« 日記買ふの句 | トップページ | 奥村晃作 »

2006年11月30日 (木)

冬眠の句

俳句初心者の俺の課題は、まず、季語に親しむことである。春夏秋冬、四季の季語を一Photo_348 通り回さないと一段落しないけれど、各季節の季語を頭に織り込むことが必要だと思っている。だから、暇さえあれば(と言う程でもないが)歳時記をひもといている。

そこで、今朝の句の季語は冬眠、「哲学はしばし冬眠耕衣来る」。
ちょうど哲学も少し飽きかけていた(こらえ性がない、ホント)ところに耕衣と出会った。哲学(入門)書を脇において、俳句入門書、耕衣句集を読み始めている。

では、冬眠の句をいくつか引いて季語に親しもう。
 金色の蛇の冬眠心足る      加藤楸邨
 冬眠の亀や西暦二千年      鈴木沙万沙
 獰猛と記され鰐の冬眠す      山口波津女
 冬眠の蛇をおこして蛇遣ひ    有馬朗人

あ、俺の句には冬眠する具体的な動物が出てこないなあ。これではいかん、俳句は具体につかなければならぬと反省した次第である。

※写真は「学力低下」よりも、深刻な問題はほかにある-有馬朗人さん - 学びの場.comから勝手拝借/感謝です。

|

« 日記買ふの句 | トップページ | 奥村晃作 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日記買ふの句 | トップページ | 奥村晃作 »