« 陰の主役、すま・けい | トップページ | 賀状書くの句 »

2006年11月28日 (火)

熱燗の句

亡父に続き、亡母の句である。「熱燗や喉骨太き母拾ふ」。
享年75歳で一昨年、他界した。東京に呼んで五年間、トライアングルで暮らした。濃密な時間だった。墓はつくらず、和田堀廟所に納骨した(俺もここに入る)。絶対に、母の齢をPhoto_343 抜いてやると毎日、母を思っている。

 熱燗に舌を焼きつつ談笑す      高浜虚子
 熱燗の舌にやきつく別れ哉      村上鬼城
 熱燗や食ひちぎりたる章魚の足   鈴木真砂女

 熱燗やいつも無口の独り客        仝

真砂女の「来てみれば花野の果ては海なりし」が辞世の句ではないかと察せられるとのことである。死と、愛こそが句歌の究極的なテーマのような気がしている。
 祖父の骨父母の骨拾ひしは仕合せなりと南無阿弥陀仏

※写真は鈴木真砂女。チャートの王様から勝手拝借/感謝です。

|

« 陰の主役、すま・けい | トップページ | 賀状書くの句 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陰の主役、すま・けい | トップページ | 賀状書くの句 »