« 心の哲学(4)円環運動 | トップページ | 即物有情@句をひねる »

2006年11月15日 (水)

俳句入門

見よう見まねで短歌を始め、歌の泉も涸れたかと思いきや、また最近、はじめしばかりのPhoto_310 俳句に作歌の筋肉が刺激され、あはれなる歌綴りをり。
そこでつらつら思ふらく、短歌は詠嘆(あはれ)、俳句は宇宙(をかし)なり。汲めど尽くせぬ言の葉を、広く深くおのがじしに綴るは共に同じなれど、俳句には作句の理あり、形あり。されば、理に情を織り込みてこそ俳句と言はむ。

さてここに、俳句の理に三つあり。一は切れ、切れこそ俳句のいのちなりけり。そして二は、動詞を使ふことなりき。動詞使えば俳句には具体個別にいのち出づるなり。そして最後に控えしは季語という大物なり。季語こそ俳(人に非ず)の核なり。季語に添ひ寝の覚悟せよ。
そしてまた、俳句は即物有情と心得て季語との距離を常に量れよ。更には二物衝撃のみで得意にならず写生を忘るるなかれ

以上、自戒をこめて俳句入門である。最後に、俺が人生ではじめて感動した句(国語教科書で読んだ)を引く。

     月天心貧しき町を通りけり      蕪村 

※画像は歴史街道@京都・与謝野町から勝手拝借/感謝です。

|

« 心の哲学(4)円環運動 | トップページ | 即物有情@句をひねる »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心の哲学(4)円環運動 | トップページ | 即物有情@句をひねる »