、どうせ何もすることない相場と含み損状況だもん。
北越製紙買って郵船損切りというシナリオがちらっとしたけど。

ところでフッターからトラックバックへのリンクが消失。なんでやろ?
未明からずっと悩んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (59)

人を愛しても信じはしない

mixi中毒症というのがあるんだそうな。
SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)「mixi」で頻繁に日記を書き、多くの「マイミク」と交流している人が、コミュニケーションに疲れ切ってmixiを突然辞めてしまう――「mixi疲れ」とでも呼ぶべきこんな“症状”が、一部のmixiユーザーに見られている

SNSで日記を書き続けることについて、相手にも自分にも過剰な重荷を背負わせてしまって結局は疲れてしまってポッキリ折れてしまう。
あるだろうなあ、そんなこと、と考えていたら突然、昔のことを思い出してしまった。

飲み屋で職場の先輩と飲んでいて何かの拍子で「人を愛しても信じはしない」と呟いたら食って掛かられた記憶。「**くーん、さみしいよ、そんなのぉ」

でも今でも俺は信じている。信じたら裏切られるというのもコワイけど、信じたら相手の負担になる。だから俺は、人を愛しても信じはしない。Photo_12

人嫌いニートは今に始まったことではないんだなあ、とわれながら改めて思う。
そして、ブログ中毒症もいつかは覚める。なぜなら俺はすぐに飽きるのだから。

なだらかにつづく坂なり飽かずしてのぼりて行かむアヂサヰの花

| | コメント (0)

86.2→85.6

標題は昨日のプール体重である。揉み合いを脱して健全下降トレンドに入っPhoto_11たかな。
80を切れば中性脂肪対策薬を止める約束を女医さんと交わしているのだが。

サンダルをペタペタさせてプールへとリュック背負えば山下清

| | コメント (0)

小泉政権の総括

エラソーに総括してみよう。
第一に(総理自身の口から改革のなんたるかを聞いた覚えはないのだが)改革とは官の縮小であり、官の縮小→財政再建が不可欠であることを国民的共通認識にしたことは小泉政権の功績だろう。
しかし第二に外交は躓いた。日米同盟が外交の基本と強調したことはよいとしても、違憲靖国参拝を個人の信仰の自由と言い張っていることを見逃してあげるとしても、あまりにもバランスが太平洋の向こう岸に傾いてしまった。も少しリスクヘッジするべきだ。
さはさりながら、このアンバランスの理由を考えてみるに、この国のビジョンが不明確ということに起因するのではなかろうか。つまり、米中対決の狭間で、あるいは米中結託→日本外しという状況下で日本が(憲法9条/日米安保も含めて)どう生きていくかについて国民的合意が不足していると思うのである。
アメリカは戦後日本再生の重要な導き手であり、今後も大切なパートナーであることは変わらない。しかし強いドルはいつまで続くか不安、イラクはやりすぎ、中東もあそこまでイスラエルの肩を持つべきではない、イラン空爆なんてするなよ、お膝元中南米資源ナショナリズム反米左翼政権をクーデタで転覆させる危惧など不安・懸念がいっぱいだし、ひょっとしたらアメリカ自身が世界の警察官をいつまで続けられるのか続ける気なのかも気がかりである。
一方、中国。政冷経熱はいいとしても資源がぶのみ、環境汚染、国境侵犯、反日教育、詰まるところは中国共産党一党独裁統治がいつまで続けられるか、こちらも不安だらけである。もっと不安なのは日中開戦などと息巻く日本国内阿呆国粋反中国連中であるが。
そして朝鮮半島。どうやって金政権を平和裏に解体するか、という六カ国共通の難問がある(北にとってもポスト正日は実は平和裏解体というテーマだろう)。

外交は、民でできることは民で、などと単純に割り切れる問題ではない。また事の性質上全てを公開して進行させることも不可能である。しかし、外交の背骨となるのは国家的ビジョンであり、これについては一定の国民的合意が必要である。言葉にすれば「日米同盟を基軸として東アジアの安定を図る」などにならざるを得ないかもしれないが、少なくとも、9条、日米安保をどう考えるかはポスト小泉選定の際の重要な論点と思うのだけど。あかんやろなあ、安倍ちゃんで決まりかあ。

