« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

今岡復活

やったね。Photo_223
不撓不屈のナンピン魂タイガースの奇跡を祈る。

奇跡ならねば「浪花のことは夢のまた夢」でおます。写真は日刊スポーツから勝手拝借感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉さん、竹中さんの今後

「他人は嫌い、人間大好き」をキャッチにしている俺だから、他人の今後なんてどうでもいPhoto_222 いのだけれど、国会議員を辞めた理由が「自由に活動したい」ということなら、ちょっと気になる竹中さん。
そしてシンクタンクを作るってホント?小泉さん。

興味ある方は議員辞職でも影響力は保持、安倍政権にも食い込む「竹中」をクリックしてみて下さい。

※写真は竹中平蔵 公式ウェブサイト(おお、そんなものがあるのだ)から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

さて、ドル帝国相場は

ダウ▼32.74と下落。一気に終値史上最高値更新までの元気はなかったようだ。Photo_221
CMEはそれでもエラソーに16130という高値を指示しているが、月曜の東京は付いて行けぬだろう。
15946売りポジションを持っていればいつかは返済リカクできる、大丈夫と高を括ろう。
この不撓不屈のナンピン魂、いつかは破綻・身の破滅と怯えつつ。

※画像はSANKEI-EVENT-PAGEから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

ドル帝国軟着陸切実願望

人民元・ドル・円の続き。そもそも人民元の成り立ち(日中戦争当時の国民党紙幣、共産党紙幣、日本軍軍票の戦い)から書いてあるのが面白いが、この本の眼目は二つ。Photo_219 Photo_220

第5章 中国株式会社幻想
第6章 ドル帝国の深層にあるもの

前者については、、「資産注入」方式は、国有企業を持ち株会社と子会社に切り分け、赤字部門や非成長部門だけを切り離し、資産を過大に評価し、子会社間で債務と資産を交換し、収益性の高い資産を集中することです。
これによって不採算の国有企業が優良企業に変身し、国際会計基準や海外投資家向けのディスクロージャー制度の導入によって、国際的な上場企業になっていきます。
という言わば飛ばしであることがコワイ。中国株を買う気がしなくなる。

そして、後者については、消費大国アメリカが金融・軍・政複合体によって牛耳られ世界中から資金を集め世界中に投資する構図(ドル高によって支えられるドル帝国)がいつまでもつかが、属国日本及びそれに寄生する先物投機人(俺のことや)にとっては気になる。

中国もアメリカもそれぞれ不安要素(リスク)を抱えつつ相互依存しているのが現状である。そしていつまでもあると思うな、親とドル。
とすれば、日中呉越同舟共存(ドル帝国軟着陸に向けて)→イラクアフガン戦争の早期終結→ドル帝国軟着陸→日本経済継続的繁栄→株価上昇・俺の含み損解消というシナリオは一面的願望にすぎるであろうか。

※人民元紙幣画像は中国の人民元 紙幣(100元)を拡大。旅のとも、ZenTech。から勝手借用/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2006年9月29日 (金)

イラク戦争の原因判明

人民元・ドル・円を読んでいたら、アメリカがイラク戦争を仕掛けた原因はイラクが原油収入をユーロ建てに変えようとしたからだとあった。
あれ、これ俺が「未確認情報を出所を明らかにせず記載しているのは大人気ないと思う」と書いたことやんか、と真偽を確認すべくネット検索したら、著者によるネット記事に遭遇。ここで著者はあるエコノミストからこうした見方を教えられ事実関係を調べたと明記している。日経編集委員でもある著者だから、事実であることが確定したとしてよいだろう。

すなわち、アメリカは「ドルの帝国循環」を崩そうとしたフセインを懲罰するべく、イラクを侵略したのである。

ちなみに、著者による日中「政経分離」とウォール街には米財務省証券の主要国別保有状況グラフがあり、日中金融連合の可能性と阻止したいアメリカについても触れられている。やっぱり、俺の見方(ドル依存体質からの脱却は日中共通の課題)は正しかったと我田引水するものなり。また、イラク3兆ドル戦争も参考になる。

安倍「イノベーション25」なる薄っぺらなキャッチに惑わされてはならない。ドル暴落との共倒れはご免だ。日中米、及び世界人民のための日本国政府を作りたいなア。

| | コメント (2) | トラックバック (21)

後場:最後のナンピン

引け間際に追加2枚16100売り。Photo_140
来週、勝負になってもた。今夜のNY、月曜の日銀短観。
平均単価15946×8枚。

※大引けの株式祇園精舎→三末相場・・・主役はSB

| | コメント (0) | トラックバック (1)

前場:動きなし、ああクリムト

Photo_218 来週以降、15800台に下がることがあるかどうかばかりを考えている。Photo_139
そして、もう1枚だけナンピンをぐっとこらえて後場も板眺めとなるらむ。

※画像はグスタフ・クリムト/幻想美術館から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、ストボが投稿すっとぼ

以下を「安倍内閣のほんとうの課題」と題してストボに投稿したけれど、Photo_217
今日は所信表明演説です。口下手実直な総理の誠実な所信表明を期待します。
ここまでしか読んでくれへんかった。意図的だと邪推するようなセコイ俺ではない。
ところで、5月のドル暴落不安→世界同時株安の悪夢を思い起こすと、日本の課題はドル依存体制からの脱却にあるように思います。これは中国、アジア諸国にとっても共通の課題であり、ここに日中呉越同舟共存の芽があります。また、アジア経済共同体を創出すれば、ドルの荷も軽くなりドル不安の解消にもつながり、ブッシュさんも喜ぶでしょう。

これに向けての安倍総理の断固たる指導力に期待します。来年の参院選勝利なんて小さい小さい。大東亜共栄圏を創った日本国総理として是非とも歴史に名を残して下さい。

ところで先物売りポジで難儀中。ここ数日の急騰は期末ドレッシングだから今日は買うな。来週になれば押し目があるぞ(とポジショントーク)。

| | コメント (0) | トラックバック (36)

今日の戦闘旗:16150で売り

今日のモーサテ予想(野間口さん)は手堅く15900~16100。日経一面トップが「株式買い越し鮮明に」と煽っているのに対し比較的冷静だ。Photo_216
どうも思うにここ数日の急騰は、期末対策ではないか。3月月中平均株価と9月のそれとを比較してパフォーマンスを見るという記事をネットのどこかで見たように思う。だから、機関投資家にとって期末株価を上げる必要がある。

従って、個人投資家の皆様よ、今日高値を買う必要はない。来月になれば押し目がある。今日は日経平均を上げるな(とポジショントークであった)。

もうこうなったら西洋観音のご加護を。尼僧物語のオードリー様、あと1枚だけナンピンを許せ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

慶賀!米ダウ史上最高値→CME16110

これで16200まで一気に突き抜けるとさすがの俺もギブ・アップ。身の破滅までは行かないPhoto_215 けれど相当のダメージではある。救いは出来高が少ないことだが、東京にどこまでのエネルギーがあるか。属国相場が問われている。

※写真はNET EYE プロの視点から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

安立スハル

今日は安倍総理の所信表明演説。前総理は「米百俵」で話題となったが、では「米百俵」Photo_214 を具体化した政策が遂行されたかは疑問である。そこで、新総理には美しき国日本を具体化する所信表明を是非とも期待したいのだが、「思います」を連発する自信なさそうな弁舌でもあるようなので、ここは俺がエラソーに演説骨子を代筆してあげよう。

1.内需拡大→デフレ後戻り阻止
デフレ脱却は企業努力と円安によってもたらされたものにすぎない(構造改革の成果なんて大嘘)。だから内需を拡大してデフレ脱却をより確実なものにする必要あり。もっとも政府にできることは増税などで民間経済の邪魔しないこと。また、偽装請負摘発など大企業にコンプライアンスを徹底させるのも政府の役割である。
2.改革推進、特に公的部門改革
総理、閣僚の給与減らしをいの一番に実行したようだが、改革は人減らし・給料減らしではないから勘違いしないこと(公務員の給料を急激に減らすと内需萎縮する)。リエンジニアリングという手法もあるので勉強しよう。
3.ドル依存体制からの脱却
これが実は一番大事。いつまでアメリカがクシャミして日本が風邪を引く状況を続けるのか。ドル暴落で日本も(俺も)共倒れなんて御免蒙りたい。中国及びアジア諸国も同じ課題を抱えているので、これがアジア外交のキーワードであり、アジア経済共同体への道であり、日本国の安全保障必須手段となる。
4.知財立国の具体化
愛国心教育も大事だろうけれど、愛国心は信任に足る政府があって初めて涵養の基盤ができる。そして信任に足る政府を作るためには個々の国民がグローバルな視野を持ち、賢いことが前提となる。賢い政府と強い経済は賢明な人民によってのみ創られるのである。教育基本法改正案を今国会に提出するそうだが、個人→国家(国家は個人の権利保障のための単なる手段)という発想とは逆だろうなあ。

さて、今日は安立スハル。検索して、このブログを読んで頂いているsohyaさんの短歌の師だったことを知った。

 金にては幸福は齎されぬといふならばその金をここに差し出し給へ

2句「幸福は齎されぬと」字余りだがこれは必然的な字余り。そして下の句「その金をここに差し出し給へ」とずばりと命令形で言い切る。
武士は食わねど高楊枝なんてのは観念論。まず先立つものは金。金満ち足りて(満足基準はその人の賢さ次第)次に幸福が問題となるのである。
つまり、人生は愛と勇気とサムマネー(原語ではちょっと違うニュアンスみたい。愛ではなくてimaginationだけれど、お金が大切なのは変わらない)。

美しき国日本は経済安全保障を達成してこそ造れるのだよ、御曹司安倍ちゃん、その金をここに差し出し給へ。

眠られぬ夜のために 神は無しとわれは言わねどにスハルの別の歌の胸を打たれる素敵な解読がある。拝読必須。

※写真は北斎「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」 - 写真 - MSN エンカルタ 百科事典 ダイジェストから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2006年9月28日 (木)

後場:すっかりいじけてしまい

溜まっているビデオ音楽を聴きながら板を眺めていた。ノートレード。Photo_138
売りで頑張るのは買いとはちょっと異なる気分で、力が若干入らぬ。
とはいえ、今夜のNY下げ期待。米4-6月GDP確定値(21:30/前期比年率2.9%)とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大企業病→ソニーの場合

新聞書評で読んで図書館にネット予約して読んだ本「ソニーインサイドストーリー」。そこから、ソニーの大企業病を的確に表現していると思われるセンテンスを引用する。Photo_137

外から見れば、どうしても二度手間に映るDVDレコーダー開発だが、このようなカニバリズム(共食い)は当時、何も珍しいことではなかった。率直に言えば、ソニーのエレクトロス部門は戦略なき開発に蝕まれていたのである。ソニースピリットの特徴のひとつに「自由闊達」を挙げる人は少なくないが、それを「自分勝手」や「勝手気まま」と勘違いし、ソニー全体の利益を考える人が少なくなっていたのもまた事実であった。

会社の利益はそこそこに給料がそれなりに貰えればよい。何よりも一生食いっぱぐれがない会社に就職したい。俺もそう考えて就職した。
ところでこの本、出井サイド取材が基本。久夛良木SCE社長には取材できなかったそうである。

さて、2011年地上波デジタル全面移行に向けて、ホームサーバー(無線でテレビ、ビデオ、オーディオを制御管理)の主流を担うのはどこだろうか。しぶちん俺はそこまでテレビを買い換えない所存である(ちなみに十年ぐらい前のトリニトロンである)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前場:踏み上げられてるにも拘わらずナンピン2枚

どうにかならぬかこの悪い性格。執念というべきか阿呆というか。 Photo_136
結局、6枚×15,895円で後場へ。後場返済不可ならば外泊へ。

| | コメント (0) | トラックバック (21)

オンナが好きなもの

芋たこなんきん。10/2からスタート。Photo_213
ビデオ予約レパートリーがまた増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

今日の戦闘旗:お願い、15800に下げて

なんと我がままエゴお願いなのだ。Photo_212
成敗してやる、と仁義なき戦い

| | コメント (0) | トラックバック (1)

音楽は脳内洗浄装置

 相場終へシューベルト聴く吾、音楽は脳内洗浄魂洗ふPhoto_211

BGMはBS2クラシック・プロムナード。ライン川を背景にロザムンデ、即興曲。

※写真はドイツ ロマンチック街道に魅せられて|阪急旅行サイト|世界探訪 海外旅行より勝手拝借/感謝です。阪急旅行は初めての海外旅行でお世話になった格安ツーリストだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐえっCME15990

ナスダウ小幅上昇でCMEも上げ。Photo_210
昨日の東京急騰は期末ドレッシング又は安倍ちゃんご祝儀で実質が伴わないものだったら、NYが上げても今日は化けの皮が剥げる。よもやこのまま16000へなどと踏み上げられることはないだろうと(ちょっぴりマゾの快感)高を括っているのだが。

※画像はinscapeマティス、クリムトとから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

上田三四二

四苦八苦の四苦はたしか、生老病死。八苦はなんだっけと検索したらすぐ語源がわかるこの手軽さ。そうか、愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦のことか。人生の全てはまさに苦しみであると仏教は言う。
一方、般若心経は色即是空空即是色と現実(色)は空であり、かつ、空は色なりと主張する。苦しみは現実、現実は空、従って苦しみは空。しかし空は色すなわち現実であることも忘れるなよと言うのである。
いったい、仏教は何が言いたいんや、この蒟蒻問答め。

さて、今日は上田三四二。兵庫県小野の人(俺はその下流の加古川の生まれ育ち)。短歌は日本語の底荷と三四二は言ったそうだ。

 かがまりて臀をふく恥ふかく魂ひくき生きものわれは

初句2句「かがまりて臀(いさらひ)をふく」で切れて、「恥ふかく魂ひくき」と対句で3句4句を構成し、「生きものわれは」と倒置形で結句を置いている。

「恥ふかく魂ひくき」と形容されると、そこまで自己を侮蔑しなくともと思う。
しかし、いま少しこの歌を噛み締めるとこの歌は自己侮蔑ではないと思えるようになる。Photo_209 「臀をふく」「かがまり」た姿勢から人は立ち上がる。立ち上がって、愛し別離し怨み憎んでまた会い何かを求めて得られない。まことに人生は、五陰盛苦(存在を構成する物質的・精神的五つの要素に執着)そのものである。「恥ふかく魂ひく」くあろうとも、何事かに執着し何かを求めるのが人生である。だから「生きものわれは」生きているのである。

生きていること自体が苦しみ。人はそんな生を引き受けて(実存)「恥ふかく魂ひく」くあろうとも生きなければならぬ。執着もよし怨憎もよし愛もよし。とにかく生きねばならぬ。それだけで十分ではないか、とこの歌は排泄の姿勢で教えてくれるように思う。

私は生きもの。「光をひきて谷にゆく」「かずかぎりなき」生きもののひとつ。大河の一滴とはちょっとクサイけれども、否定できない事実である。あ、昨日、立てた先物のポジション、今日は決済できるかなと我は執着し居り。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

後場:降参

ここまで上げるとはねえ。今日のところは降参。Photo_135
しかし、上げるときはいつも不自然じゃよ。停電、月末ドレッシング、そして今日。
今夜のNY冷却を期待してラージ4枚単価15848で外泊となりにけるかも。

※大引けの株式祇園精舎→引けピン・・・買い戻し?ご祝儀相場?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

前場:売り参戦→苦戦なれども泰然自若

寄りの上げ後もたもたしているので15770で売り参戦。途端に買い方仕掛けがあってPhoto_13415780で約定。更に上げられたので15830でナンピン売り。結局15805でラージ2枚売り建てとなった。今日返済できなくてもいつか下げがあると我、泰然自若なり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の戦闘旗:売り15850、買い15600

上げたいエネルギーが一部に充満していると思うから、売りはちょっと弱気に15850。Photo_208
買いは素直に15600。

そして戦闘旗はアラビアのロレンス。バスラ侵攻なるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは中川内閣ではないのか

モーサテ(おお、今日はウノッチやんかア)を見ながら、「中川 愛人」でヤフーブログ検索Photo_207 する。なぜ小泉さんは安倍さんを?に遭遇。小泉院政説だけどもどうだかなア、いや、彼は権力欲が強そうだからあり得るか。
いずれにせよ、安倍ちゃんの指導力は弱い。見映えのいい安倍ちゃんを前面に立てた実質、中川内閣ではないのか。そんな観点からものごとを見ていくことにしよう。

ところでウノッチ(今日の予想レンジは15500~15800)。今日の弱気の論拠は金利先物。利上げを織り込んでいないから経済の先行きは弱いという論拠である。ころころ論拠が変わる人ではある。

※画像は2000年総選挙・選挙ポスター集から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組閣結果→失望売り?

