« 「知識の哲学」を読む(2) | トップページ | 知識の哲学を読む(3) »

2006年10月27日 (金)

プリティ・ウーマン→永久保存

BS2放送プリティ・ウーマンを昨夜ようやく鑑賞終了。2週間ぐらいかかったかなア。まとまった時間を取れない取らないのでこうなる。そして大抵は早送りで終了ないし途中放棄とPhoto_269 なるのだ。
ところが、この映画はなんとか最後まで観ることができた。リチャード・ギアのあの朴訥そうな風貌の所為かなあ。ジュリア・ロバーツの完璧な肢体も理由に挙げられるかもしれないけれど。

ところでこのシンデレラ・ストーリーを観ながらカントの言葉を思い出そうとしたのだけれど、出てこない。そこで「カント 目的 手段」でネット検索して発見。

「人間性それ自体が尊厳である。なぜなら,人間はいかなる人からも(他人によっても,また自己自身によってさえも)単に手段としてだけ必要とされることはできず,常に同時に目的として必要とされねばならないからである。そしてこの点にこそまさに人間の尊厳(人格性)が存するのであり,そのことによって人間は……すべての物件を越えている。」

ということで、十年後この映画をもう一度観てもカントを思い出すかどうか自分自身に興味があるのでDVDに永久保存した。男はつらいよ 第35作 寅次郎恋愛塾(←台詞満載が凄いブログ)と一緒に。

※写真はJIJIGAHO 社団法人 時事画報社から勝手拝借/感謝です。

|

« 「知識の哲学」を読む(2) | トップページ | 知識の哲学を読む(3) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「知識の哲学」を読む(2) | トップページ | 知識の哲学を読む(3) »