そしてもっと重要なのは第三、国家か個人かという選択である。貧しい時代は国家が第一、お上が先導して経済的繁栄をもたらしてくれる、官を押し立てて民は一致協力日本株式会社でやっていこう、で済んだ。そして成功した。
しかし時代は変わった。日本はバブル崩壊という大きなオマケつきで成功した。ソ連倒壊で国家的対決相手もいなくなった。中国、インド、第三世界が世界経済のビッグプレーヤーになった。なによりも資本がグローバルで駆け回り、ひょっとしてウォール街はアメリカの国益よりも資本益を優先(世界を多極化することが資本益)するのではないかとも思われるグローバリズムの時代になった。国家の相対的地位は低下し世界中の無数の個人が主役を務める時代を迎えようとしているのである(ブログ花盛りはその前奏曲)。Photo_10
こうした趨勢を受けて明治維新以来の「この国のかたち」を変えるべき時が来ているのである。明治維新はようやく終わろうとしているのである。

だから、改革改革というコトバに踊らされてはならない。個人が主役→新しい国のかたちの形成→ポスト小泉という順序でものごとを考えるべきである。地方分権もこの文脈で語られるべきだろう。

国家なんか(実は)いらない、世界共和国へ。我々はその第一歩にいるのだと思う。

ストボで「あなたにとって小泉首相は○だった×だった?」という企画をやっています。そこ向けにこの文章のエッセンスを投稿してこちらへトラックバックさせようという魂胆であります。

| | コメント (3)

世界的微小カント入門

たとえば、ビッグバン以前の宇宙はどうなっていたのだろか、また、宇宙の果ては、宇宙の限りはあるだろうか。熊野純彦「カント 世界の限界を経験することは可能か」シリーズ・哲学のエッセンスNHK出版2002年は、このような世界の限界をめぐる問いに対するカントの答えについて教えてくれる入門書である(ちなみに俺は哲学入門書しか読まない読めない知ったかぶり)。Photo_9
そして、カントはこの問いに対して相反する二つの命題(アンティノミー)を用意してくれている→世界は時間的・空間的に有限/世界は時間的・空間的に無限。その上で、どちらの命題も正しくない、つまり、世界は有限でも無限でもないことを証明している。
なぜなら(俺流「単純」にときほぐすと)有限だとすると「始め」があることになり「それ以前」がどうなっているかという虚妄の問いが成立してしまうし、逆に、無限だとすると「いまここ」に到るまでに無限の時間・空間が存在することになり、ものごとには全て原因が存在するはずという素朴な信念(原因から結果に到るまでは有限)に反するからである。
カントは、このことを「物自体」(認識経験する我々から独立存在している客観)と「現象」(我々が認識経験する客観の現われ)の区別に起因している、換言すると、世界は物自体であり、物自体は経験を超えているから認識し得ない、我々が認識できるのは現象のみということに理由があるとしているのである。(ああああ世界的微小を目指したはずなのに冗長になってしまってるぅぅぅ→知ったかぶり俺の歯がゆさよ)

要するにビッグバン以前(物自体)を問うことは虚妄であり、逆に、ビッグバンが無限の昔とすることもできない(現象と物自体との間に無限が生じてしまう)、ということである。また、空間・時間という形式は物自体に属するのではなく、現象を認識する際に我々がア・プリオリ(先験的)に用いざるを得ない論理形式だから、時間・空間の向こう(無限)を問うことはナンセンスということである。カントのアンテイノミーについては入門書を読んでもだいたいこの程度の理解で停滞→時間の経過とともに忘却ということを繰り返している。

ところがユーレカ!風呂に入っていて思いついた。こんなん簡単やんかあ。物自体というから難しくなる。物自体は実像、俺が認識しているのはその摸像。時間・空間は摸像を俺が形成する際に不可避となる形式、もっとわかりやすく言うと、俺は時間・空間という色眼鏡を通してのみしか実像を見ることができず、色眼鏡を外した状態の実像は想像もできない即ち物自体、ということなのだ。

我々は世界について語っているのではない。実は世界のモデル(摸像)について語っているにすぎない。俺はおまえを理解し愛しているつもりだけれど実はおまえについて俺の脳内に形成されたモデルを理解し愛しているのだ。だから事実は立体的。見る角度によって違うモデルが形成されるのである。円柱は上から見れば円だけれども横から見れば四角形なのである。

世間・社会など全ての実在(物自体)について誰もがみんな違った答え(経験→モデル)を持っていて、そのモデルは全て等価値である。だから人を手段と考えてはならない。手段視すればその分実在のモデルが欠けて認識が不足する。すなわち、人は手段ではなく目的。ここに個の尊重の根源的理由がある。これがカントだ。世界的微小入門になっているかな?