論功行賞、順送り人事やったねえ。改革継続の断固たる意志を見せよ、安倍ちゃん。Photo_206
それに与謝野さんが入っていないのも失望売り。
まあ、あんまり株価には影響しないだろうけど。でも、就任演説がぱっとしなければわからんぞ。

ちなみに、前法相の死刑執行拒否貫徹の経緯が興味深い。

※官房長官にはちょっぴり期待。イケメンだから参院選大敗したら次期総裁か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY爆上げCME15715

今朝は(珍しく)寝過した。昨夜ちょっとした諍い(俺は第三者として傍観)があったのでPhoto_205
それはともかく、ダウ△93.58、NASDAQ△12.27、CME15715。
オーバーナイトしとけばよかった、などは下衆の欲望。潔いデイトレは宵越しのリスクもリターンも持たないのが投機道である。
そしてまた、NYに付いていけないのがこのところの東京。でもこれだけNYに上げられるとちょっとは強気に出てもいいかもしれないなあ。今日の参戦ポイントはブログ逍遥、モーサテ視聴などしてから考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

後場:買い→辛勝

15595で買い参戦したけれど、買い方の仕掛けなくナンピン2回。Photo_133
大引けきりぎりで辛勝せり。

今夜のNYによっては明日も下げる可能性大。

※大引けの株式祇園精舎→配当落ちを埋められず・・・出来高・売買代金は今年最低

| | コメント (0) | トラックバック (2)

前場:動きなし→手が出せず

SBが90円高。これだけで日経平均を10円上げるそうだ。 Photo_132
だから、NY上げても、権利落ち埋めきれず上げない東京はやっぱりちょい弱い。
だから、後場売り方が仕掛けてくる。売り方が落としてくれたら買う所存。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

今朝の戦闘旗→救世観音/15750売り、15600買い

NYの上げは原油安(一時60ドル割れ)と企業好材料のようだ。Photo_204
では、東京が追随して上げるかというと俄かに肯定し辛い。原油安はアラブの王様及びヘッジファンドのカネを萎縮させているようにも思うしなあ。
今朝のよそうはうそよモーサテでも15500~15800として(前場上げ、後場下げか)上値は重そうである。
ということは、前場上げで15750以上を付ければ売り参戦、下げて15600以下で買い参戦と一応しておこう。

ところで、SBの携帯事業証券化(日経一面左四段抜き)は好材料と思うがなあ。カブコム夜間取引では15円高にすぎなかった。

さて、今日の戦闘旗は救世観音。御仏よ、民を救いたまえ。思想家の墓・岡倉天心より勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CME現在値15695→送電線切断急騰を思い出す

盆休みの初日のあの日。送電線切断停電のどさくさで15550で始めて15873で終わったんPhoto_130 だなあ。不可思議な急騰だった。それまでの揉み合いを一気に抜けた日だった。

さて、15695CMEは上昇トレンド下での下降サイクル脱出のきっかけになるだろうか。
とりあえず今日は売りから入るのは自粛。様子を見よう。
買い参戦→15600、売り参戦→15750?と今のところはしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

塚本邦雄

実は(何を隠そう)功名が辻を毎週欠かさず見ている。今週は関白切腹。関白秀次の自死と、千代・一豊夫妻と(捨て子)拾との別れを対照的に描いている。山内家の行く末に関わる辛い決断の時→拾に一豊が出家を命じる場面で恥ずかしながらちょっぴり落涙してしまった。これまでの中で一番出来がいい回だった。
ところで、札束番組=国営放送大河ドラマを毎年見ている訳ではない。武蔵は今の海老蔵の目を剥く演技が面白くて見ていたけど途中で飽きてしまった。新撰組は権力側テロリストの話というだけで最初から敬遠。Photo_203
これまでの大河ドラマで出色はなんといっても花神。村田蔵六 という人物像に興味があり(晩酌はいつも湯豆腐)それを演ずる中村梅之助の飄々たる演技が印象に残っている。
ということで、俺なりに番組内容(原作、配役、演技)を評価しているのではある。

さて今日は前衛短歌の巨星塚本邦雄塚本の作品には「われ」が出てこない。この「私」の排除は私をして短歌に対する意識を一変させた。とするブログ(革命家ではなくて革命歌ですよ。差し出がましくてごめんなさい)もある。なるほど俺の、短歌は徹底的に私歌であるべきという主張(というほどのものではないけれど)を考え直す必要もあるやもしれぬ。

 馬を洗はば馬のたましひ冱ゆるまで人戀はば人あやむるこころ

字余り初句で起こして、馬と人の対比を軸に下の句「人戀はば人」「あやむるこころ」に落とし込んでいる。馬に魂あるのならば冱えるまで洗ってやれ、人に恋するのなら殺めるまで恋せよと歌う(詠う?)のである。解りそうで判らないけれど確かに、殺めるという烈しさゆえに、脳裏から離れない歌である。

いったい、作品において、分かりやすさ(通俗性と言い換えていいだろう)はどのような意味を持つのだろうか。例えば、司馬遼太郎の小説は(極く割り切れば)通俗的の部類に属する。しかし通俗的だからといって国民文学としての司馬作品の値打ちが落ちる訳ではないと俺は考える。だから(議論はあるだろうが)通俗性は作品の水位を決定する要素ではない。
他方、塚本邦雄短歌は分かりにくい。分かりにくいけれど人の魂に突き刺さる。そのような作品に仕立て上げるところに読者は作者の見識と技量を感じ取る。だから分かりやすさは人気を博するための必須要素ではない。

結局、問題は言語の持つ二面性(同化と異化)に帰結するように思う。言語は、人々が解り合うための手段(同化)であり同時に、人々の論理空間を変容させる契機(異化)でもあるからである。人は作品に同化したく思い、他方、異化→存在論的経験を得たいとも欲望するからである。

かくして、短歌は私歌(同化)であり滅私歌(異化)でもある。こころは、情であり心でもあるからである。

    秋高しふたりごころのボクがいる

※写真は活写劇場 - 靖国神社の大村益次郎像から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2006年9月25日 (月)

後場:ラッキー三連勝

ヒヤヒヤ売り建てヘッジも兼ねて15520でミニ5枚買い建て。Photo_129
その後の下げでラッキー返済後、急騰。15680で返済売り(尻尾は他人にくれてやる)。
急騰後の高値15640で売り建て→手堅く15610で返済買い。
もういっちょう勝負と板を眺めていたけれどボックス圏で手が出ず。

今日は意外と底堅い感触があり。今夜の米中古住宅統計に注意。

※大引けの株式祇園精舎→小幅続落・・・後場寄りに一体!?←JPモルガン誤発注と翌日日経は伝えた。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

前場:売り→ヒヤヒヤ

15520売りラージ1枚約定した後、上げられてヒヤヒヤ中。Photo_128
損切りとか「ナンピン売り」とかが脳内でちらちら。
しかし、後場下げありと予感(ホンマかいな)。
売りの練習ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (25)

今日の戦闘旗→現身観音

金曜の引けギリギリ返済は観音様のご加護。Photo_202
だからして今日の守護神は現身観音すなわち高島礼子(何度もお呼び立てしてゴメン。ボク、ビョーキになりそう)。

ところで、今日の注目は販売前PS3値下げしたソニー。週刊ダイアモンドは偶々か「ソニー激震」特集。かなり下げれば買うけどなア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現物は下げ覚悟の塩漬け継続、先物不敗実績で挽回の今週

さて、株。
月曜日の今日は大幅下げと見込むのが妥当。従って先物は、強気売り(15500参Photo_201戦?)と着実買い(15200?)の両方で勝負所存。売りはラージに初挑戦か。
明日以降もアメリカ経済統計(住宅等)で振られるなあ。15000割れで個人の投げを誘うのが仕掛け筋(ヘッジファンド更には国内証券会社自己売買部門?)戦術だろう。
俺は先物不敗ナンピン魂と現物安値拾い(トヨタ、キヤノン、ホンダ又はヤフー)で対抗する。負けるな、個人。スティーブ・マックイーンだもんね俺は。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

河野愛子

外泊で貯まったビデオの鑑賞がまだ追いつかない。
眼は口ほどにものを言う指揮者ムラヴィンスキーのドキュメント、炎のコバケン(小林研一郎)指揮する幻想交響曲、お、前川清が「黄昏のビギン」唄ったやんかあ→これで俺のこの歌のライブラリーは美樹克彦・ちあきなおみ・新沼謙治・八代亜紀に前川清が加わったPhoto_200 なあ。そして淫水ではなかった陽水コンサート。寄る年波に抵抗して声を張り上げて叫ぶ卑猥なる朔太郎詩人陽水。
こんな風に消費的人生でいいんだろうかとちょっぴり不安に思うけれど、いつ再生するか不明の永久保存DVDがまた増えて行く。
いや、消費的人生でいいんだ、どうせおいらの行く先は脳梗塞ないし認知症の日々それでも俺には音楽がある。音楽消費人生末路かな。

さて、今日は河野愛子。「未来」の設立時からの同人。「鋭いメタフィジカルな作風」と現代の短歌に紹介されている。

 一夜きみの髪もて砂の上を引摺りゆくわれはやぶれたる水仙として

初句「一夜きみの」字余りで始めて、2句「髪もて砂の」、3句字余り「上を引摺りゆく」まで、句跨り・句割れがちょうど音楽で言えば弱起のような効果を上げてまさに引き摺られるようなリズム(声調)を形成する。これを下の句「われはやぶれたる水仙として」定型77で受けて納まりをつける。
髪を持って引き摺られたら痛いなあ(ちなみに相撲では反則。今場所千代大海・朝青龍のけんか相撲で反則ではないかと物言いがついたが行司軍配通りで朝青龍負け)。そして引き摺るわれは「やぶれたる水仙」という喩が卓抜である。
いったいこの歌は何を詠おうとしたのだろうか(壮絶な「心象風景」とするブログあり)。きみに対する復讐?きみへの執着?
「やぶれたる水仙」なのだから復讐ではないだろう。まだ執着が残っているような気がする。いや更には、この歌は後悔の歌ではないのか。せめて一夜でいいから髪を引き摺るくらいの愛をきみに私は傾けるべきだったのに、と作者は悔恨しているように思う。
過去は過ぎ去らず時間は流れない。過去は言語的制作物として現在にあるのである。

ところで陽水(コンサートの最後、涙ぐんでいた)スーパーライブの最後の歌は2006年作品「あなたにお金」。団塊大定年時代なんだってえ。
 あなたにお金、金をあげたら帰ろう
 メロンを抱いて 星を見ながら帰ろう
 まだまだバスは はるか遠くで揺れて
 まつ毛の先を 濡らし始めたばかり
 目の中に星屑を 散りばめ
 星空に夏の空 重ねて       (1コーラス終了。以下残念省略)

※画像は[KW]井上陽水コンサート2006から勝手拝借/感謝です。←ドラム、私もよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

世界的微小「論考」入門

誰にもわかる平易な「論理哲学論考」(ネット検索して立花隆氏の大学生時代をリンクとして採用。最もシンプルだから)の紹介を書いてみたい。ネタ本は野矢茂樹「論理哲学論考を読む」(ネット検索してこちらを発見。野矢茂樹「あとがき」から俺の絶対に引用したかったところを引用してくれている)だけれども、問題提起→平易なコトバでの解明というスタイルで進める。

1.なぜ「論理哲学論考」は書かれたか
哲学から形而上学(価値観・人生観・世界観など)を追放するため。合理的に思考したい人々のコモンの思考方法として哲学は存在する。形而上学を哲学から追放することにより、理性の暴走が抑制され、その上に健全な個の価値観が構築できることになる。すなわち、人生=哲学(健康理性)+価値観(損得、好き嫌い)なり。

2.世界とは何か
世界は事実(成立していることがら)の総体である。すなわち、実在のことである。
ところが実在はのっぺらぼう。すなわち、対象・性質・関係に分化されていない(想起せよ、純粋経験)。
だから、世界(のっぺらぼうの事実)は論理空間(俺の脳内モデル)に映し撮られてはじめて構造(対象・性質・関係+時間・空間)化されるのである。

3.論理空間とはどんなものか
世界(事実)から論理空間への写像は、抽象(言語化=分節)である。言語化されることにより、対象と形式(対象の定義・性質、対象相互の関係)が与えられる。
(例)俺の飼い犬ポチ→犬という分類名(対象)、血統、性格、毛色、大小、飼い主との関係などなど
そして抽象化・構造化されるということは可能性が与えられることである。
(例)いま・ここ・あそこ。過去・現在・未来。俺の飼い犬ポチはミケでもよかった等々。
かくして論理空間(脳内モデル)は世界(事実)から自立し、形而上学・宗教・芸術の成立基盤が形成されるのである。

4.論理空間はどこまで各人に共通か
論理(否定、かつ、または、AならばB)は全ての言語に必須共通のもの。だから経験に先行する(ア・プリオリ)。従って、論理は万人に共通である。
これに対して、経験は万人に共通にはなり得ない。見る角度によって事実は相対的(丸いものも見ようによっては四角)であることを思えば明らか。ただ、万人全てに異なるとまでは言えず、構造化が同形である限りは思考と情報を共有できる。もっとも、存在論的に異なる経験をした場合に論理空間は大変容する。
(例)幕末日本人にとって蒸気船・鉄の船は存在論的経験だった。この衝撃により、日本人の論理空間は富国強兵→国民国家の形成へと変容した。
だから、独我論(俺が芋食っておまえのケツから屁が出るかザマアミロ)を基本とするのが健全。みんな日本人やんか、話せばわかるというのはアブナイぞ。Photo_199

要するに「論考」は、あなたがあなたの脳内につくる世界のモデルに関して、どこまでが万人共通でどこからが存在論的経験と価値観の相違に応じて異なるのかを示してくれる。人はどこまで解りあえるかという問題提起の書だったのである。だから、語りえぬものについては、沈黙しなければならない。言い換えると、語りうるものについては明晰に語らねばならないのである。

そして、世界と生とはひとつ。論理も言語も経験も形而上学も全てがあなたの脳内モデルに集約される。それを認識した上で健全に思考せよ、幸福に生きよ

※画像はMoMA~近代美術館~から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2006年9月23日 (土)

祝、日比EPA締結

昨日の日経夕刊「ニュースの理由」から記録しておきたい数字。Photo_5

フィリピンとの経済連携協定(EPA)の締結を受け、厚生労働省は同国から看護師と介護福祉士を2年間で合わせて千人受け入れる方針を発表した。

フィリピンは労働力の輸出大国である。海外からの仕送りが国内総生産(GDP)に占める比率は13.5%(04年)に上る。看護師だけでも国外で推定15万人が働き、出稼ぎ先は中東産油国や英国などが多い。

麻薬とか人身売買とか悪い話はあるけれど、少子高齢化大国と出稼ぎ発展途上国との組み合わせには一定の合理性がある。犯罪組織や違法人材ビジネスををきっちり取り締まりつつ、偏狭排外思想を抑制して「開かれた社会」を目指すのは歴史の必然であろう 。

 スナックにフィリピーナあり英会話練習をして夜は更けにけり

| | コメント (0) | トラックバック (24)

な、なんとCME15510

これで15500割れ確実だけれども絶対に意図的仕掛けだ。
仕掛け筋は、新興市場下落に付け込んで上げるのに邪魔な個人(だってすぐ利食うんだもん)を振るい落して、来月中旬以降の四半期決算業績上方修正を囃して上げる算段なのだろう。こんないつもの手筋に個人は手玉に取られてしまう。来週は個人の踏ん張りどころだぞ。Photo_198

負けてたまるか、俺は先物強気売りで入って堅実買いでも勝負してやる。金曜大引けギリギリで利確できたラッキー俺には観音様がついていらっしゃるのだ。

ところでPS3発売前に値下げして営業利益減益予想1300億円なんて、落日のソニーは何処に行く。

※写真は高月町の文化財-向源寺(渡岸寺観音堂)-国宝十一面観音1から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (23)

ぼちっとクリックに感謝

Photo_127  お陰さまで6381→3849となんと2500人抜きのランキング上昇。Photo_197
ランキングは株価と同じで企業価値を示すものではありませんが、市場の評価を映すものではあります。だから勇気を与えてくれます。

ちなみに、当社は株式価値ではなく顧客価値を追求するものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生き死にの外なる橋」再論

以下は、「生き死にの外なる橋」をより噛み砕こうとしたものである。哲学(芸)とは極くアタリマエのことを普通に語っているにすぎない(と思いたい)。2002_maha

意味の他者(カスタマーレビュー「哲学の結び目を地道に解きほぐす言葉」必見)との存在論的経験→論理空間の変容→芸術への昇華(永遠の相)が野矢茂樹が示す芸への筋道だが、これを卑近な例で具体化してみよう。

1.意味の他者との存在論的経験
 俺はマハに出会い、はじめて女性のなんたるかをを知った。これが存在論的経験だ。
2.論理空間の変容
 俺の脳内モデル内の名「女」は画期的に変容した。情がこれほどとは…。
3.芸術への昇華
 あれから幾星霜。マハは隣で鼾をかいて眠っている。そんなマハに俺は「永遠の相」を今も見ている。

 君ねむるあはれ女の魂のなげいだされしうつくしさかな  夕暮

※画像は珍品近作PART1から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (78)

