« CME16345 | トップページ | 隔靴掻痒の宇野大介氏 »

2006年9月 6日 (水)

貴久子姫

クラシック倶楽部 -ショパンを19世紀サロンの響きで-を聴いた。Photo_150
中でも、フォルテピアノによる「ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11ドイツ初版に基づく弦楽五重奏による」ショパン作曲がよかった。
小倉貴久子
がスイングしながら微笑しつつ弾いている姿がいい。どんな人かと思いネット検索すると貴久子姫なんて呼ぶ追っかけもいるようだ。古楽器なんて辛気臭いとは思うけれども、ちょっと辛抱すると味が出るものだ。ほんにおまえはするめのようだ。

※写真はMECENAS OFFICIAL WEB -アーティスト 小倉 貴久子-から勝手拝借/感謝です。

|

« CME16345 | トップページ | 隔靴掻痒の宇野大介氏 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133272/3339589

この記事へのトラックバック一覧です: 貴久子姫:

« CME16345 | トップページ | 隔靴掻痒の宇野大介氏 »