| | コメント (2)

2006年7月23日 (日)

人生三枚舌悦楽教の奨め

俺はかねてから、人は三つの世界を生きている、と考えている。
第一に世間。我々が直接的に経験する世界であり、金銭と愛憎の場所である。人はここで労働し売買し生活の糧を得て、暮らしている。そこでは損得と好き嫌いが支配原理である。
第二に社会。メディアを通じて我々が間接的に経験する世界である。例えば、某新婚役者が深夜未明に飲酒運転摘発されて助手席の妻ではない女性が泣きじゃくるなどと間接経験するのである。そこでは道徳とか多数決的正義とかが幅を利かせるのである。Photo_8
ただし、社会の力が直接経験となって我々に押し寄せる場合もある。フツーの生活=世間していたのにある日突然、空爆・地上軍侵攻されたりして生活は一変してしまうのである。ああパレスチナに平和を!
第三に。明日死に行く私にとって実は世間も社会もどうでもいい。いまここで俺はブラームスの甘美な切なさに痺れている、何か文句があるか。俺が芋食っておまえのケツから屁が出るかザマアミロ。

かくして我々は三つの世界を生きている。だから世間のみに(例えば仕事)思い悩むな。明日は明日が思い煩うであろう。いま魂は神=生きる喜びを生きればいい。もっとくだけて言うと人は三つの顔と舌→世間向けと社会向けと魂を使い分ければいいのである。これを称して俺は人生三枚舌悦楽教としている。

     人生は損得と好き嫌いと生きる歓び。
     魂は前川清「逢わずに愛して」に打ち震えるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイリスト

俺の人生で一番お得な買い物は(なんといっても)いま使っているHDDビデオである。

テレ東のモーサテ、オープニングベル、WBSは全てビデオ収録してから早送り再生等して見るし、BSクラシックは全て録画→DVD保存、歌謡曲もビデオ再生で楽しんでいる。
そして、なんといっても最高の楽しみは大相撲。晩飯時に酒を飲みながらPhoto_6 (阿呆らしいけど)「安馬ああ、よくやった」と拍手しているのである。
ビデオテープではこんな大量録画はまず不可能、HDDのお陰である。

Photo_7 そして、最大のHDDの効用楽しみは音楽。今朝のようにぼうっと音楽を聴きたいときはバッハの作品のみを編集したプレイリストを漫然と聴く。この滲み出る永劫回帰悲哀をなんとしようぞ。ビデオさえあればなんにもいらない。

ついでに雑談。この我がビデオがDVDを認識してくれないトラブルが発生。どうしよう、量販店に持ち込んで最低二週間→ああ俺の生活成り立たぬと悲嘆にくれたけれど、奮起一番クチコミサイトを検索してどうやらコモントラブルと判明。この事実を背景にメーカーに問い合わせたら→対応がよかった、訪問無料修理してくれディスクユニット取替えとなった。
お陰でHDD要領は倍になった。シャープさん、有難う。

| | コメント (0) | トラックバック (57)

営業用トラックバック

なるほどこんな感じでコバンザメがくっついて来るんだ。トラックバックがどんな意味合いがあるのか具体的理解の手がかりになってくれたと感謝である。

さて、どうするか。コメントについては
むしろブログは電車の中吊りよりもっとひどい見せ合いと宣伝の世界である
見たくなくたって見せられてしまう(偶然見てしまう)ブログの方が多い
題名じゃ中身はわからないから、ついクリックしてしまう
見てもらいたくなくて書いているやつがどこにいるのか
そういう人はマイドキュメントの中でひっそりと息づいていて、ブログは書かない

本音を書け、そして批評せよ
という考え方も成立するが、トラックバックの場合はどうかなあ。公序良俗に反する世界に引きずり込みたい輩に場所を提供することはない、と考える。

そこで、事後成敗することにした。またトラックバックについては事前承認制にしよう。
天誅じゃああ、蛆虫どもぉぉ。

あ、この記事を引用元にトラックバックしなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (74)

2006年7月22日 (土)