中城ふみ子

実は(何を隠そう)躁鬱であった(ある?)。酷かったのは三十台。一年後輩営業マンが気にしてくれて飲みに誘ってくれたのに、一言も喋らずに(多分)飲んでいたことがある。朝Photo_196 刊シンドロームもあったなあ。
同期の知り合いにも躁鬱ちゃんがいたのだけれど、彼と俺に共通点があった。自負心が強すぎるのである(おのれを恃む心←恃むというこの字が好きだ)。自負心が強すぎるとなにかのきっかけで転んだときに一転、ああ俺はダメだなあと心が塞がってしまうのである。
これを別の側面から見ると「ふたりごころ(心と情)」のうち心のバランスが強大に過ぎてこころを支配してしまう状況といえる。外に向かうこころ(情)が内に向かうこころ(心)に制圧されてしまい、欝に陥るのである。(ちなみに、チェーホフ「可愛い女」は情が濃く、心が希薄な女ともいえるのではないか)

欝なんてこころのかぜにすぎないのに、当人にとっては大事態なんだよね。「林住期」に到達した俺にはもう過去(?)のことだけれど。

さてスーパースター中城ふみ子登場。その鮮烈で短い生涯は冬の花火として虚構化された(読んだけど、鮮烈!という概念しか記憶に残っていないのは俺の記憶力の問題)。

 冬の皺よせゐる海よ今少し生きて己れの無惨を見むか

初句2句「冬の皺よせゐる海よ」で切れて、3句「今少し・生きて」が句割れとも読め、4句「生きて・己の」に跨り、結句「無惨を見むか」に雪崩れ込む。
冬の海を「冬の皺」と見た眼及び詩句倉庫が秀逸。そして「皺」と「無惨」が響き合って生き急いだ女の不幸を奏でる。「よせくる」ではなく「よせゐる」、また、「おのれ」を「己れ」と表記したのも技術である。
一読、心を打つ迫力の歌である。「冷たく広がる海」と「凍結した地面」の現場に行かれてこの歌に想いを寄せているブログもある。

だがしかし、かつての俺はこの歌に一握の希望を読んだ。欝のときの俺にとって「己れの無惨」と言われると心地よいところもある。頑張れ、おまえなら出来ると激励されるより、アカンタレ、おまえなんか死んでしまえと罵詈された方が心が安らぐのである。

そうか、俺は欝になってもどこまでもナルちゃんなのだ。無惨で不幸な我をナルちゃんは愛したいのだ。

Yahoo!ブログ - 黄昏流星群的休憩処【浮雲堂】を是非クリックされよ。迫力の書と写真なり。

※写真は有鄰 No.460 P4 座談会―没後10年― 遠藤周作と“宇宙” (3)より遠藤周作と北杜夫のツーショットを勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

後場:買いは引っ張りすぎるも辛勝

リカクを強気で引き伸ばして結局、ナンピンして単価を下げて大引け間際の上げで滑り込Photo_125 み。15590返済売り約定ホッ。
ザラ場安値15600割れもありアメリカさん次第だけれど強気維持ちょっぴり不安。

来週は来週の風が吹く。俺はついてるぞ。

※大引けの株式祇園精舎→世界同時債券高・株安?・・・来週はもっと神経質な展開か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前場:まず売り一勝

下げても19日現物安値15622まで届かないので、意外と底堅いような気がする。Photo_124
売りは着実に利確。ラージで勝負したい欲望は今日のところは抑制。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の戦闘モード

ちょっと弱気である。というのも、昨夜のナスダウ下げ理由が米経済後退懸念にあるようPhoto_195 だから。
しかし、一昨夜は企業好決算を囃して上げたのではなったか。いずこも同じ煽りかな。
としても、ちょっとここは慎重に様子見。CME15710だから15600まで買いをじっと我慢すべきかもしれぬ。

ところで昨日、大相撲見物にシャロン・ストーンが来ていた。相撲ファンとして美女来訪はなにがなしに嬉しい。そこで今朝の戦闘フラッグはクールに氷の微笑なり。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

ほほうCME現在値15715

少し戻したな。ナスダウは中幅下げ。Photo_194
東京はボックス圏の動きということか。
昨日に引き続き、今日は買い、売り両方で獲ってやろうとエラソーにしてみる。

原油は上げたか下げたか、なあんてのは朝Walk後のモーサテ・ビデオで確認しよう。

※写真は関東緋桜一家  象のロケット≪宅配DVDレンタル&前売券≫から勝手拝借/感謝です。あ、まだ戦闘モードは早すぎたか。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

生き死にの外なる橋

ランボー「私とは他者である」(宗左近さん)が気になったので、この発言を全部コピペする。

ランボーは「私とは他者である」と言った。 私は私ではないということですね。

私が私であるというのは証明を必要としない真理で、公理と言うんです。 その公理を否定することが、「私とは他者である」ということですね。

僕らは、僕らが生まれる前からあった公理を否定することから、生きることが始まるんじゃないかと思う。 恋愛なんてその一つですね。 あるいは世の中に出て出世しようというのも、私じゃないものになりたいということです。 その「私とは他者である」という認識が、詩というものの基本にあると僕は思うんです。 そして「私とは他者である」ことを一番教えてくれるのが季節なんじゃないか。

春、私は桜の下で涙を流した。 けれど冬、桜はもうないではないか。 そういう自然の変化と対応している私の変化に気がつくことが、宇宙とは何かということに気づくことの一つであって、それを気づかせる力が俳句ではないか。 広い意味ではポエジーではないかと思うんです。 Photo_193

なるほどなあ、と思いつつ野矢茂樹「論理哲学論考を読む」を居眠りしつつ読んでいると、こんなセンテンスに出会った。ウィトゲンシュタイン「草稿」の引用の引用。

芸術作品は永遠の相のもとに見られた対象である。そしてよい生とは永遠の相のもとに見られた世界である。ここに芸術と倫理の関係がある。
日常の考察の対象は諸対象をいわばそれらの中心から見るが、永遠の相のもとでの考察はそれらを外側から見る。

「永遠の相のもとに見られた対象」とは、野矢さんの解説によるとこういうことになる。

そのときわれわれは、対象を論理空間の中で、すなわちさまざまな性質や関係を伴ったものとして見るのではなく、むしろ論理空間とともに、論理空間を構成する不変の礎石として、見る。

実在世界を我々は論理空間(俺流に言うと脳内モデル)に抽象して、<対象>と<性質・関係>とを括り出す。ここでは言語的制作物たる時間・空間の中で対象は見られる。
これに対して芸術においては、「永遠の相のもとで」すなわち形式(時間・空間・性質・関係・などの対象が持ち得る範囲)を捨象して対象は見られる。つまり(「草稿」の引用の引用)。

時間・空間の中で対象を見るのではなく、時間・空間とともに見る、ということだろうか。

永遠の相のもとで見られた対象とは、論理空間とともに見られた対象にほかならない。

要するに、実在世界(のっぺらぼうの世界)→論理空間への対象の抽象(時間・空間の中)→対象から形式を捨象(時間・空間とともに)したものが「永遠の相のもとに見られた対象」芸術ということだ。
そうか、生き死にの外なる橋は「永遠の相のもとに見」るための橋のことであった。
そして、
ここに「私とは他者である」を接合すると、詩歌における「私」は「永遠の相のもとに見られた」他者=私になる。

短歌は徹底的に私歌である。だから、短歌は他者たる私を永遠の相のもとに詠う業のことなり。
かくして「思索と短歌」の間の窓は埋められた。残るは「株と思索」「株と短歌」の間の窓なり。

※ひとりよがりの寝言になっていないかちょっぴり心配です。そんなことないよと思われる素敵な方はランキングボタンをぼちっとクリック、寝言やんかあと思われるまっとうな方は罵詈雑言を気が向いたら浴びせてやって下さいませ。最後まで読んで頂いて感謝です。

| | コメント (3) | トラックバック (116)

2006年9月21日 (木)

原油下げ止まりが相場転換のシグナル

既に9/20安値15622で底を打ったのに上値が重い理由は「買わない外人」と「買えない個Photo_123 人」。
個人は日柄整理・信用期日・損切りを待つしかない。そこで期待は外人買いだが、アラブの王様は原油下げが気になってリスキー日本株まで手が出ない。
だから、相場の転換シグナルは原油価格の下げ止まりと見る。原油が下げ止まれば日本株は16000円を越えるぞ。

ところで、俺の先物取引履歴から返済取引のみを数えると実績は40勝1敗(この敗戦は試験的売り)。8月以降の不撓不屈のナンピン魂の成果である。

※以上、明日のストボに投稿する。キャスター、読んでくれるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

後場→買い○+売り×2も○

15630でナンピン→15740でやれやれ売り返済。Photo_122
その後15800近辺まで上げたので口惜しくなって売りに挑戦→こまめに稼いだ。

おっちょこ俺は、今日で底は確認したように思うけど世間はまだまだだろうなあ。
とすれば15700割れはまだあるか。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→明日は月齢“新月”ですか

| | コメント (0) | トラックバック (18)

秋高しふたりごころのボクがいる

昨日の日経夕刊文化面、金子兜太「他人に開かれた荒凡夫になりたい」より引用。Photo_192

私はかねて「ふたりごころ」という考えを唱えていた。万葉集では「情」と「心」を同じく「こころ」と読んで使い分けている。心は内向的なこころ。情は相手に通わせていくこころで、私はそれを「ふたりごころ」と呼んだ。荒凡夫に情のふたりごころを結びつけ、他人に開かれた自由を得たい。それが日銀を定年退職して、俳句に専念してからの願いとなりました。

こういうの、ボク大好き。俺はオープンじじいになりたい。

※写真は有鄰 No.436 P3 座談会「外国人が詠む日本語俳句」(2)から勝手借用/感謝です。ランボーは「私とは他者である」と言ったそうです。上記サイトの宗左近さん発言より。

| | コメント (0) | トラックバック (37)

前場→我、泰然自若なり

結果論で言うと15750で利益確定すべきだった。しかし、CME15850が頭にあって売れなかった。結局、前場は昨日終値と同じ15780で引けた(笑っちゃうなア)。Photo_121

上値が重い理由→(1)買わない外人。原油収入減少アラブの王様は手堅く米債券を買っているのだろう。リスキーな日本株は敬遠。(2)買えない個人。新興も下げ止まらずそこに米ヤフー下げが日本ネット株に波及。カネがないから買えないのだ。

しかし、昨日が底。そう思えば今日の後場は上がる予感実感充実感(見よ、前場の5分足。こんな下げ一本調子には必ず反動があるのが摂理)
もっとも俺も少しは慎重に。前場はナンピン自重したり。

| | コメント (0) | トラックバック (31)

タイのクーデターはインサイダー?

なぜ、FOMCの前日だったのだろうか。
奴ら、空売りで儲けたのではないか、と邪推妄想である。
株は人間の性格を悪くする、確実に。Missing

ところで戒厳令下のタイでは五人以上の集会は禁止とのこと。何がどうあろうと、これは言論を封殺する暴力なのだ。

※画像は人類猫化計画 ミッシング ―もう1つの9.11 チリの軍事クーデターとアメリカ―から勝手拝借/感謝トラバです。

| | コメント (0) | トラックバック (60)

16000越えはありや?

モーサテ予想(よそうはうそよ)は15700~15910だった(15920の節目を意識したのだろう)。新興の下げが止まれば個人が強気になれるのだけど、まだダメだろうなあ。Photo_191
そこで、返済売りの目処を15870にしておこう、一応。つまり、CMEが15850だから寄り天になる可能性大ということになる。ほほ、ミニ先売りに挑戦してみるのも一策である。

ところでヤフー。今日、俺は買うだろうか。

さて今日の守護神は高島礼子。素敵なイラストをNORY ISLANDから借用/感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

今日は快晴CME15855

外泊リスク→リターン成就せむとするなり。これも観音様のお導きなり。Photo_190
前場着実に利確所存。兜の緒を締めよ。

※画像は百済観音-1から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

築地正子

俺にしては珍しくじっくり丁寧に読書している。野矢茂樹「論理哲学論考」を読む
実は、以前にも読んでいるのだが、ツチヤ教授がウィトゲンシュタイン開眼させてくれたので、根性を入れて再読に取り組んだものである。読書吸収内容については後日別論とするが、以下ちょびっとだけエッセンス。

論理哲学論考は思考の限界を明らかにするために著述された。だから、語りえぬものについては、沈黙せねばならない
世界は成立していることがらの総体である。そして我々は世界から箱庭=論理空間(可能性として成立しうることの総体)を抽象する。この抽象は言語によって開かれる。すなわち、言語がなければ可能性は開けない。かくして思考の限界と言語の限界は一致する。
従って、私の言語の限界が私の世界の限界を意味する。そして、私の言語の限界は私の存在論的経験と言語によって構成される。すなわち、世界と生とはひとつである

何を言っているかというと、俺は俺の経験と俺たちの言語によって実在世界に関する俺の脳内モデル(論理空間)を形成し、脳内モデルと実在世界とを照合することにより実在世界を理解しつつ、脳内モデルを調整修正している。それが生である。ということだ。この構造を論理の性質を解きほぐしながら、厳密に記述しようとするのが論理哲学論考なのである(ああ、こんな言い方しかデキナイのか。これでは素人衆はワカランではないか)。

要するに、生きるということは経験→論理空間形成過程であるから世界と生とはひとつという言い換えが可能となるのである。Photo_189

アカン、寝言はこのぐらいにしよう。今日の歌人は築地正子(ついじまさこ)。心の花会員。マイナーだけれど滋味豊かな歌の歌人だと俺の論理空間に今回位置づけができた。

 桃いくつ心に抱きて生き死にの外なる橋をわたりゆくなり

初句「桃いくつ」は「桃をいくつか」の五音短縮形。これを「心に抱きて」と受けて3句4句の句跨り中核詩句「生き死にの外なる橋を」と継なぎ、結句は「わたりゆくなり」とさらっと終える。「桃」は「生き死に」と響き合い具体的かつちょっぴりエロティックな生のイメージを形成する。
さて、世界と生とはひとつなのに、「生き死にの外なる橋」なるものが存在できようか。これではまるで、春の夜の夢の浮橋とだえして嶺にわかるゝよこ雲のそらではないか。
そうなのだ。
世界と生とはひとつは哲学「生き死にの外なる橋」は文学。哲学はあくまで実在についてのみ語り、文学は絵空事を語るのである(だから価値観・人生観・世界観について語る形而上学は文学なり)。でも実在だけでは人生悲しい。人生には御伽噺が必要なのだ。人は今夜も「生き死にの外なる橋」を渡って夢を見るのである。噛み締めれば味の出るいい歌である。

※「夢の浮橋」でイメージ検索したYume no Ukihashiから画像を勝手拝借/感謝です。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

大引け→明日は快晴(期待)

引けにかけて(辻褄あわせか)現物15700台回復。今夜のFOMCコメント期待。Photo_120
結局、15,728円×30枚でもう一泊となりにけるかも。

おお、先物は更に上げて15680だ。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→“売りシグナル”点いちゃいました

| | コメント (0) | トラックバック (17)

予感の根拠

前の記事をストボに投稿したら、根拠を示せとキャスターに言われたので、なんとかひねり出したのが下記である。
円安、原油下げ、米経済軟着陸の3点です。そして、これらはいずれも5月急落(ドル不安が原因)に無かった状況です。
だから、外人はそのうち買ってきます。ただ、怖いのは商品相場で損した外人売りですが、規模は限定的でしょう。
要するに今の相場はファンダメンタルを無視したチャート(アイランドなんとか)恐怖症でしょう。

日本経済はまだまだこれからです。もっとも断固構造改革邁進と新総理が発言しないのが私は不満であります。しっかりせえ、安倍ちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

前引け/ここが底だ!

ナンピンして計25枚単価15,741円なり。Photo_119
後場上げる予感実感充実感あり。そこでホンダ成り行きで購入。もっともキャッシュ余力を残す→ヤフー底打ち購入の所存。

| | コメント (0) | トラックバック (150)

クリックで救える命がある

ネット逍遥していて発見。こんなことだったら俺にも出来るとリンクを張りました。ほんとはバナーにしたかったのだけれど方法判らず、とりあえずテキストリンクです。
左のブログ内検索の上にありますのでぼちっとしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (59)

今朝の戦闘モード

引けにかけて原油急落で戻したが、タイのクーデターにNYは下げ反応したようだ。Photo_188
東京はどうかなあ。NYほどに反応するだろうか。それとも属国相場はNYに織り込み済みとして関連株のみの反応で済ますのだろうか。どうも後者のように俺は思うけれど。

それはともかく、今日はどこで下げ止まるかが焦点。15600台はあるだろう、多分。
米FOMC(結果発表は21日3:15/金利予想5.25%)とのことだから、今日が底打ち、明日は反騰と地動説不屈ナンピン魂は考える。底値でナンピン戦闘の所存なり。

ということで、今朝はちょっとブルーに傷だらけの人生で行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (77)

4ゲーム差/残14ゲーム

株がダメなら野球がある。中日負けて阪神勝てり。Photo_4
人生=損得+好き嫌い+魂。
だから、損してもどこかで辻褄が合うように出来ているのだ(人生三枚舌悦楽教)。

| | コメント (0) | トラックバック (65)

とほほCME現在値15745

ちょっとは盛り返したけれど、自分に都合のよいように世間は動いているのではないぞ。Photo_187
わかったか、この天動説のドアホウめ。

さて、不屈のナンピン魂よ、どうする?

