« 歳時記の悦楽、俳句の宇宙 | トップページ | 存在感薄き我が総理 »

2006年11月10日 (金)

俳句の出来損ない短歌

我がPCデスクトップに俳句メモを置いて在庫管理しているが、そのうちの一句。Photo_297

 悦に入るひとりよがりの冬の蝶

よさそうでよくない。ぴったり来ない。という訳で投句せずにいたところ、さきほど朝ウォークで「冬蝶の」に直したらどうかと思いついた。
しかし、やっぱりよくない。「冬蝶の」にするのならいっそ短歌にしよう。そこで、

 悦に入るひとりよがりの冬蝶の句歌の世界に遊ばむか我

おお、でけた。これはいいと、まさにひとりよがった。
要するに、俳句にするには思想が凝縮されていなかったということなのだ。

※画像は関西生活情報サイト フルルKansai - ゆんぴょの日記から勝手拝借/感謝です。

|

« 歳時記の悦楽、俳句の宇宙 | トップページ | 存在感薄き我が総理 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歳時記の悦楽、俳句の宇宙 | トップページ | 存在感薄き我が総理 »