ファド@ミージア

BSライブチヒ・ガラをも一度聴き直す。ファドがええなあ、これはポルトガルの演歌やんかあ、と感じつつ歌手の名前を今日はしっかりと把握した。

ミージア→「ミージアは、生まれはポルトガルのポルトだが、独裁政権の崩壊時に母Photo_5の郷里スペインへと旅立つ。以来スペインを中心として活動し、この地でファドを歌うようになる。」と勝手引用ゴメン(アマゾン@カスタマーレビューより)。
早速図書館にインターネット検索/リクエスト→あったあった「リスボン・センチメンタル」。これをPCに入れてユーミン等と混合配合カスタムCD作成し車で聴く快楽よ。

ネットにてCD手配PCで混合配合作る欲望聴く快楽

| | コメント (0) | トラックバック (1)

時を刻む

嫁が居ぬ束の間吾はテレビ聴きブログ読み書き時を刻めり

今日の午後は嫁が勤めに出て留守。これ幸いと俺はビデオで音楽楽しみながら世の中(ブログ)を眺める。Photo_4

人間は好きだけれども他人(ひと)嫌い碌な終焉無いぞなモシ

ショスタコービッチ@ピアノ協奏曲第一番第二楽章に痺れた。冷たいユーモア漂うニヒルな緩徐楽章がたまらぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (121)

フランク@準・メルクル

昨日のBSクラシック倶楽部はフランク交響曲@準・メルクルだった。
先週は、シューマンだったけど(俺には)いまいち渋すぎた。これに対してフランクPhoto_3は名演。

オルガンのごとき分厚き響きにてフランクの歌官能を聴く

フランクは敬虔なカトリック信者だったらしいが、フランク交響曲の分厚い響きに官能を感じてしまうのは邪道だろうか。

神は全てを肯定する。一切は神のうちにあり,また神は一切のもののうちにある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生=損得+好き嫌い+?

中耳炎が長引いていて耳鼻咽喉科にかれこれ一ヶ月以上は通っているなあ。今日は体重リストラを目指して片道20分×2徒歩してちょっぴり汗をかいて来た。
その往復でブログのネタを考える。そうだ、あれで行こう、と俺にとっての最大の哲学テーマである。以下、先日、ストボに投稿したものを流用。
国連の制裁決議案の雲行きが怪しくなってきました。英仏が妥協案を出して来て骨抜きになりそうですし、あるいは、中国の時間稼ぎに負けて単なる非難声明になる可能性が出てきました。
テレビでコメンテータが、政治家が先制攻撃論など出して外交を国内政治が潰したなどと論難していましたが、果たしてそれだけでしょうか。
小泉首相が外交交渉に対してどの程度、支配力があるのかわかりませんが、ひょっとして外交においても靖国問題と同様、「悪いのは北と中露韓」などと善悪の論理を持ち込んだりはしていないでしょうか。
外交はお互いの国益を争う損得ゲームです。損得ゲームに善悪、好き嫌いを持ち込むとロクなことはありません。ちょうど、株は売買しても惚れるなと言われるのと同じです。損得のメガネが好き嫌いで曇るからです。
外交は(ひょっとして国内政治も)徹底して冷静な損得計算の上で展開される国益ゲームです。

ところで二年前に他界した実母と、嫁、私の「魔のトライアングル」生活をしていた頃、Photo_1母に言ったことがあります。
「おかあはん、あんた、人生は損得と好き嫌いだけや、と思てるやろ」。このコトバが天唾となって未だに私の上に降りかかってきます。

人生=損得+好き嫌い+?
いったいこの?はなんやねん。誰か教えておくれ。
と、ここまで流用だが、皆様いかがでしょうか。
人生にはきっと意味またはエロスがある。俺はそれを美と呼びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (118)

靖国するなら憲法変えろ

今朝「みの朝ズバ」を見ていたら、先日の日経特ダネ「昭和天皇発言メモ」をめぐって、総裁選論点とすべきか、千鳥が淵参拝は構わぬのに靖国は何故ダメなんだなどと(俺に言わせれば)ピント外れの議論をやっていた。

A級戦犯合祀云々などとアホな議論はなしやでえ。「参拝するもしないも個人の自由」小泉発言に乗せられたらアカン。(前々から思っているのだが)総理が公用車で靖国に行き総Photo 理として記帳することが靖国神社を特別視し、政教分離→憲法違反なことは明らかなのに、なぜそれを議論しない。

靖国参拝問題は外交問題ではない。中韓がガタガタ言うから行かないとか、内政干渉だなどと議論する前に、公務員トップが公務員として宗教活動を行うことをとがめるべきである。参拝したかったら憲法を変えてからにしろ!