※画像は天動説と地動説から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一人一首」半目次

何事も一度に行うことには困難が伴う。この105歌人一人一首が完了した暁には総目次Photo_186 を作ろうと思っているのだけれど、105の目次を一度に作るのは大変。そこで今日はこれまでの完了分の目次を作り、他日に備えることとする。

佐佐木信綱
 ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲
与謝野鉄幹
 われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あヽもだえの子
太田水穂
 もの忘れまたうちわすれかくしつゝ生命をさへや明日は忘れむ
窪田空穂
 鉦鳴らし信濃の国を行き行かばありしながらの母見るらむか 
与謝野晶子
 清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき
会津八一
 あめつち に われ ひとり ゐて たつ ごとき
             この さびしさ を きみ は ほほゑむ

斎藤茂吉
 ただひとつ惜しみて置きし白桃のゆたけきを吾は食ひをはりけり
前田夕暮
 君ねむるあはれ女の魂のなげいだされしうつくしさかな
若山牧水
 かんがへて飲みはじめたる一合の二合の酒の夏のゆふぐれ
北原白秋
 君かへす朝の舗石さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ
土岐善麿
 遺棄死体数百といひ数千といふいのちをふたつもちしものなし
古泉千樫
 朝なればさやらさやらに君が帯むすぶひびきのかなしかりけり
三ヶ島葭子
 今にして人に甘ゆる心あり永久に救はれがたきわれかも
吉井勇
 かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる
釈迢空
 いまははた 老いかヾまりて、誰よりもかれよりも 低き しはぶきをする
土屋文明
 小工場に酸素溶接のひらめき立ち砂町四十町夜ならむとす
岡本かの子
 桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命をかけてわが眺めたり
結城哀草果
 貧しさはきはまりつひに歳ごろの娘ことごとく売られし村あり
五島美代子
 花に埋もるる子が死顔の冷たさを一生たもちて生きなむ吾か
初井しづ枝
 伎芸天くちびるに保つ朱あればうつつの愛の思ほゆらくに
山田あき
 生き得たる胸の泉を溢れしめおんなはおんなのたたかいをする 
吉野秀雄
 これやこの一期のいのち炎立ちせよと迫りし吾妹よ吾妹
前川佐美雄
 春の夜にわが思ふなりわかき日のからくれなゐや悲しかりける 
柴生田稔
 放課後の暗き階段を上りゐし一人の学生はいづこに行かむ
生方たつゑ
 にんげんはつひに「ひとり」と書き終へて硝子のやうな氷片溶かす 
木俣修
 老の身の華奢を見よとぞ胸にさすアカシヤの白き花のひと枝
坪野哲久
 曼珠沙華のするどき象夢にみしうちくだかれて秋ゆきぬべき
葛原妙子
 晩夏光おとろへし夕 酢は立てり一本の壜の中にて
窪田章一郎
 冬の虹さやかに太し潮けぶる紀伊水道の沖のただなか
佐藤佐太郎
 冬山の青岸渡寺の庭にいでて風にかたむく那智の滝みゆ
斎藤史
 死の側より照明せばことにかがやきてひたくれなゐの生ならずやも
宮柊二
 ひきよせて寄り添ふごとく刺ししかば声も立てなくくづをれて伏す
高安国世
 かきくらし雪ふりしきり降りしづみ我は真実を生きたかりけり
近藤芳美
 たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき
山崎方代
 一度だけ本当の恋がありまして南天の実が知っております
加藤克己
 核弾頭五万個秘めて藍色の天空に浮くわれらが地球
岡部桂一郎
 ひとり行く北品川の狭き路地ほうせんか咲き世の中の事
田谷鋭
 駅売りの牛乳買はずしてかたはらの水に口づけば心がなしも
宮英子
 通夜の夜のひとりごころや棺の蓋あけて注ぎたる一掬の酒
浜田到
 火の匂ひ、怒りと擦れあふ束の間の冬ふかくして少年期果つ
武川忠一
 ゆずらざるわが狭量を吹きてゆく氷湖の風は雪巻き上げて
安永蕗子
 ひとの世に混じり来てなほうつくしき無紋の蝶が路次に入りゆく
築地正子
 桃いくつ心に抱きて生き死にの外なる橋をわたりゆくなり
中城ふみ子
 冬の皺よせゐる海よ今少し生きて己れの無惨を見むか
河野愛子
 一夜きみの髪もて砂の上を引摺りゆくわれはやぶれたる水仙として
塚本邦雄
 馬を洗はば馬のたましひ冱ゆるまで人戀はば人あやむるこころ
上田三四二
 かがまりて臀をふく恥ふかく魂ひくき生きものわれは
安立スハル
 金にては幸福は齎されぬといふならばその金をここに差し出し給へ
岡野弘彦
 ひたぶるに人を恋ほしみし日の夕べ萩ひとむらに火を放ちゆく
大西民子
 かたはらにおく幻の椅子一つあくがれて待つ夜もなし今は
山中智恵子
 われら鬱憂の時代を生きて恋せしと碑銘に書かむ世紀更けたり
前登志夫
 暗道のわれの歩みにまつはれる蛍ありわれはいかなる河か
長澤一作
 轟々として夜の海荒れゐたり貧も願ひも思へばかすか
富小路禎子
 処女にて身に深く持つ浄き卵秋の日吾の心熱くす
尾崎左永子
 戦争に失ひしもののひとつにてリボンの長き麦藁帽子
岡井隆
 蒼穹は蜜かたむけてゐたりけり時こそはわがしづけき伴侶
島田修二
 ただ一度生まれ来しなり「さくらさくら」歌うベラフォンテも我も悲しき
馬場あき子
 さくら花幾春かけて老いゆかん身に水流の音ひびくなり
高嶋健一
 てのひらのくぼみにかこふ草蛍移さむとしてひかりをこぼす
雨宮雅子
 国の忌も個の忌もひとつ夏花の夾竹桃のいろににじみて 
石田比呂志
 酒飲みてひとりしがなく食うししゃも尻から食われて痛いかししゃも
田井安曇
 闇にまぎれて帰りゆくこのよるべなきぼろぼろをわれは詩人と呼ぶ
石川不二子
 われと同じ名をもつ林檎も薔薇もありこの世たのしとしばしは思へ
稲葉京子
 風よりも静かに過ぎてゆくものを指さすやうに歳月といふ
小野興二郎
 妻が望みわがあくがれしをみな子はかくうつくしきほとを持ちたり
寺山修司
 きみが歌うクロッカスの歌も新しき家具の一つに数えむとする
小野茂樹
 あの夏の数かぎりなきそしてまたたつた一つの表情をせよ
奥村晃作
 次々に走りすぎ行く自動車の運転する人みな前を向く
小中英之
 今しばし死までの時間あるごとくこの世にあはれ花の咲く駅
佐佐木幸綱
 ゆく水の飛沫き渦巻き裂けて鳴る一本の川、お前を抱く
春日井建
 童貞のするどき指に房もげば葡萄のみどりしたたるばかり
浜田康敬
 「盗む」「刺す」「殺す」はたまた「憤死」する言葉生き生き野球しており
岸上大作
 血と雨にワイシャツ濡れている無援ひとりへの愛うつくしくする
玉井清弘
 夜の海をこえゆく船にうつりいるテレビ静かに火事うつしおり
藤井常世
 なまなまと人顕たしめて秋は暮る一期はゆめといまだ思へず


ここまでで計42歌人。ちなみにネタ本は高野公彦編「現代の短歌」(現代歌人105人のアンソロジーである。いまだ道は途上なり。

※リンク等、間違いはないと思いますが、若しあればご指摘頂ければ喜びます。

| | コメント (2) | トラックバック (288)

2006年9月19日 (火)

弱気と強気の共存?

買い建てしなければ弱気→もっと下げろ。Photo_185
買い建てすれば強気→早く上げろ。

ほんとうはどうなんよ、おまえ→わかれへんねん、こんな相場。なんで皆もっと買わないんや。何がコワイんや?

原油は下がったし、アメリカはうまく軟着陸しそうやし、中国不安はちょっとあるけれど、もっと上がってもオカシクない。アイランドリバーサルとかいうチャートに自家中毒弱気になってるんやろか。はたまたミクシイIPO期待がもうすぐ剥げて新興不安ぶり返しやろか。

困ったときのアメリカ頼みと都合のいいことばかり思うボクでした。

※画像はヴァトー[シテール島への船出]から勝手借用/感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (160)

大引け→NYカンフル期待

前場の買い持ちは薄謝程度で返済。Photo_118
欲張ってもう一本→引けにかけての下げで返済できず。
NYカンフル期待の外泊15,878×10枚となれり。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→“ミクシィトリオ”は揃って沈没

| | コメント (0) | トラックバック (22)

またまたロシアン・ピアニスト→ミシュク

ウラディーミル・ミシュク。ブログ検索すると結構カキコされてます。Photo_184
太目のぽっちゃりしたおにいちゃん。静謐なバッハを鳴らしました。
ショパンのノクターン「遺作」もいいな。静かに心を震わせてくれます。

ロシアはピアニストの宝庫なり。

※写真はコンサートのポスターより拝借。実際はもっとぽっちゃりなり。

| | コメント (0) | トラックバック (76)

前引け→15985で参戦したけれど

引けにかけてズルズル上げ幅縮小。 Photo_117
後場様子見てナンピン所存だけれど、なんか勘が悪そう雰囲気もよからず。

| | コメント (0) | トラックバック (44)

今朝の戦闘モード画像

株の勉強会に先物の懇切な解説あり。結論は、投機目的は大口の食い物になるだけだから個Photo_183 人は止めよ、とのこと。なるほど納得、今の俺は所詮ビギナーズラック→いつかは身の破滅かと意気消沈。

そこで今朝は総長への道。身の破滅の前に、いっちょう、ぶちかましたるねん。

| | コメント (2) | トラックバック (51)

目指せ、ランキング上昇

外泊している間にランキング下がってもたがな。別になんの経済的利益も無いけれどこれでは具合がワルイ。Photo_182
そこでブログ来訪お客様満足度向上を図るべく、日経平均現在値等株情報を貼り付けました。今後ともご愛顧、たまにはランキングボタンクリックのほどお願い申し上げます。

ところで昨日のプール体重:85.8→84.8。四泊外泊のわりにはまずまず。
目指せリストラ80kg。

※写真は東予地区第24回ボランティア・西条山のまつりに参加し山村住民と交流から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (187)

ほほうCME現在値15870

今日は上げさせてみようというのがシカゴ指示のようだ。Photo_181

 下げて売らせ上げて買わせてまた下げる株屋の商売手数料稼ぎ

現物はいつのまにやらハイテク人気だけれども、先物で儲けることが出来るうちは現物がばかばかしいと感じるのも株屋の掌の上なのかもしれぬ。
ともかくも、頭に乗らず控え目におとなしく生きるが秘訣、長生きのこつ。

 気は長く心は丸く腹立てず暮らすが秘訣長生きといふ

| | コメント (0) | トラックバック (151)

安永蕗子

「よい子(谷垣)、悪い子(麻生)、普通の子(安倍)」があれば矢張り「変な子」もいるだろう。いや、純一郎のことではなく俺である。ガキの頃から「変な子」だった。
というのも、群れるのが好きではなく(近所には悪ガキばかりだから一緒に遊んではいけません)一人遊びが基本。そして思うのは自分のこと。自己愛=ナルちゃんになってしまったのだ。
なんで俺は俺なんだろう、俺はこの家に生まれてきたのだろう、みんなは一人でいるときに黙っている時に何を考えているのだろう、などと愚にもつかないことばかり想っていた。このマクラを書くために適切なコトバを昨日から探していたのだけれど、「自己に対する違和感」というのが一番ぴったり来るな。サルトル流に言うと、実存が本質に先立つことに発する対自が故の必然的違和感ということになろうか。要は、自分の居場所がぴったり来ないのである。おお、このあたり上手にコトバにするとモダニズム短歌になりそうだけれど俺にはその力が無い。

さて、今日は安永蕗子書家でもあり、歌会始めの選者も務めている歌人だ。<人間関係にはポエジーがない、過去や未来ではなく、「今」という一瞬を詠う安永蕗子の優美と格調、清冽と端正の歌風に、「水の精」のようだという人もい>るそうである。Photo_180

 ひとの世に混じり来てなほうつくしき無紋の蝶が路次に入りゆく

2句「混じり来てなほ」から3句「うつくしき」に跨らせて、この一首の主幹詩句→4句「無紋の蝶が」を際立たせている。そして結句「路次に入りゆく」ですっと落とすのである。読者に「無紋の蝶」とは何かの読みを委ねているのである。
俺のようなナルちゃんは自分のことと読むだろうなあ。控え目な人は、生一般の象徴と受け取るだろう。ともかくもまあ実存は意思も欲しもしないのに「ひとの世に混じり来て」生まれてくるのだ。そしてそれでも「なほうつくしき」こそが生きる意味である。倫理と称してもいいかもしれない。「汚れちまった悲しみに」それでも無紋の蝶はうつくしく路次(路地のことを路次とも書くのか)を翔ぶのである。

かくして「変な子」は、オトナになってなお、お縄にもならず謗られるようなことも誉められることもなく、陋巷に在って今日も株先物に現を抜かすことが出来ている。平和と自由の有り難きかな。

※写真は無紋型ベニヒカゲという蝶だそうだ。展示即売会 絹島バイオから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (239)

2006年9月18日 (月)

今週→15500が底?

CME先週終値は15745。シカゴ指示にも届かぬ属国相場は更に下値を探る可能性ありPhoto_179 (東エレク安値手仕舞いした口惜しさもあるトークだけれど)。また、堅調なNYは原油下げと金利打ち止めを囃しているだけかもしれず、米経済失速懸念は残っている。
とすれば、今週は弱気(実は買いたい弱気)←証券マンがテレビで底割れなし安心と言えば言うほど不安は募る。。15500を一応の底と見ることにする(G7は円安追及されず何事もなく終わった一応)。

そこで、明日の参戦ポイントは15600としてみよう。明日は明日の風が吹くけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (164)

今日はビデオ曜日

溜まったビデオを処理すべく、相撲、株ニュースそして音楽と寅さん。Photo_178

 安馬負けて阪神無安打白鵬も綱取り消えてショパン聴く

まことに人生は苦難と絶望の連続であります。しかし、希望は最後まで捨ててはなりません←写真はデイリースポーツonline「阪神 無失点リレーで一矢報いた」より堂々転載。

| | コメント (0) | トラックバック (191)

武川忠一

自民党総裁選が盛り上がらない。保守正統(国家主義)の嫡子、安部総理誕生確実は慶賀すべきことなのに、新聞には「よい子(谷垣)、悪い子(麻生)、普通の子(安倍)」の戦いなどと揶揄しているものがある。許せぬ。
揶揄するような連中は単に小泉劇場と比較して面白くないと不満を言っているのにすぎないのだ。俺に言わせれば小泉は保守正統に入らぬ全くの異端。国家あっての個人なのに、「人生いろいろ」などと抜かしやがった。オフタイムはオペラなんどにうつつをぬかし、露助に日本人が射殺されたときも夏休みと称してなんにもせぬ。見よ、船長はいまだ拘束されているではないか。そんな弱腰では北方領土は永久に帰ってこないぞ。
政治は力である。まして国際政治は生きるか死ぬかの国家間の闘争である。この戦いに生き抜かなければ、個人の自由で平和な生活はあり得ない。だから、国家は手段ではなく目的であり、国家あっての個人なのだ。
小泉政権が終わってようやく自民党は本来の姿に戻る。郵政民営化の一事だけで理念を同じくする同志が分裂したのはかえすがえすも残念無念、小泉や竹中某(ざまあみろ、虎がいなければ議員も出来ない腑抜けめ)に掻き回された時間を返せ。自民党を本来の国家主義政党に戻して押し付け憲法を廃棄せよ。教育改革して日本人に大和魂を注入せよ。Photo_177

さて、今日の歌人は武川忠一。窪田空穂章一郎に師事したとある。

 ゆずらざるわが狭量を吹きてゆく氷湖の風は雪巻き上げて

上の句「ゆずらざるわが狭量を吹きてゆく」と一息に詠い、下の句「氷湖の風は雪巻き上げて」がそれを受けて烈々たる風景を描写する。「ゆずらざるわが狭量」が「氷湖の風」「雪」に具体化映像化されている歌である。

 歳古れば考え硬く視野狭く譲るを嫌ひ秋の日は暮れ

即席歌だが実感でもある。残り少ないいのちを大事にしたいと思うからであろうか、ときに自分の考えに固執しているのに愕然とすることがある。そんなときに思い出したい一首だ。諏訪湖畔にたしかこの歌の歌碑があったように記憶している。寒い冬には全面結氷する諏訪湖、そこに我が狭量は閉じ込められるのだ。

 いつまでも色気持ちたしお千代ちゃん様々の秋色々の生

これも即席歌。多様な個の緩やかなネットワークが時代を切り開き、平和を維持する。国家主義は親の仇なり。

※写真は諏訪湖の御神渡り。Gocho Museumより拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (58)

2006年9月13日 (水)

外泊届け

所用のため数日外泊します。Photo_176
帰着は日曜→18日朝には多分カキコしています。
皆様お元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

前場→属国相場にも届かず(しっかりせんかい、安倍ちゃん)

トレードしないつもりだったけど、寄付きが弱かったので15875で参戦。15920をリカク我慢Photo_116 したけど、それ以上の上値なく結局、15890で手仕舞い。弱いなあ現物。不安感拭えず現物日本電産も成り行き手仕舞い。アメリカの指示通りに動かんかい、ニッポン。

そして以下、ストボ投稿のコピペ。

NYがどーんと上げて「さあ、どうする東京」と今日は、先物が現物の様子を観察している日。で、結局ずるずると下げている。何故か。

今朝のモーサテでも言っていたし日経で香港投資顧問の発言にもあるように「次期政権の指導力に疑問」があるから下げているのだ。これだ、原因は。

変人の後に気弱そうな坊ちゃん総理。構造改革断固決意を見せよ、安倍ちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不気味な相場

今朝のモーサテ、あのブル田中勝博さんが「上げることに関して何の文句もないけれど、Yuming 買いは慎重に、窓を埋めてから買えば」とアドバイスしてた。やっぱ、気味が悪すぎるのだろう。下げて売らせて上げて買わせてまた下げる、なあんてシナリオを誰が書いているのだろうか?

