« 底を打ったか、SBI | トップページ | 藤川と清原の因縁の対決 »

2006年7月26日 (水)

株式心得

ナスダウは微動。CMEは15110.0+135だから、これに従えば日経平均はMA25近辺で揉み合い、今日は小動きといったところか。あんまり面白くなさそうだなあ。

さて今朝は(哲学ネタを思いつかないので)春以降の反省まとめ→株式心得とする。

 1.株は買わねば損しない
   買うから損する。買わないのが一番キャッシュが一番。
   しかし、そういう訳にも行かないので。
   買う。買えば利食いしたい。そこで
 2.買いはMA25より上が原則
   チャートもロクに見なかったもんね、最初は。
   失敗してチャート本を読んでこの原則にたどりついた。
   しかし原則には例外あり、また、MA25上で
   買っても急落で下に持っていかれることもある。そんなときには
 3.じっと我慢。損切りはしない。
   ここは(俺のように現物一本槍でも)議論のあるところ。
   損切りを進める考え方もあるが、俺のようなしぶちんは
   しない(したくない)。
   ただし、前提があって、優良銘柄のみを買うこと。
   優良銘柄ならば底割れはしないから安心。でも、
 4.業績がよくてもずるずる下がることもある。
   一例はSBI(優良銘柄かどうか一抹の疑問あるが)。
   ライブドア事件以来、下げっ放し。
   昨日の下げでPER9倍割れているんじゃないか。
   つまり
 5.株は現象、全ては相場(集団心理)。
   株は美人投票。
   美人だから上げるのではなく
   みんなが美人と思うのならば(自分は美人と思わなくても)
   株は上がる。逆に、自分が美人と思っても
   みんながブスと思うのならば、下がるのである。

そうなのだ、「俺は現象、全ては主観」。人間を実体と思うからマチガイが起きる。人Photo_18を愛しても信じてはいけないのに、信じてしまう。これがマチガイ。
人間は弱い、切ないのである。基本は損得と好き嫌いだけで動いているのだから。
だから俺は現象、全ては主観。だから俺は人嫌いニートしかできないのだろうなァ。

株をやるのなら、自分も信じるな。自分が一番頼りないのだから。
      

 

|

« 底を打ったか、SBI | トップページ | 藤川と清原の因縁の対決 »

「株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133272/2804871

この記事へのトラックバック一覧です: 株式心得:

» ニュースキンセミナーの中に見る集団心理 []
ねずみ講や悪徳マルチはセミナーをよく用いるが、この集団心理は、なるほど強力なのである。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 午後 04時13分

« 底を打ったか、SBI | トップページ | 藤川と清原の因縁の対決 »