« クマと人間 | トップページ | 株取引謹慎宣言 »

2006年10月16日 (月)

日本の役割

Japan Mail Mediaメルマガで冷泉彰彦さんが冷静な議論を展開している。
アメリカの世論は「北朝鮮は許せないが朝鮮半島での戦争は絶対に困る」で止まっている。

なるほど、だから、石油に無関係な北朝鮮問題にアメリカは現在の立場(中国と韓国とロシアと日本とでなんとかしてよ→だから米朝直接協議は行わない)が精一杯かもしれないなあ。
そして日本は拉致問題解決し核廃棄すれば日朝国交樹立できる(カネを出せる)。
とすると、日本としては、核廃棄は中国・韓国・ロシアでなんとかしてよ、となる。

だから、核廃棄の方向を中国・韓国・ロシア中心で出してくれれば、拉致問題解決を条件に日本は交渉のテーブルにつくことができるのではないか。

カネで兵器を買うよりは永続的な平和を買う方がいい。結局はカネと外交力で北朝鮮を穏やかに崩壊させ南北統一をもたらすということだろう。この方向で日韓共同歩調をとれればいいのだけれど。

|

« クマと人間 | トップページ | 株取引謹慎宣言 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クマと人間 | トップページ | 株取引謹慎宣言 »