« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(2)認識論的転回前史 | トップページ | 蜜柑の句 »

2006年11月24日 (金)

綿虫の句

今日の二句目は「綿虫を吐き出して日々ブログ書く」。
中七を「吐き出して日々」としたのが(「日々吐き出して」ではなく)多少の工夫である。
在庫でだいぶ暖めていたのだが、賞味してもらえるだろうか。あ、ブログの最大の読み手は書き手自身であった。Photo_330

そこで、波郷の絶唱(白鳥の歌という意味ではない)を引く。

 綿虫やそこは屍の出でゆく門    石田波郷

1969年11月11日、肺結核で病没。享年56歳。

※写真は昭和41年11月の石田波郷から勝手拝借/感謝です。

|

« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(2)認識論的転回前史 | トップページ | 蜜柑の句 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(2)認識論的転回前史 | トップページ | 蜜柑の句 »