« 俳句の出来損ない短歌 | トップページ | 杉村春子 »

2006年11月10日 (金)

存在感薄き我が総理

米共和党惨敗。理由はイラクと格差拡大及びスキャンダルにあるようだ。Photo_298
これで日本の民主党にも追い風か(特に格差問題)とも考え得るが、先日の党首討論を観てもいまひとつ元気がない。もっとガツーンと行かんか、どアホ。

では我が総理はというと、これも存在感が薄い。前総理だと「アメリカはアメリカ、日本は日本。人生いろいろ」と発言したろうにと思えば残念だ。

いったい、どうしたのだろう総理。なんか悩み事でもあるのんとちゃう?

※写真はAmeba News|安倍総理の「音楽祭」スピーチのテープ起こし公開から勝手拝借/感謝です。

|

« 俳句の出来損ない短歌 | トップページ | 杉村春子 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳句の出来損ない短歌 | トップページ | 杉村春子 »