日本国は宰相が明白な憲法違反行為をしていてもそれを問題としない。安全・清潔・自由かつ公正という日本のセールスポイントが失われる、外人が株を買ってくれなくなるぞ。俺の財産を守るためにもオネガイだから憲法違反をしないでおくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1357)

いつかやるぞ日経225ミニ

燻製作りは温度が肝心が最近お気に入りで、毎日読ませて頂いている。それによると225先物ミニが人気で18日スタートは「ラージ先物の出来高が5万9829枚だったのに対し、ミニは1万4689枚」とのことである。

信用はお家のご法度。従って俺は現物一本槍だが、しかしながら、このところの急落に腹をすえかねて遂に先物口座を開いた。
証拠金をどのように入金すればよいのか、代用株でよいのか、等まだ理解していないけど、いつかやるぞ。売ったるねん。←怪我の無いように、逆指値を忘れない。

| | コメント (1) | トラックバック (15)

来週は電機決算

ナスダウはそれなりに下げている。東京は三連休だから月曜の夜を火曜に写Photoすということになるんだろうなあ。NY急落リスク15%というところか。

ストボ今日株明日株の岩本さんによると「信越化学は決算が出て上昇、昨日のシャープは好決算期待で先回りの買い。だから市場は着実に強くなっている」とのことである。そして来週のキーポイントは電機(特にJSR)の決算とする。外人も買って来つつあるようだけど、過剰な期待はせずに戻せば儲けモノと思おう。なにせ個人がダメ、俺と同様に含み損で動きが取れない人は結構いるのではないか。

ちなみに俺の含み損は 16.3%だ。改善しつつあったのに今回の多分二番底急落でまた増えてしもうた。口惜しくてこの数字は人には言えないと思いつつブログで公開する。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

87.2→86.8

2時半に目覚めてしもうた。嫁に叱られはしないかとビクビクしながら起きている。
夜は酒を飲む。飲んだら眠くなる。眠くなるから昨夜は10時過ぎにはもう床の中。そしたら2時半に目覚めてしまう。我(老人)が身体の摂理であろうか。

六時間眠れば覚める我が仕掛け検査入院夜明け待ちをり

ところで近頃若くして亡くなる方が気になる。橋本龍太郎68歳、岩城宏之73歳、宮田征典66歳。おいおい俺の寿命もあと10年かなどと思ったり、タバコを止められてよかったこれだけが早期退職の功徳だなあと考えたりする。

責任は65、目標は80、そして理想は100。百歳でのど自慢に出て鐘を鳴らすのが夢であるのだが。さて、神は我にいかなるいのちを与えしか。Mm20060713225211082m0_1

エロスより出でてエロスに環り来む意味を求めてめぐりし後に

標題は昨日のプールでの体重。去年12月から通い始めたのだが、このところ下げ止まり揉み合いである。確実に2キロは削減、もう一段の下げを期待しているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月21日 (金)

大引け

なにごともなくなにもせずまたなにもできず本日も終了。
これで三連休。来週決算発表で盛り上がりは→期待できないだろう。
ブログ更新と読書の日々は続く。

渇かざる心を抱きて生きたかりなにごともなくなにごともあり

キャッシュなし何をするにもネタがなししようがないからブログを作る

| | コメント (0) | トラックバック (143)

世界共和国へ

久しぶりに柄谷行人を読んだ。「世界共和国へ」2006年岩波新書

生産過程では資本はプロレタリアを強制できる。しかし、流通過程においては資本はプロレタリアを強制できない。働くことを強制できる権力はあるが、買うことを強制できる権力はないからだ。

などというのはさすが(でも大したことはないコロンブスの卵)。
さて、自由をキーワードに左翼は自らを再編できるか。
互酬/アソシエーション(組合)が答えというのではいかにも甘いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1335)

後場も変わらず

日経14819円、127円安。キヤノンもホンダも利食い水準に届かず。
東芝が力強いけれどまだまだ遠い。一昨日が二番底だったと思うけれど日暮れて…だなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日も動けず

稲城図書館に行って読書の日にしよう。

揉み合いが続く日なれば図書館に行きて読書の日とせむかまた

| | コメント (0) | トラックバック (5)

小安い寄り付き

0721 画像の挿入が出来ました。

ちゃんと見えるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (71)

今朝の気分

ナスダウ反落するも東京は外人買い越しとのこと。わからん相場や。

うまく上がればホンダ、キヤノン利食いしたい。キャッシュが一番、株はいつでも買える、いつか急落する、急落すれば買い出動。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

トップページ | 2006年8月 »