« 自由について | トップページ | 小泉首相の罪と罰 »

2006年8月20日 (日)

カミと神について

日本のカミは神棚に祀るカミ。祀り上げておけばいい、敬えばいいという神である。Photo_97
これに対して一神教(ユダヤ・キリスト・ムハンマド)の神は造物主、すなわち世界の第一原因である。

とすれば、カミと神を同列に考えていいのだろうか。
小泉総理ほか殆どの日本人がこの点、同列に考えているような気がするナア。
これに対して、一神教を信じる人からすれば、A級戦犯合祀云々は笑止千万。三位一体論でのキリストを別格にして、神は人間ではあり得ないのだから合祀自体が理解不可能でしょう、多分。
では、この点、中国人韓国人朝鮮人はどう考えているのだろうか。
韓国ではカトリックが多数派みたいだから信仰問題として考えれば一神教信者と同じでしょうが、信仰問題ではなく歴史問題としてヒートしているだろうから、合祀分祀は無視してギロンしているでしょう。
北朝鮮は論外として現代中国で神をどう考えているかは興味あり。「信仰問題としての靖国参拝と中国」などというキーワードでネット検索したらオモロイかもしれぬ。

さてでは、なぜ、日本では神がカミなのか。
「つくる」「うむ」を基調とする砂漠の宗教と、「なる」を基調とする高温多湿緑滴る風土の宗教との対比という視点で考えるとオモロイと思う。カミなんて勝手にそのへんでうようよカミに「なる」のよね。丸山真男の古層論である。リンクフリーか否か自信はないけどエエイ張ってしまえ松岡正剛の千夜一夜

|

« 自由について | トップページ | 小泉首相の罪と罰 »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133272/3128001

この記事へのトラックバック一覧です: カミと神について:

» 中国と日本、贈物と返礼の違い [中国からみた中国と日本の違い]
 日本人、中国人共に贈物をする習慣がある。贈物は、ある時は初対面の時の贈物であったり、ある時は、人にお願いをするためであったりする。人にお願いをする時の贈り物は中国では酒と煙草を贈るのが最も良いとされていますが、日本人は酒は贈るが、煙草は贈りません。煙草...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 午後 02時38分

» 家を建てたら神棚を奉ろう♪ [ローコスト住宅@情報バンク]
こんにちは!ローコスト住宅@情報バンクのナナです。^^やっと、我が家・ローコスト住宅に神棚がやってきました!!家を建てたときには、神棚とか、そんなことあまり考えていなかったので神棚を家には置いていなかったのですが、、去年夫婦揃って病気で入院しまして、やはり神様を家に奉っていないのが原因。。。?なんて考えるようになりました。それで、ダンナに神棚を付けるように相談して、やっとつけることができました。神棚の付ける場所にも吉凶があるみたいですね♪風水とか色々調べてみると、神棚を設置す...... [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 午後 08時54分

« 自由について | トップページ | 小泉首相の罪と罰 »