今日は前場のみしか相場に付き合えない。そこで今朝はゆったりユーミンをディーヴァの肖像から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ななんとCME15960

ナスダウも爆上げ。今日はシカゴの指示通り寄り付くだろう。Photo_175
こんな属国日本でええのんか、安倍ちゃん?

相沢幸悦「アメリカ依存経済からの脱却」一部飛ばし読み読了。アメリカ90年代好景気が日本のデフレ脱却を長引かせた等、論証が断定的に過ぎる面あるも少数派好著。もっとも、アメリカのイラク侵略理由はフセインが外貨準備をユーロに切り替えようとしたからだとの未確認情報を出所を明らかにせず記載しているのは大人気ないと思う。
ともあれ、ドル暴落で共倒れはたまらんし、次期米政権がドル安政策に転換したら日本国政府はどないするねん、と思う。

だから内需拡大→東アジア経済共同体を着実に進めるべきだよ、安倍ちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

浜田到

一人一首のマクラを書こうとして未だテーマが定まらず、まずは「青春」でネット検索してみる。成果なし。では、「朱夏」ならどうだ。これも成果なし。
そうそう、なんか「林住期」なんてのもあったなあ。これならどうだ→で、見つかったのが四十にして惑わず? 林住期に突入」。ふーん、なかなかのこと書いてるやんかあ、と筆者を見ると三宅善信。ん?レスラーだっけ?と思いつつ検索すると、ブログ日暮れて途遠し:宗教家三宅善信氏の存在に出会う。ブログ主宰の方の自己紹介には「日々憂国の思い」とある。これ以上深入りするとマクラにならぬ、今日はここまでにしておこう。

で、三宅善信氏を参考に林住期について。これは古代インドの思想から来ている。すなわち、人生は「学生(がくしょう)期」・「家住(かじゅう)期」・出家して精神的な修行生活に入る「林住(りんじゅう)期」。そして最後に、それら一切を越えた境地である「遊行(ゆぎょう)期」という四期に分別できる。ちょうど、青春・朱夏・白秋・玄冬に対応する。
これを我が身に引きつけて理解すると、俺はいま林住期。ふふ、閉門蟄居して日経平均先物で精神的な修行生活に入っているのだ。これを卒業すると遊行期である。はは、いったい一切を越えた境地っていったいどんな境地やろか、と一人悦に入った次第である。Photo_174

さて、今日の歌人は浜田到。1951年「短歌研究」モダニズム特集で塚本邦雄らと共に登場、とネタ本「現代の短歌」に紹介がある歌人だ。

 火の匂ひ、怒りと擦れあふ束の間の冬ふかくして少年期果つ

初句の後に読点があるからここで切れ、という指示だろう。そして、2句3句「怒りと擦れあふ束の間の」が「冬」を形容する鋭角的な暗喩(大江健三郎「セブンティーン」を想起した)をなし、冬の深い谷を乗り越えて結句「少年期果つ」に到る。
そうなのだ、少年期は終わるのではない、果てるのである。果てねばならない。果てた後に眼を開ければ新しい世界がある。そんな想いの夜と昼を幾度繰り返したことだろう。あの頃俺は火のように熱く、世界の全てに対して怒っていた。怒りをこめてふりかえれ

最後に、四十にして惑わず? 林住期に突入」から論語の一節をコピペ。
子曰、吾十有五而志乎學、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩。

 肌寒き雨の日曜こもりゐて「春の祭典」聴きつつ眠る

※画像は新国立劇場から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月12日 (火)

後場→もう一本=バント成功

それはいいんだけど、後場の下げはいったいなんだろうか?Photo_115
アラブが原油安で手仕舞いか?

手元キャッシュ増を図るべく、東エレク成り行き売りした。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→やっぱり、9月は難しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後場/神のご加護→全返済

ほんと、ラッキーである。感謝。Photo_114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前場→逆イナバウアーか

不可思議な下げの後、先物主導で戻し中。どこかのヘッジファンドが原油か金で損失を出Photo_113 して日本株を売ったのかなあ?

ナンピン粘りで34枚×15777。後場返済売りの予感実感全感。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

罫線番外地

Photo_173 「春に 春に追われし 花も散る」をBGMに不屈ナンピン今日も行く。
健さん、頼りにしてまっせ、と実力に自信の無い俺は他人頼みなのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安馬快調!

昨日も普天王に勝って今場所負け知らず、二連勝。Photo_172
負けた普天王がブログで反省。←トラバするのは可哀相だから、しない。

粘りとスピードとひたむきが安馬の身上。あやかりたや俺の相場よ。

※写真は安治川部屋から勝手借用/感謝です。三段目の頃?かな。いまはもう少し肉がついているけど。もうちょい体が出来れば名大関間違いなし。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ほっほCME現在値15860

ダウは上げ下げしているけれど、CMEは昨日の大証終値より高い。Photo_171
しかしまあ、なんでやねん。この日米関係は。いったい誰が操作してるんやと疑心暗鬼しつつも、一応ほっとしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (37)

宮英子

寅第30作は「花も嵐も寅次郎」。今回、寅は田中裕子と沢田研二の間の恋のキューピッドを務める。恋のキューピッド役はもともと第一作のさくらとひろしの間で果たしているし、後の作品でもあったように記憶しているのだが、今回はキューピッドに最初から最後まで徹した作品であることが異なる。すわ、現役引退かと思わせる。

しかし、一昨日ビデオで再見して現役引退ではなかった、寅はやっぱりマドンナに恋していたのだと思い当たった。Photo_170
というのは、純情なジュリーが突然職場たる動物園に訪ねて来た裕子に対して遂にようやく求愛し(観覧車内での求愛と受け入れと接吻)、それを裕子から報告する電話が入ったのを聞いた寅が旅に出てしまうのだ。いつもどおりの失恋→逃避のパターンである。寅は、そうこなくっちゃ。
そして俺が思うに、寅の逃避は、実は、相手への思いやりでもある。心優しい寅は「俺がいたんじゃお嫁に行けぬ」と旅に出なければならないのだ。寅の逃避は愛恋の代償行為でもあるのだ。

さて、今日は宮英子。柊二没後、コスモスを主宰している歌人である。三鷹市在住のようだ。

 通夜の夜のひとりごころや棺の蓋あけて注ぎたる一掬の酒

初句2句「通夜の夜のひとりごころや」で切って、あとは「棺の蓋あけて注ぎたる一掬の酒」と一気に詠う。「ひとりごころ」と「一掬の酒」とが響き合い、体言止めだけに余計に悲哀がつのる。柊二との永訣の歌である。
柊二年譜によると、二人の結婚生活は42年間。「通夜の夜のひとりごころ」には切々たる思いが凝縮しているのであろう。いつか別れが来るのは絶対に確実なのだけれど、その時が実際に来ないとわからない「ひとりごころ」があるのである。

思えば、寅も「ひとりごころ」の持ち主であった。人を愛しても、愛することは相手に負担になるかもしれない、相手を傷つけるのかもしれない。そう考えて愛を打ち明けられずに寅は旅に出るのだ。そんな寅に観客は共感のエールを送って、映画は終わるのである。

※写真はspilt-milk  photoから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (39)

2006年9月11日 (月)

後場→機械受注統計下げ

こんな統計数字ぐらいでここまで下げるかなあ。Photo_111 Photo_112
SQ値も楽々突破して覆水盆に帰らず、ではなかった盆前の水準に戻ってしました。
アメリカに引き上げてもらうか。

平均単価15853×20枚のご外泊なーり。
本日終値15760。

機械受注統計発表前に若干の利あったが、統計発表/材料出尽くしで上げると甘い見通しを持ったのが今日の反省。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→新興系や仕手株の一角は“したたか”な面を見せています

| | コメント (0) | トラックバック (44)

前場→バント2本成功

安値を買って地合いを見つつ返済売り指値。Photo_110
相場の基本の練習になるし、日当も貰える。
こんなええことあってええん?

前場にもう一本と思ったけれど、欲望は自制するがよし。

| | コメント (0) | トラックバック (55)

今朝のちょっといい女

「アメリカ発大恐慌」では闘争心が湧かないので、ここは純子お姐さんに登場願おう。Photo_169
姐さん、火打ちをおねげえしやす。

※写真は流行歌懐古館・別館へようこそから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (117)

今日の買いポイント→15900

16000を挟んでの展開だろう。従って、15900を一応の参戦ポイントとして相場観察の所存。

ところで不撓不屈ナンピン魂にとって心配なのは5~7月のような急落。Photo_168
そこで、いったい何が急落原因だったかを振り返ってみると、日銀引き金説もあるけれど、巨視的に見れば矢張りドル不安が原因だったと見るべきだろう(藤巻説)
今週末は前回ドル安のきっかけになったG7開催。同様のドル安があり得るとは考えにくいが、円安悪者論議がなされる可能性がある。モーサテで円売りポジションが過去最高との話(藤戸)もあったので、為替動向には要注意。

13日から17日まで所要で外出/外泊予定。従ってオーバーナイトリスクは今週回避すべし。外泊はダメよ。

| | コメント (0) | トラックバック (68)

偽装請負とキヤノン

キヤノン株を所有していたときからずっと気になっていたので、この機会にネット検索したNewspaperasahi.com:キヤノン、偽装請負一掃へ 数百人を正社員に - 偽装請負を発見。キヤノンの姿勢を肯定的に報じている。山崎啓二郎・キヤノン人事本部長「モノづくりを優先するあまり、偽装請負が残ってしまった」がちょっと白々しいけれど。

以前、元日産社員から「現場に社員以外を入れるなんて昔は考えられなかった」と聞いた記憶あり。その元日産社員はリストラで日産を退社し、業務請負会社に再就職した人だ。現場での技能指導を任される立場だったが、まもなく業務請負会社も辞めてしまった。熱血漢のようにお見受けしたのだが。

※写真は日本製造アウトソーシング協会から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

田谷鋭

昨日の朝刊の雑誌広告、まず東洋経済は日本版ワーキングプア→シャープ亀山工場でPhoto_167 見た若年・外国人労働者の実態など。次に日経ビジネスはと見れば、外国人労働者「使い捨ての果て」こんな国では働けないなどとある。期せずして経済誌の巨人・阪神が格差問題、労働問題を採り上げている。政権交代期の現象なのか、はたまた両誌談合キャンペーンなのか、時間があれば図書館で見つけて読んでみよう。

デフレ脱却を織り込んで株価は上昇トレンドだけれども、このデフレ脱却はグローバリゼーションのお陰を蒙っている面もある(中国、インド等の経済離陸、円安・ドル高・ユーロ高)。
とすれば、若者の失業問題、外国人労働者問題などは先進国共通の現象として捉えるべきなのかもしれない。ニート、フリータは日本特有の問題ではないのだ。
小泉政権がサミット等において存在感はあったのかなかったのかはよく分からないけれど、大所高所(グローバル、歴史)から世界問題を論じた上で、したたかに国益を確保する能力と技量が次期宰相には必要だろう。安倍ちゃん、出来るかなあ?要は、人格(価値観)と教養(歴史文化の知識)の問題である。

さて、今日は田谷鋭。宮柊二の指導を受けた歌人とある。

 駅売りの牛乳買はずしてかたはらの水に口づけば心がなしも

牛乳を「ちち」と読ませて韻律を整え、3句「かたはらの」を4句「水に」かからせ結句「心がなしも」で締める。駅のホームには売店もあったけれど水飲み場もあった。一昔前の啄木調通勤風景である。

こんな時代があった。貧しさがあった。飽食の今、貧乏は姿を消したように見えるけれど視点を変えれば問題が地球化しただけのことかもしれない。日比首脳、経済連携協定に署名 看護士・介護福祉士初の「労働開国」というニュースもある。亀山で作るテレビをもっと売りたいのなら亀山工場に出稼ぎさせろ、ということである。国境は経済面からまず、消えて行く。無知な大衆の空虚な国家・民族意識とそれを煽りたい政治家が俺は不安でたまらない。

※写真は国内最大の液晶生産拠点「シャープ・亀山工場」訪問記から勝手拝借/感謝です。「パネル生産は、800人のシャープ社員が担当するが、テレビ生産に関しては、提携協力会社の社員が行い、1,800人が勤務している」と訪問記にあり。

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2006年9月10日 (日)

岡部桂一郎

俺はかねてから、人は三つの世界(世間、社会、魂)を生きている、と考えている。
これを今の俺に照らし合わせると以下のようになる。

世間→閉門蟄居中なので電車にも乗らず、付き合う人も町内の淡い付き合いのみ。そういえば今日は町内の草抜き。業後、世間話をしながらちょびっと飲む。
社会→新聞テレビで接するのみ。テレビもビデオで見てるのが殆どで、しかもその半分以上は音楽と映画。だから日経とテレ東とNHKのみが社会に開いた窓ということになる(サミシーイ)。これを基に日経225先物で勝負しているのが社会ということになる。
おっと忘れていた、ネット。株とブログが俺の社会的活動なのだ。
→いわずとしれた音楽。そして読書(ようやく感じかけたウィトゲンシュタインに持続的に挑む所存)。おお、ブログをウィトゲンシュタイン検索したら結構出てきた。まずは、標(しるべ)の道 - 市井の民に挨拶してみよう。Photo_166

さて、今日の歌人は岡部桂一郎。「戦後は所属結社などは無い一匹狼」の歌人だ。

 ひとり行く北品川の狭き路地ほうせんか咲き世の中の事

一応、3句で切れているのだろう。上の句「ひとり行く北品川の狭き路地」と下の句「ほうせんか咲き世の中の事」とが拮抗しつつ、滋味を醸し出している。草花に不案内なのだけれども、「ほうせんか」という文字面に哀歓を感じ、その哀歓が「世の中の事」と読者に向けて投げ出されているように思う。
いったい何をしにひとり「北品川の狭き路地」に行ったのだろう。北品川って京浜急行の駅があるんだな。JRの北は御殿山。それと対照的に「狭き路地」があるんだろう。路地にほうせんかが咲いているのが世間である。借金の取立てに行ったのだ、なんて空想すると面白い。まことに世間とは、金銭と愛憎の世界なり。

今日のBGMはグレン・グールド。グールドとウィトゲンシュタインって同一人物ではなかったか。

※写真は季節の花 300から規約に従って転載/感謝です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

バレエ「魔笛」

BS2放送のバレエ「魔笛」が凝った趣向の現代的演出で面白かった。テレビ画面の向こう側とこちら側とを登場人物たちが行き来するのである。それに、上演時間約50分と短時間で魔笛を楽しめるのも楽である。見逃した人は気の毒である。できることならビデオをアップしたいぐらいだが俺にはその能力が無い。Photo_165

ところでこの演出では、パパゲーノが貞操帯をはめられるのでビックリ。オトコの貞操帯って物理的に可能かなあ?ネット検索してみたけどそれらしきモノなし。形状を想像されよ。

※写真はゲームやさんが喜びそうな甲冑関連博物館  事典ドットコムから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (171)

サイト内検索が可能になりました

ブログパーツ.com -から持ってきたいパーツのテキストを貼り付けるのと若干の管理オペPhoto_3 で出来るやんかあ。簡単と宣伝になってしもうたがな。

ついでに天気予報も貼り付けました。目指せお客様満足!

| | コメント (0) | トラックバック (29)

ヤフー底打ち期待

なぶら投資帖  ヤフー(4689) 投資開始1で紹介されていたヤフー・ジャパンはなぜトップPhoto_164 を走り続けるのかを読んだ。出版元がソフトバンククリエイティブだから「よいしょ本」の匂いがしないでもないが、ヤフーの人間臭さがよくわかった。
すなわち、グーグルはクールな検索エンジン、ヤフーは知恵と汗で築き上げたポータルサイト+検索エンジンというように差異が説明できる(こんなん、みんな知っとることやろけど)。

ところで、ヤフー株低迷中、もうそろそろ底打ちかと待ち構えている。そろそろケータイがらみで材料も出るのではないか。あのiPodケータイはいったいどないなっとんや?

