« 8/3の相場想定 | トップページ | 前場/先板凝視の2時間 »

2006年8月 3日 (木)

北尾CEOの真価がわかる

昨日に続けてなぶら投資帖を拝読する。北尾さんから孫さんへのビッグプレゼントの損益計算は、以下のようになるそうだ。

すなわち、SBI一株当たり純資産は23,681.59円のところ、SBは時間外取引で45,000円 で売ったのだから、差し引き21,318.41円の儲け/株式全体では223億円の資産移転となる(これに加えてSBIがSBの持分法適用会社/時価評価で合計500億円プレゼントとなるのは昨日書いた)。逆に、SBI株主は1株当たり喪失額 2,009.90円(SBIの自社株分を除いた結果)となる。
しかしまあ、以上は、時間外特定株主からの自社株買いの局面に限定したハナシであって、SBIが中長期でこの自社株買いをどう生かすか、その結果株主にどれだけの利益を還元するかとの言い訳も成り立たない訳ではない。例えば、移転された資産を活用してSBが携帯事業を成功させ、それにSBIが何らかの形で関与して利益を得る等。Photo_42


自社株買いは嫌いだ、と公言していた北尾CEOがどう説明責任を果たすかが見ものである。ちなみに俺はSBI、SB双方のホールダーだけれど(金額にするとSBIの方が多い)。

|

« 8/3の相場想定 | トップページ | 前場/先板凝視の2時間 »

「株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133272/2912923

この記事へのトラックバック一覧です: 北尾CEOの真価がわかる:

« 8/3の相場想定 | トップページ | 前場/先板凝視の2時間 »