« ボク、この人好きです | トップページ | とりあえず強気 »

2006年8月 4日 (金)

朝Walk短歌二首

暑いけれども今日はプールの日だけれども84キロ台目指してWalking。

 株式の板眺むるはパチンコをしてる気分になるのは何故かPhoto_50

遠き昔日、ウメシン(梅田新道)の名曲喫茶「日響」で長時間粘り、パチンコをする日々ありき。今はパソコンでバッハを聴いて先物の板(売買注文及び約定状況ボード)を眺めるなり。なんや、なあんにも変わってないやんか。

では、うえの歌に対する返歌(のつもり)。

 長引ける梅雨が明ければ盛夏来てあなたまかせの四季は過ぎ行く

これには本歌あり。

 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋

日経歌壇一等賞(唯一)。岡井隆さんが「二重否定が清々しい」と評してくれたのを今でも覚えている。我が勲章なりき。

|

« ボク、この人好きです | トップページ | とりあえず強気 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133272/2925366

この記事へのトラックバック一覧です: 朝Walk短歌二首:

« ボク、この人好きです | トップページ | とりあえず強気 »