現在、昨年度末分割前に買った4株ホールド中(アホ買いやったなあ)。大企業病にかかりつつあるだろうヤフーが大企業病を跳ね返しておもろくて儲かる商売やってくれないかと思案中なのだけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (13)

思想=哲学+形而上学

灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなしで紹介されていた一哲学徒の苦難の道―Kozai1 丸山眞男対話篇1を図書館にリクエストして読んだ。マルクス主義哲学者古在由重さんとの対談で、 古在さんがマルクス主義に傾き活動し検挙され「転向」した経緯等を丸山さんが聞くという対談である。
一読、戦前の苦難の時代状況が彷彿とする対談ではあるが、古在さんがカント哲学からマルクス主義に移行された動機・理由がよく分からない。侵略戦争に抵抗しなければ、と止むに止まれぬ気持ち、ある意味で追い込まれて活動に入られたのではないかと読後、推量している。重い問題であるから俺ごときが云々することではないかもしれないが。

それはさておき、面白かったのは哲学と思想の関係について、古在さんがこんなことを言っている。
英米と日本では捉え方が違う、英米では「日常的な意味」をもっているが日本では逆。「哲学というと、非常に、なにか遠い、深いものである。思想といえば、なにか親子の思想が違うとか、うちの親父の思想が堅いとかいって、わりに通俗語で、普通のおじさん、おばさんの会話のなかにも思想というこの言葉は出てくる。しかし、哲学という言葉は絶対に出てこない」
なるほどなあ。この対談がなされたのは1966年、哲学がまだ講壇のもの、輸入物という時代だった。しかし、今では哲学も普通のおじさん、おばさんの会話にわりと出てくるんではないかなあ。

哲学は、the way of thinking すなわち思考の筋道。これに対して思想とは人生観、世界観すなわち形而上学。だから、思想=哲学+形而上学という方程式が成り立つのではないか。そして、思想に左右はあれど哲学には左右はないのではないか。合理的にものごとを考えようとする人々に哲学はコモンであるはずなのだ。

このあたり、今でもいらっしゃるマルクス主義哲学者はどう考えるのだろうか。あ、誰もいなくなったか。古在さんも晩年に共産党から除籍処分を食らったもんね。

※この対談の要約を定年後の読書ノートがまとめてらっしゃいます。多様性の海から個を中核にした左翼の再生を!なあんてカッコよすぎるかしら。
写真は有田芳生の今夜もほろ酔いから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「純粋理性批判」を理解してしもうた!?

「理性はどうしたって綱渡りです」からGスポットを引用・記録する。Photo_163

経験的知識はつねに不完全なもの、つねに答えられない問いを残したものとして私たちの前に立ち現れるのです。

ところが、

経験的な制約を無視して概念を用いるよう、私たちを誘惑する強い力があります。その誘惑に屈すると、カントの言葉で言えば、純粋な、経験の足かせを解かれた概念使用が姿を現すのです。

つまり、経験の不備を概念=理論で補おう、ドレッシングしようという訳だ。だから、

基礎的なカテゴリーを経験の制約なしに用いるとき、本当はそれをたんに世界を整合的に捉えるための道具として要求される構造というにすぎないのですが、あたかも私たちは世界それ自体の必然的な構造に出会っているかのような考えに囚われてしまうことがある、というのです。

そうなんだよな、ものごとの本質とか本性というものは、世界を整合的に捉えるための道具として要求される構造にすぎないのに、いつのまにか本質がご本尊になってしまい、世界それ自体の必然的な構造として振舞うようになる。これを、純粋理性の弁証的幻想とカントは名づけたのである。同様のことをウィトゲンシュタインは

ひとは、自分が執拗に追い求めているのはものごとの本性なのだと信じているが、ただわれわれがその本質をみるときに従う形式に沿って進んでいるにすぎない。

と述べている(哲学探究)。ああ、カントからウィトゲンシュタインへ。このような回路でつながっているのだった。

仕事の両輪は、現場と理論。理論なき現場は盲目だけれど現場なき理論は空虚なり。更には、現場なき理論は空虚のみならず危険がアブナイ。だから「そもそも論」には注意しよう。そもそも中国人は、とか、日本国の本質は、とか、言い出したら要注意である。
イデアが存在に先行する(プラトン)のではなく、実存が本質に先立つ(サルトル)のだから。

※画像はアヒル=ウサギです。アヒルでしょうか、ウサギでしょうか?
 FIFTH EDITION 客観性報道と21世紀の客観性の雑考から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (46)

来週も粗い値動きか

昨夜のナスダウ上げてるけれど、来週東京は一本調子で上げるという訳には行かないだろう。
アメリカは利上げ懸念、原油安→景気安定着陸期待、リセッション懸念との間を右往左往するだろうし、日本は個人が疑心暗鬼故に本格参戦せず先物主導が続くだろうから。Photo_162
ということは、業績好調の下、大幅下げもないだろうから不撓不屈のナンピン魂継続しても安心か。

しかしまあ、外泊するときはきっちり理由書を提出してママの許可を得ること。まだオトナになってないのだから純潔だけは守ろうね。

※画像はそれでも生きてていいですか?から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

加藤克己

「概念なき知覚は盲目である」という言葉がある。ものごとを知覚するためには知覚する側に知覚の対象に関しての一定の概念(俺のコトバでは脳内モデル)が必要、という意味だ。例えば、ある程度の会計知識、概念が無ければ経営者は日々発生する経営上の出来事を正しく認識し対処することが困難ということだ(BS、PLが読めなくても胡麻すりで出世できたのは昔のハナシ、多分)。
上の言葉との対句で「知覚なき概念は空虚である」という言葉がある。これは、知覚とか経験と切り離された概念は空虚すなわち理屈倒れで空回りするということだ。例えば、実務を知らないコンサルタントがいくら経営知識を振り回しても会社はよくならない、三現主義(現場で現物を現実に知る)というコトバがあるけれども、現場と遊離した経営は破綻するのである。

つまりは、経営に限らず人生森羅万象において知識(概念)と経験は車の両輪ということである。そして問題は、上の二点(概念なき知覚知覚なき概念)のうちいずれが危険かということになる。
思うに、これは知覚なき概念の方である。なぜなら、もともと人間には経験から学ぶ能力(例えば下手糞ナンピンで火傷したら反省するだろう、大抵は)があるから、概念なき知覚はいずれ概念が整備されて精々自損事故程度で終わるのが一般である。
これに対して、知覚なき概念はアブナイ。上滑りした理屈は伝染するのである。また理屈好きな人間は大抵、声が大きい(例えば売れない営業が何故売れなかったかを滔々と理屈付けて出世するという事例)。MBA蔓延って会社倒産するのである。大日本帝国を見よ(理屈好きで声が大きい秀才官僚・軍人が国を亡ぼした)、オウムを思え(ポアを理屈付け無差別テロを惹起した)。←以上、「理性はどうしたって綱渡りです」をネタに土曜日流に発展展開させた。もう少し書きたいことがあるが、別稿とする。Photo_161

さて、今日の歌人は加藤克己近藤芳美らと新歌人集団を起こし戦後歌壇に新風を起こしたモダニズムの代表的歌人である。

 核弾頭五万個秘めて藍色の天空に浮くわれらが地球

定型の韻を踏んだ上で、「核弾頭五万個」という破壊的詩句を「藍色の天空に浮く」と宙吊りにしたところがモダニズムであろう。そして「われらが地球」と体言止めにして読者に「おい、どうするんだよ」と問いかけている。
ほんと、どうするんだよ。米ソ冷戦は終焉したのに核は廃絶される気配は毛頭ない。それどころか核はビジネスのネタにされ技術が流通し、お隣の金王朝が得意のゆすりたかりの道具にしようとしている。人類絶滅の危機がいまここにあるのはずっと変わらないのだ。

核兵器を作り出したのは人間の理性である。しかし理性はかかる自殺的武器を廃棄することが出来ない。理性は、国益(イランも北朝鮮もイスラエルも核武装は国益である)の前に無力である。残念ながら、国益は人類益に優越するのである。国家という個人生存のための手段が目的(個)を疎外しているのである。

なに、核兵器があっても理性的に使用を抑制するから大丈夫だってえ。アホか、ボタンの押し間違えがあるやろ。ブッシュが発狂したらどないするねん。

※写真はhttp://leonmilan.lamost.org/astropic/earth.htmから拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 8日 (金)

後場→不屈のナンピン魂、勝利

成り行き/16110で返済売り。勝利!Photo_109

※大引けの燻製作りは温度が肝心→来週はミクシィなど5社のIPOが予定されています

| | コメント (2) | トラックバック (1)

前引け→後場上げる予感実感全感

引けにかけて買いが入り「力強く」戻した。Photo_108
日本男児の意気込みを見せよ、ヘッジファンドの陰謀に屈するな。
といっても誰にも届かぬ愛よ。

ちょろっとナンピンして計38枚、平均単価16,074円なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15922←MA200

これを今日は死守してもらわなくっちゃ。Photo_160
ダメだったら人生考え直すぞ、と無意味無駄な脅迫だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の景気づけ

なんや、シカゴめ。やったるぞ。Photo_159
男勝新太郎は行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

げげえ、ナスダウ下げてるぅ

ダウ75ドル安。CME15930(これは東京SQの様子見か)。げげえ、というほどのことでもないか。しかし世界同時安というのもあるしなあ。原油価格低落がマネーに異変を起こしたというのも考えられる。考え出したらキリがない。東京には東京の風が吹く、としておこう。Photo_107

ところでちょっと怖かったけれどヤフー掲示板に初投稿(きちんとメールアドレス確認まではやってることを知った)。市場の反応は画像参照←まあ、こんなものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山崎方代

昨日は俺の音楽遍歴(の一端)を書いたので今日は俺の恋愛遍歴を。Photo_158
なあんて思ったけれど、恋愛なんて柄ではないし、語るほどの遍歴も無い。
そこで、初恋の話をちょびっとだけ。

同級生で自転車屋の娘だった。ぽっちゃりした子で(このあたり好みは今も変わっていない)、意識したのは小学六年生のときだった。しかし、俺はシャイでなんにもアクションできなかった。中学、高校と同じ学校だったからチャンスはいくらでもあったのに。
そうそう、これに関連して乱闘の思い出がある。小学六年の放課後に俺たちは校庭で野球をやっていた。そこへ一級上の札付きの不良が数人連れでやって来て「俺に打たせろ」と割り込もうとした。俺は「なんやねん。おまえなんか入れてやれへんわい」とみんなを代表して拒否した。押し合いが続いたけど結局彼らは引き揚げた。よく勇気が出たもんだ、それに大したことでもないから打たせてやってもよかったのに。だけどそういう訳にはいかない。彼女が教室の窓から俺たちを眺めていたのだ。俺はええとこを見せたかったのである。
中学に進んだら不良が俺のクラスにお礼参りにやって来て乱闘になった。一対三だったかな。椅子を放り投げたりして揉み合いになった。怪我はしなかった記憶があるので負けはしなかったのだろう。俺の生涯で唯一の暴力行使だ。このとき彼女は現場にいないのでええとこを見せたかったのではない。
高校時代に俺が指揮してブラスバンドの夏休みコンサートを開いた。彼女は友達と一緒に聴きに来てくれた。俺と彼女は小学六年から高校卒業まで一度も口をきいていない。どうしてるかな。会えばどんな思い出話になるだろか。

さて、今日は山崎方代。ブログを検索してもわかるように(例えば「好きな歌を並べると限がありません」あるいは「弱いものに目をむけたやさしい歌が多い。ぐっとくる」)、人気がある歌人だ。

 一度だけ本当の恋がありまして南天の実が知っております

口語だけど57577の韻律はきちんと踏んである。「一度だけ」「本当の恋」で読者の興味を惹き、「南天の実」で平明でそれでいて卑俗に陥らない詩にしている。上手い歌である。南天を見るにつけこの歌を思い出す。そして時々は彼女を思い出し、本当の恋だったかどうか考える。
しかし、(因果な性分やなあ)種田山頭火とか尾崎放哉とかと同様にこの手の放浪系詩人には一種の「あざとさ」を感じてしまう。破滅的生き方に善良な小市民は嫉妬するからかもしれない。嫉妬のついでに、歌までもが虚構ではないかと疑ってしまう。

そんなことを思っていると、「真の嘘を書ける人だと思います」としているブログに出会った。なるほどそうか。山頭火も放哉も方代も真の嘘を求めて放浪したのかもしれない。
真実は虚実皮膜の間にあり。(確か近松だっなあと思って検索→「絵空事」といって、その像を描くにも、また木に刻むにも、本当の姿に似せる中に、また大まかなところもあるというのが、結局、人の愛するものとなるわけである。を発見)。

「我々は世界について語っているのではない。実は世界のモデル(摸像)について語っているにすぎない。俺はおまえを理解し愛しているつもりだけれど実はおまえについて俺の脳内に形成されたモデルを理解し愛しているのだ」と俺も世界的微小カント入門で書いていた。
そうか、俺は俺の脳内の彼女に恋していたのだ。なにせひとことも話していないのだから。

※画像はグーテンベルク21から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2006年9月 7日 (木)

後場→結局33枚(不屈のナンピン魂)

平均単価16,107円となる。Photo_106
さて、明日は目指せ16200円。

225日足で、アイランドリバーサルとかいう現象で高値の離れ小島が出来ている。
相場転換を示す不吉なシルシなあんだって。

※今日は祇園精舎をリンク→今日の相場雑感・・・SQ前のふるい落とし相場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省!

メージャーSQの前数日は絶対に外泊しないこと。Photo_157
理由の如何を問わず。

※画像は高崎山の小猿達から勝手借用/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

前引け→ナンピン5枚×2

一発目は買い方の波を誤信←反省すべし。Photo_105
結局、12月物25枚を平均単価16,166円で買い建て中。

前場はまあこんなものだろう。後場の買い方、期待。
そうそう、昨日の夕刊を見ていたら「日電産、続落」とあり、チャートを見た上で即成り行き購入。今から朝刊を読む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

属国日本の歌

 アメリカの労働統計発表で下げる株なり属国日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極道の妻たち

高島礼子もいいけれど(ちょっといい女)、極妻はやっぱり志麻姐御。Photo_156

姐御、相場に向けて一本、景気づけをお頼み申しやす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボク、ビョーキになりそう

アメリカの下げは、インフレ懸念再浮上(労働コスト上昇、景気拡大認識のベージュブック)が理由のようだ。インテルの1万人リストラにも起因しているようだけれど。Photo_104
とすると、これは一過性の相場の綾(上げるためには下げねばならぬ)と見るべきだろう。原油も下がっているし、シェブロンが凄い油田を掘り当てたし。
だから、今日は(昨日引け間際で買い損ねた)先物1枚(手数料がミニの半分であることを昨日ようやく発見)を安値(目標16000)で拾おう。Photo_155

しかしまあ、これで今日は明日のSQを前にして買い方売り方激突やね。観戦してるだけ でもオモロイ。更には、1枚買ってもまだ下げるのならばナンピンしたろ。俺はナンピン@土曜日だ。ああ、ボク、ビョーキになりそう。

※画像は理想書店から拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

あわわCME16120

ナスダウも相当下げてるし。困った。せっかく俺が強気で外泊したのになんで俺の言Photo_154うこと を誰も聞けへんのや。俺は世界の中心やぞ、アホタレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生外相の不敬発言

男児ご出産で皇室典範改正先送りムード蔓延のようだが、外相のこの発言は許せPhoto_153ない。世が世であったならば不敬罪で監獄送りにするべきだ。
「良いニュースだ。皇室典範改正は少なくとも今から四十年先の話だろう」

いったい何を考えとるんや、このオッサンは。四十年とは、畏れ多くも皇太子殿下、秋篠宮殿下の寿命を計算しての発言やろ。殿下の死を計算して発言するなど、断じて許せぬ。
それに、この発言は畏れ多くも今回ご誕生なされた男児様のことを毛頭考えていないことも見逃せない。あと十数年もすれば多感な思春期をお迎えになり、ご自身が同世代唯一の皇位継承者であるという重い運命に愕然とされることなど全然考えようともしていない。雅子さまの悲劇があるというのに、ご兄弟も無く(もうお生まれにならないだろう)皇位継承辞退の自由も認められない方がどのような生涯の伴侶と出会い幸福な家庭を営めるのであろうか。

麻生外相以下多くの国民は皇室をペットとしか考えていない。ペットが不適切であるならば、国民統合の手段としてしか皇室の方々を捉えていない。どんな方にも人間にも自己意思で自分の平和で自由な生活を決定する権利(自然権)がある。
仮に百歩譲って、皇室の方には退位とか辞退について一般人とは異なる制約を許容せざるを得ないとしても、唯一の皇位継承者として何十年も「幽閉」することは臣下としてあるまじきことではないか。
従って、皇位継承のバックアップ手段として女性宮家を継続する手段をいまのうちに講ずべく、この点だけでも皇室典範を改正するべきである。女性宮家が残れば、女系天皇の是非についてはそれこそ慎重に議論すればいいのである。今のままでは女性の宮は結婚すれば皆様、臣下に下られ宮家はあと十年もすれば秋篠宮以外断絶という事態に陥るのだから。

カント曰く、全ての人はその目的である。手段ではない。この点で天皇制には既に無理があると俺は思う。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

近藤芳美

音楽との出会いを振り返ってみる。
俺の音楽体験の黎明は祖父に連れられていやいや聞いた浪花節。全く面白くなかったことを覚えている。
次に覚えているのは、「歌のない歌謡曲」というラジオ番組(あ、今でもあるやんか)。これが器楽に興味を持ったきっかけかもしれんな。
そして中学でブラスバンドに入部。技術は下手糞やったけど高校時代も続けて遂には部長・指揮者にのぼりつめるのであった。体が大きいもので与えられた楽器はバス、高校では面白くないバスを蹴っ飛ばしてトロンボーンをエゴで勝ち取った。この頃にジャズと出会う。アート・ブレイキーのサン・ジェルマンでのモーニン。痺れた。Photo_152

こうした中で高2のときだっか、クラシック・ショックがやってきた。ショスタコーヴィッチの第五交響曲(ロジンスキー演奏だった確か)。第一楽章の出だしでガーン。思春期のアカかぶれ→ソヴィエト幻想も影響していたのかもしれないけれど、世の中にはこんな凄い曲があるのかと思った。反共に転じた今でもこの曲は20世紀屈指の名曲と思う。特に第三楽章の弦の奏でる悲哀は胸に迫る。そうそうちなみに、この曲の終楽章がかの長寿ドラマ「部長刑事」のタイトルに使われたので、聞けば、ああ、あの曲かと分かる人も多いだろう。

さて、今日の歌人は近藤芳美(この六月に他界された)。「未来」を主宰し岡井隆などの師匠筋にあたる歌人である。

 たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき

初句「たちまちに」立ち上がり3句「霧とざし」で切れて、下の句「或る楽章をわれは思ひき」に転じて音楽的余韻を残して終わる。霧がロマンチックで、「或る楽章」はなんだろう、多分シベリウス、「カレリア組曲」とか「悲しいワルツ」ではないかと感じてしまう一首である。映画「逢びき」で使われたラフマニノフでもいいな。
ところがネット検索して、かわうそ亭 或る最終楽章に出会ってこの歌が敗戦前に近藤が二度目の応召された際の妻との別れの歌であったことを知る。とするとこの歌はロマンチックなばかりではない。戦争が男女を引き裂く「霧」として浮かび上がってくる。「或る楽章」もベートベン第三交響曲の葬送行進曲かもしれぬなあと思ったりする。

しかしまあ、作品は作者からも当時の時代状況からも独立して味わうべきものである。日本軍国主義国家が崩壊してもソ連が消滅しても、歌は残り音楽は永遠に聴かれるのである。それが言語及び音楽の抽象性(普遍=神)のもたらす果実である。

 音楽と出会ひしことは豊穣の神の恵みと目を瞑り居り

※画像は名盤紀行から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 6日 (水)

後場→2連勝+外泊

安値を拾えて2連勝。Photo_103
そして、上げの波だと思って成り行き飛び乗り、しかしそこから下落。ええい、今夜のNY上げると信じてナンピン。結果12月物15枚平均単価16250で外泊となりにけり。

今日が適当なお湿りとなって明日は上げて明後日のSQという見通しなのだけれど。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→新日鉄にも“出尽くし”意識の動きが見られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前引け/小動き

一瞬、16400にタッチしたがその後だらだらと下げ。ノー・トレード。Photo_102
このあたりで一度しっかり下げた方がよいのではないかと希望的観測。
16280あたりを参戦ポイントとして午後も状況注視。

みんなが「おめでとうございます」と言うのに、合わせたくない気分になってしまう俺は非国民天邪鬼か。06259_hikokumin 全チャネル慶祝番組放送中。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

ドイツ証券武者さん

モーサテに武者さんが登場。弱気から強気に転換した(と世間が見ている)と訊かれて
「高い企業利益と低い金利とが共存するフレームが続く」と答えていた。
うのっちよりは真っ当に見える。しかし、なんでやねんとの疑問には答えていないと思う。

要するに、デフレの十年が過ぎてその間に企業は内部留保をしこたま蓄えたということか?

| | コメント (2) | トラックバック (52)

隔靴掻痒の宇野大介氏

今日のモーサテはミスター・ベア「うのっち」。Photo_151
景気は決してよくないと「収入増にも関わらず消費性向低下」を挙げて言っていたけれど、なぜそうなのかについては全く触れない。
先日は景気サイクル論を挙げていたように記憶しているが、弱気見通しの基本的根拠が不明なのだ。ミスター・ベアで売り出そうという目論見だろうけれど、もうちょっと本質論(らしくてもいいから)を繰り出さないとブレークしないぞ。

仁侠映画スターの顔を拝まないと相場に向かうファイトが出なくなってしまった。今日は「傷だけの人生」鶴田浩二。しまった、クライなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴久子姫

クラシック倶楽部 -ショパンを19世紀サロンの響きで-を聴いた。Photo_150
中でも、フォルテピアノによる「ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11ドイツ初版に基づく弦楽五重奏による」ショパン作曲がよかった。
小倉貴久子
がスイングしながら微笑しつつ弾いている姿がいい。どんな人かと思いネット検索すると貴久子姫なんて呼ぶ追っかけもいるようだ。古楽器なんて辛気臭いとは思うけれども、ちょっと辛抱すると味が出るものだ。ほんにおまえはするめのようだ。

※写真はMECENAS OFFICIAL WEB -アーティスト 小倉 貴久子-から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CME16345

アメリカは微上昇。先物は昨日の大証終値16410から下げた格好。Photo_149
しかし強い。強くて眩暈がするほど強い。今日(みんなが思っているように)男子ご出生だと更に上げるのだろうか。
昨日、SQまで先物ホールドする考えもありと書いたけれど、眩暈がするので出来なかった。売り方が荒らした後を落穂拾いするのがやっぱ、手堅く思えるのである。
だから今日も売り方期待。分かれ目は午前だな。女子ご出生だとどうなる?

SBIは225採用ならず(昨日、1部昇格なんて呆け書いてもた)。しかし株価には大した影響ないだろう。北尾さんが裸の王様やってるんじゃないかと一抹不安あり。だから早めに処分するためのナンピンでもあったのだが。

※写真は宮内庁から拝借。皇太子に家庭の幸福を、退位の自由を!

| | コメント (0) | トラックバック (19)

高安国世

人生の黄金期は、と聞かれたら(若干の躊躇いの後に)思春期と答えるだろう。人生とは?とか、理想とは?とか、真実とは?とかについて思い悩みつつ、友人たちと遊び議論した黄金の時代であった(具体的なことは全て忘れたけれど)と記憶している。若干の躊躇は性欲、天も貫く我が性欲を如何にせむと苦しんだことがあるからだ。
あれから四十余年、時の経過は夢のようでもあるし、一日一日を生きてきたのだから夢とは言えないなあと、馬齢を重ねたことを忸怩と思うこともある。

そういえば、一昨日のカンブリア宮殿に朝青龍登場。目標なくして人生なし。大きな目標と同時に、目の前の小さな目標を着実に達成することが重要と言っていたなあ。小池栄子(ちょっといい女)が同い年として尊敬できる人と言っていたけれど、三十歳以上の年長者はなんて表現すればいいんだァ。目標も理想も持たず生き生きて還暦間近スイングを聴くPeterson →オスカー・ピーターソン大好き。

さて、今日は高安国世。大阪は道修町のお医者さんの三男でドイツ文学者・京都大学教授である。

 かきくらし雪ふりしきり降りしづみ我は真実を生きたかりけり

初句、2句、3句と畳み込むような声調の後に切れて下の句「我は真実を生きたかりけり」が直截に詠嘆する。「真実」は「まこと」と読めばぴったり7音に納まるが、「しんじつ」と読ませて字余りにしてもいい感覚がある。
戻って初句「かきくらし」の「かき」は「掻き抱く」の「掻き」で「動詞に付けて、語勢を強める」と短歌用語辞典にあった。
掻き暮らしつつ居れば、雪は降りしきり降り沈む。そんな夜につくづく真実を生きたいと思う、と(具体的な状況はわからねど)読者の共感を誘う詠嘆の歌である。

作者が主宰した塔短歌会の発足のことば(1954)には「広く豊かな心を養って、僕たちはこの困難な時期に、生活に光と力をあらしめたい。また僕たちの短歌が、常に真実を見ぬく力と、虚飾ない美の感覚を喚起することを疑わない。」とある。日本がまだ貧しく「平和と民主主義」という言葉が光を放っていた時代である。

あの頃、俺は真実を生きたかった。その後馬齢を重ねて、真実は<今ここ>にあると強弁するだろうなあ、多分。

 生き急ぐ歳にはあらず通勤の各駅停車哲学史読む

※画像はつきねの落書きですから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月 5日 (火)

大引け/また尻尾逃がし

値動きを見ていたら弱気が出て、16325で返済売り注文。Photo_101
そのうちにどんと買いが出て、慌てて訂正しようとしたけれど間に合わず。
いいや、日当が出たのだから。尻尾は誰かにあげるとエエカッコウ。

今夜のNY上げるのではないかと外泊気分あれども押し止めた。
明日は明日の風が吹くとここもエエカッコウ。

現物、気分のままにSBI成り行き10株購入。1部昇格祝い、かつ、早めに資金回収したきナンピン気分もあり。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→PERから、1万8000円も可能との見方が出ています

| | コメント (0) | トラックバック (176)

前引け→ナンピンはしたけれど

前場は売り方優勢。Photo_100
16340を返済ポイントと見定めているが届かず。

結果論的反省:昨日、利が乗った時点で欲を出して高値指し→出来ず。
目の前の果実食うべし食わざればカラスがかじりアホーと鳴くぞ

| | コメント (0) | トラックバック (38)

ストボに質問してみよう

朝Walkしながら考えた。そうだ、ストボに質問してみよう。

おはようございます。メージャーSQについて質問です。
昨日ミニ先(12月物)を平均単価16343で買い建てたのですが、オプションは500円単位ですから昨日の上げによって金曜日のSQは16500をめぐる攻防になると考えていいでしょうか。Photo_148
私は、先週末の米雇用統計発表で買い方の勝利は決定的になったとみています。ですから、SQも買い方の勝利、すなわち16500越えで終わると思っています。ということは、ここは強気でSQまで建て玉をホールドしようかと考えます。
買い方の勝利か否かは別にして、上のような考え方はあり得るでしょうか。ご教授下さい。

ということで、今日明日の押し目でナンピンするつもり。計30枚でSQ勝負!

※あ、市場スケジュールも確認しなくっちゃ→大した予定はなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (87)

宮柊二

※以下はだいぶ以前(安倍政権成立時)の記事ですが、「個人が目的、国家は手段」という私の価値観表明と反戦短歌傑作の紹介をしたくて、トラックバックに流させて頂きます(2007.1.24)。

今日のマクラは政治話。以前、小泉政権の総括をしたけれども、まずは小泉首相の名言集から。自民党をぶっ壊す、改革なくして成長なし、官から民へ、そして、人生いろいろ。

これを価値観の対立軸(国家vs個人)に照らしてみると、そんなに右(国家)寄りの発言はしていない。改憲についても積極的な発言はなかったと記憶しているし、「人生いろいろ」などは(年金未納で追い詰められた際の発言としても)個人の自由の立場に立っていると見ることができる。靖国問題でも(政教分離という憲法問題をすり抜けようとするずるさは別にして)信仰は個人の問題という意味の発言を繰り返している。

こんな風に極端な国家主義を振りかざさず、個人の自由の立場に立つ姿勢が国民の心を掴んだ所以であろう。権謀術数策謀家であり、たいした理念もない政治家ではあるが、国民とずれていないのである。
これに対して次期首相ほぼ確定の安倍ちゃんはどうか。改憲と教育改革を重要課題とする政策を発表したけれど、なんか国民の感覚とずれていないだろうか。
国民は自分の生活と自由と平和を第一に欲している。国家主義を主張するのなら、国民の生活・自由・平和を守るために、改憲とか教育改革がどうして必要なのかを説明しなければならない。彼の掲げる国家主義が上滑りする危険性を否定できないのである。Photo_99

首相選びの基本は首相候補の価値観点検に拠るべきである。政策は優先順位の問題にすぎないし、ある部分優秀な官僚に任せて差し支えない。そんなことより、国家と国民の運命を左右する問題(平和か戦争か、個人か国家か、自由か平等か)について首相がいかなる価値観に基づいてどんな決断をするかが重要である。個人が目的、国家は手段であり、首相は国民の僕(公務員)であることを英明な国民各位に忘れないで欲しい。マスメディアのばらまくノイズに惑わされずに。多数派によって俺の生活・自由・平和を乱されたくないのだから。

さて、今日は宮柊二。白秋に師事しコスモスを創刊し「作品によってみずからの生を証明したい」と主張した歌人である。

 ひきよせて寄り添ふごとく刺ししかば声も立てなくくづをれて伏す

この歌を前にして声も出ない。戦争・戦闘はかかる現実のことである。上句「ひきよせて寄り添ふごとく刺ししかば」がリアルな行為を即物的に描写し、下句「声も立てなくくづをれて伏す」に粛然とする。作者はかかる経験を現実にしたのである(従軍記録参照)。
戦争は人を被害者にするのみならず加害者にもする。殺らなければ殺にれるという状況もあるけれど、敵に向かって弾を撃たなければ後ろから撃たれるということもある。

人間は生きていくために社会を作る。
そして国家を作る。
すなわち人間の知恵。
だが、人間が集団をつくり、個人が我を忘れるとき、
しばしば狂気をはらむ。

日本国内閣総理大臣とはかかる国家の指導者であり自衛隊(陸海空軍隊)最高指揮官である。国家は必要悪という価値観を持った人間を選びたい。

 

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年9月 4日 (月)

辛抱できず参戦→外泊

後場、下げをみたところで12月物で参戦。Photo_98
返済は2チック高い指値だったためできず。
今夜アメリカは無いから気安く外泊してみたけれど…。

※大引けの燻製作りは温度が肝心→株はなんでも知っている?

| | コメント (0) | トラックバック (42)

前引け→今日もノー・トレード

16350を割れば参戦検討。Photo_97
相場は辛抱。二三日で雰囲気ががらっと変わるのだから。
しかし今週は強そうだなあ。アメリカ以外に下げる要素が見当たらない。
あ、思い出した。金曜日は北朝鮮の建国記念日。そろそろ断末魔か。

| | コメント (0) | トラックバック (32)

寄付きから窓を開けて大幅高

5/16の水準に戻した。Photo_96
戻してみると、5~7月の下げはいったいなんやったんや、と虚しく思える。

| | コメント (0) | トラックバック (62)

カイケンしんちゃん

なんでいきなり改憲なんて言い出したのかなあ、しんちゃん。Photo_147
「米百俵」などと大向こうを唸らせるような渋い芸から始めるのが手筋だと思うけれど。
それとも、抵抗勢力を浮き立たせようとする臭い技か。

純ちゃんの若き日の自己紹介技は「純情の純、一発の一、女郎の郎」だったそうだ。
純ちゃんの方が華があるのだ。

※漫画は「ぬぬぬ?」から勝手転載/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (218)

ご出産ウィーク

今週はメジャーSQ。それから水曜午前にご出産。CME16195で引けてるから、かなりの上げも予想される。一方、あの停電急騰で始まった上げ相場の不可解、胡散臭さも気になる。
こういう時こそ高値を掴まぬように慎重に。慎重慎重ぐらいでおっちょこ俺は丁Photo_146度いい。

そこで、今日のシナリオ。16200越えもあるかもしれないが、売り方も黙ってはいないだろう。16100割れを一応の参戦ポイントとして板を見続けよう。

 売り方が崩した後の安値狙いハイエナならぬハゲタカになれ

それから現物。SBIのナンピン考慮中。

| | コメント (0) | トラックバック (41)

斎藤史

鏡像反転の謎という問題がある(そうだ)。鏡に映る自分の像が左右反転している理由は何か、左右は反転するのに何故上下は反転しないかという問題である。加地大介「なぜ私たちは過去へ行けないのか―ほんとうの哲学入門」を読んでいて出会った。226
なるほど、左右と上下と何故異なるのか、言われてみれば不思議に思う。
他方、鏡像に自分の身体をくっつければぴったりとくっつくのだから、なんにも問題ではないじゃんとも思う。
そうか、この謎は鏡の向こう側にいる自分を想定して左右が逆転し、上下は逆転しないことを問題にしているのだな、と思いつつ読んでいたらマーティン・ガードナー「自然界における左と右」からの記述引用部分に出くわした。
「数学的に厳密な言い方をすれば、鏡は左右を逆転してはいない。本当は前後を逆転しているのである!」
そうそうこれでいいのだ。鏡は鏡面を境にして前後を逆転している。自分が北を向いていれば鏡の中の自分は反対方向→南を向いている。だから事態は前後の逆転なのだ。
しかし、あれえ。鏡の中の自分というものを考えた途端にやっぱり左右が逆転しているなあ。これは前後の逆転だけではないぞ。

てなことでハナシがヤヤコシクなってしまうので閑話休題。今日の歌人はスーパースター斎藤史である。

 死の側より照明せばことにかがやきてひたくれなゐの生ならずやも

初句「死の側(がわ)より」6音が唐突に始まり、2句「照明(てら)せばことに」3句「かがやきて」の句割れ・句跨りがこの歌のGスポット4句「ひたくれなゐの」を引き出す。死の側よりの照明→ひたくれなゐという見事な構図が彫塑されて、結句「生ならずやも」という詠嘆が読者に同意を求めるのである。
歌の背景に作者の二・二六事件の哀切な記憶(幼友達が事件首謀者として銃殺された)を求めてもいいが、そんな具象を離れてこの歌は生を美しく抽象化・普遍化していると思う。死者という鏡に映せば、人生はひたくれなゐであるという発見だけで十分なのだ。

鏡の向こう側に鏡の中の自分を想定すると左右反転の謎が発生する。これに対して死の向こう側に死している自分を想定することは不可能だと俺は思う。死は絶対に無であるからである。
しかし、死は無であるけれども死者の記憶は生きている限り消えない。すなわち、時は流れない。だから、過去はどこへ「行った」のでもない。「もはやない」ものとして<今ここ>にあるのであり、死者は私と共に今ここに生きているのである。

こうして我々は鏡の向こう側にも死の向こう側にも行けない。ひたくれなゐとして今ここにいるしかないのだ。

「斎藤史」で検索したら唐津の旅館女将の「浜辺を少女のように喜んで歩きまわられた」という思い出と、みの虫さんの短歌との出会いに遭遇した。人それぞれにひたくれなゐはあり、だからこそ人生はかけがえがないと思う。

 深く息つきつつ思ふ生き居れば呼吸でさへも快楽なりと

※写真は田村のホームページですから転載/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年9月 3日 (日)

改行テスト

改行

シフト改行
OKかな?

念のためも一度改行

うまく行っていたら、ストボからのコピペの所為だろう。HTMLをコピペしているのだから不具合があってもしようがないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤佐太郎

この「一人一首」、自分の歌の勉強のために始めた。なんで今頃、歌の勉強かというと、この春に相場を本格的に始めてから俺の中で作歌が復活したからである。このあたりの事情を以前、ストボに「歌、甦る」として投稿したものからコピペする。

金曜の後場、初デイトレ成功。銘柄は6302さわかみ銘柄である。

  数分で五千円儲け デイトレの
     味をほのかに知りそめにけり

実は、元ヘボアマ歌人である。
95年に見よう見まねで作った歌を日経に投稿し、掲載されたのが病みつきになった。

  仕事とはもの作ることの喜びぞ
     流れ流されるな「秀才」の君

以来、五年で49作が採用され、朝日歌壇にも一首採ってもらった。
  リストラの風は冷たしこの宵は二合の酒に酔ひて眠らむ
しかし
  我が歌の泉は涸れて凡作を転がし遊ぶ夏の夕暮れ
状態になり遂には作歌を放棄していた。

ところがここに来て
  株始め 歌よみがえる面白さ 人生の後場ジリ安でよし
となりつつある次第だ。
これもストボ及び皆様のお陰です。感謝しています。

さて、今回のリセット相場は結局は日本株高値感大調整ではなかったか。とすれば、一段高のためには業績大幅向上等の大材料が必要。本格反転はゼロ金利解除後と読む。

以上、エラソーに自慢している。しかし自慢はしたものの、実は見よう見まねは変わらず、基礎が出来ていない。ブログのネタにもなるのだから「一人一首」(パソコン通信時代にも経験あり。今回はハイパーテキストの利点を利用)をやってみようとなった次第である。Photo_145
さて、今日の歌人は佐藤佐太郎。アララギから出て結社「歩道」を始めた人だ。
 冬山の青岸渡寺の庭にいでて風にかたむく那智の滝みゆ
初句、2句と「の」を続け3句「庭にいでて」字余りはあまり気にならず、4句「風にかたむく」が発見の詩句。読者は滝が「風にかたむく」との表現で驚いた後に、なるほどそういうこともあるかと納得する。冬のよく晴れた風の強い日であろう。青岸渡寺という寺の名前もよい。寒い青空を連想させる。
自然詠の傑作である。昨日、自然詠を作るためには、確かな眼とやわらかな心と豊富な詩句の抽斗が必要、との発見を俺は得たが、当然ながらそのどれもが備わっていてこのような歌が作れる。ああ、俺には自然詠は(当分、多分死ぬまで)出来ぬなあと溜息である。
しかし(見よう見まねヘボアマがこんなことを言っていいのだろうかと思いつつ言ってしまうアホ)、面白くない。余りに美しすぎる。というよりは人間臭が消えてしまっている。やっぱり俺は茂吉の方がいい。人間の臭みがあって面白く、さらには「あはれ」を感じる。たとえば、「大根の葉にふる時雨」の歌などは人生の哀歓を尽くしていると思うのである。
とはいえ、自然は人間、人生の基礎である。だから、自然詠の修練は人生を歌うためにも必要。その点、「歩道」のホームページは「作歌上の注意」など、充実している。折に触れて勉強したい。
相場も歌も(ひょっとして人生も)全て勉強。勉強あるのみである。
 二十年資本に仕え覚えたり全ては仕事全ては遊び
※写真はやま桃ギャラリーから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

響きの当てる場所

声楽にはそういう場所があるそうだ。Photo_1
よく分からないけれど分かるような気もする。
そんなついでにえいやっ、画像を無断転載してしまおう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トカレフ

といっても拳銃ではない。ロシアのピアニストである。白皙の貴公子というべきか。Photo_143
ワルトシュタイン、くるみ割り人形など繰り返し聴けばするめのごとく味が出る。
マスキュリンと表現していらっしゃるブログもあった。Photo_144

なんでロシアには素晴らしいピアニストが絶えず出てくるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

安倍政権に断固反対!

国家vs個人、自由vs平等を対立軸にして、こんなんつくってみました。画像をクリックして拡大した上でご覧下さい。Photo_95
改憲や教育改革を掲げる国家主義者安倍晋三政権に断固反対します。

共産党、公明党はアホ臭いので無視です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっといい女

クラシック倶楽部 -腰越満美・佐々木典子・澤畑恵美 3人の夕べで見つけたちょっといい女、腰越満美。まず名前がええやんか(→これ以上は止めておこう。ビョーキと思われるから)。東京コンセルヴァトワール尚美ディプロマコース修了とのことである。Photo_142

ミュージカル“ウエスト・サイド・ストーリー”から     
            “サムホエアー”」バーンスタイン作曲
                      ソンドハイム作詞
「ムーン・リバー」              マンシーニ作曲
                        マーサー作詞
「歌劇“アドリアーナ・ルクヴルール”から          
      “わたしは神のいやしいしもべです”」チレーア作曲

以上、HDDに恒久保存した。ちなみに、ピアノ河原忠之が太っちょ(失礼)で素敵な伴奏を付けていた。

※写真は二期会から勝手拝借/感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (1429)

紳士は金髪がお好き

催してしまったので、まず、ブログを探したけれど、適切なもの発見できず。WEBに手を広げてMarilyn Monroe マリリン・モンローに遭遇。Photo_2
写真はジェーン・ラッセルとのデカパイ(嗚呼、書いちゃった)ツーショット。マリリン・モンローから借用/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窪田章一郎

昨日はノー・トレード。まだ相場は弱いと見て参戦するならある程度下げてからと(俺にしては)控えめな態度を貫いたためであった。さっき、アメリカの相場を見ると大幅上昇。CME(シカゴ取引所の日経平均先物)も16210と上値を示している(大抵、このCME通りに翌日の日本の相場が寄せるから面白い。その忠実度は小泉政権以上である)。
雇用統計が市場期待通りの数字であって、もうインフレ懸念は払拭、利上げは無い、心配はリセッションだけどその不安が出れば利下げすればいいという市場心理が支配してのアメリカ上げだったのだろう、多分。ああ、買っとけばよかった、と後悔はしない。宵越しのリスクは持たず、が博打場デイトレの美意識一般であるから。Photo_141

ところで俺は、何故かくも相場に溺れてしまったか。
(答1)銭ゲバだから(2)博打好きだから(3)他にすることがないから(4)自分を試してみたいから。ふふ、以上の全てが理由かもしれぬ。

さて、今日は窪田章一郎。空穂の長男であり、「民衆詩としての短歌」を進める「まひる野」を創刊した歌人である。西行の研究者としても名高いようで、今回ネット検索して出会った辻野武彦さんのHPにその紹介がある。

 冬の虹さやかに太し潮けぶる紀伊水道の沖のただなか

2句切れの正統な声調。「さやかに太し」がこの歌の言い回し(措辞)のポイントであり、詩の中核となっている。「さやか」は「清か」であり「太し」と連合することにより、冬の虹に(言われてみれば)ぴったりの美しい形容となっている。後は、「潮けぶる」を言葉の抽斗から探し出して「紀伊水道の沖のただなか」と一気に体言止めとなるのである。
これは自然詠のお手本のような作品である。自然を確実に看取する眼と、感じ取る柔軟な心と、的確に表現する言葉(そしてその抽斗)があって成立する歌だ。清かに太く生きたい心がそこにはあり、潮けぶる中で詠嘆しているのである。

ところで、詠嘆と言えば西行の歌。

 をしむともをしまれぬべきこのよかは身をすててこそ身をばたすけめ

辻野さんは、この歌は西行の作ではないとする説を紹介されているがそれはともかく、俺はこの歌が気に入っている。誰に惜しまれるような俺ではないが、「身をすててこそ身をばたすけめ」に感じるのである。無欲は大欲。欲を捨ててこそ見える世界もあるのではないかと、日々相場を見ているワタシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

後場もノートレード、手が出ず

今日の安値ではよう買わん。俺に度胸が無いせいではないと思うけど。Photo_94
とにかくもまあ、現物の含み損が減ったことを慶賀とすべきであろう。

さて、月曜はアメリカはお休み。先物が暴れる日やもしれぬ。

ストボがトラブルで音声無し→代わりにユーミン聴いたり、松永貴志を取り込んだりしてた。

※株式祇園精舎さんはしばらく休養です。ゆっくりお休み下さい。
 代わりにといってはなんですが、燻製作りは温度が肝心さんにリンクします→日経平均は1万6134円・▼6円 先物は▼40円

| | コメント (0) | トラックバック (85)

前場→ノートレード

思ったほど下げない。従って出番なし。売り方も昨日売って今朝一番で買い戻しで利を得Photo_93 ただろうから、積極的に売って来ないのかもしれない。今夜の米雇用統計待ちで様子見か。ちょっと早めに図書館に行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天、最良の反撃策は

まだ昨日の夕刊も読んでない。ここんところ真面目に朝Walkをやってるから。
3時台に起床→一人一首執筆(今日のオチは我ながら良好/誰も誉めてくれなさそうだから自分で誉めておく)→その他ブログ執筆→音楽鑑賞(これが息抜き)→朝食/ズームイン4ch→朝Walk30分→モーサテ(今日の標語は買いたい弱気)/阪神応援ブログ投稿/株ブログ逍遥→WBS/本稿作成。ということで新聞読む時間が無い。

ところで、株ブログで三木谷記者会見催促意見を散見。そうだよなあ、紙1枚の名誉毀損で告訴するぞぉ、では反撃にならぬよな。夜中でもいいから会見すべきだ、と俺はナンピン萎縮モードになる。Photo_140

さて、今日の買いポイントは15900~15850としよう。昨日の上げは月末ドレッシングだやっぱり。だから今日は下げる。下げたら引きつけて引きつけて買い。健さんは我慢に我慢した最後に殴りこみをかけたのであった。

※写真はタマキのナンヤラカンヤラ バックナンバー2004年2月 玉木正之公式WEBサイト『カメラータ・ディ・タマキ』から拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (42)

独走待ったトラ逆襲

残り28試合で7ゲーム差。不可能なことではない。Photo_139
強引冒険下手糞ナンピンで買った試しも直近にあるのだから。

写真はデイリースポーツonlineからおさむの逆転一発、拝借/感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (64)

アメリカよ、美しく年をとれ

リベラルだったアメリカ大好きな猿谷要「アメリカよ、美しく年をとれ」を読了。Photo_138
重要な数字だけを以下に抜書きしておく。

・アメリカの人口構成中、ラティーノ(中南米系)は既に14.2%に到達。今後も増加。
・国防支出は当然世界一→4049億ドル。2位ロシアから14位のイスラエルの合計3979億ドルを上回る。ちなみに日本は5位。

そして、「対テロ戦争の支出、50兆円超」だってええ、という情報もある。

こうして毎朝毎日俺がアメリカの相場、経済統計をチェックしているのに、これじゃあいつかドルは暴落する。そして人種構成の変化は貧困層・格差増大と社会不安につながる。
頼むからアメリカよ、美しくソフトに着陸しておくれ。俺の資産を守るためにも。

※画像は■アンディウォーホルの版画がこんなに安い!から拝借/感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (237)

CME16090現在値

16000台がホンモノか否かが今日の試金石。そして俺は、買いは深呼吸三回、売りは一Photo_137 回してからを心に誓う。

※画像はダイエット特捜最前線から拝借/感謝です。深呼吸でダイエット→なるほど。俺はプールで既に実践済みじゃわい。

| | コメント (0) | トラックバック (82)

葛原妙子

おじいちゃん子だった。祖父とその内妻、父(養子)と母と叔母そして俺という家族構成でPhoto_136 育った。祖父は田舎町でうどん屋を創業、養子をとって家業を譲り孫を相手に隠居。俺は祖父の膝下で大相撲中継ラジオを聞いて育った(みんな鏡里なんて知らんでしょう)。祖父は株をやってた。方眼用紙に罫線を書いていたのを覚えている。
それから、浪花節が好きだったなあ。公会堂での公演に孫を連れて行くのだが、孫は退屈でしようがなかった。何を言っているのか聞き取れないのだから。
かくして、株と相撲と浪花節。なんや俺の趣味の土壌はおじいちゃんが作ったんやないか。

その祖父が(俺が小学3年だったか)中風で寝込んだ。俺を可愛がってくれた内妻(おばあちゃんと呼んでいた)がある日突然学校に来て「おばあちゃん、いなくなるからね」と言った。俺は泣いた。
そして祖父は寝込んで半年で他界した。ある朝、祖父は俺に「いつもの薬を持って来い」と言いつけた。それは風呂に入れない祖父の身体を拭くための薬(薄い硫酸ではなかったか)だった。俺が持って行くと祖父はそれを飲み込んだ。医者を呼んだが間に合わず。母は交番に煙草を包んで内々にと頼んでいた。
これが俺が人の死に接した始めての体験だ。祖父享年六十四だったかなあ。俺は絶対にこれ以上は生きるぞ。

さて、今日は葛原妙子。塚本邦雄をして「幻視の女王」と言わしめたシュール歌人だ(今回ネット検索して初めて知った)。川野里子さんが茂吉と妙子を対比したエッセイもネット検索で発見した。

 晩夏光おとろへし夕 酢は立てり一本の壜の中にて

余白をあえて置くことによって2句切れであることを明確に示しながら、4句5句「一本の壜の中にて」で句を跨らせて晦渋なリズムをつくり、5句「中にて」はなんと4音という破調である。
晩夏光はたぶん造語。衰えている夕だから季節はもう秋。そしてなんといっても面白いのは「酢は立てり」だ。立ってるのは壜なのに、酢だと言い張るのだ。ここらあたりが「幻視の女王」(cocoaさんのおっしゃるとおり目の歌人だ)である。あえて幻視することにより具体の果て→抽象の詩を見出そうとしているのである。

かくして読者は晩夏になると酢を想う。酢を想えば口がすっぱくなる。そうか、人生は甘さも苦さもあるけれど、すっぱさもあったよな。酸味は美味には欠かせないのだから。

このようにして、俺にとって祖父の思い出は人生の終末の酸味として記憶にあるのである。

※画像はルネ マグリット (Rene Magritte )『L Empire des Lumieres 1954』:アートポスタ-通信販売 アズポスターから勝手拝借/感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (71)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »