« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(3)認識論的転回 | トップページ | 記事作成に大苦労 »

2006年11月26日 (日)

寒鴉の句

昨日は憂国忌であることを俺の句にコメントをつけてくれた方のブログで知った。
三島事件は1970年(昭和45年)。もう遠い過去である。70年安保で騒然とした空気があった時代だ。「あの頃も貧しき心三島の忌」と即席俳句でレスさせてもらった。憂国忌を使わなかったのは愛国心から愛国心へと願うからである。Photo_337

さて、今朝の句は「一日中仕事中毒寒鴉」。
期せずして漢字俳句になってしまったが、飄逸な味があると思うので気に入っている。ナルちゃん俺は自分の句は皆気に入るのだけれど。

そこで、寒鴉の句をいくつか。
 寒鴉ふりむいて連なかりけり     上田五千石
 千代田区を大胆に飛ぶ寒鴉     町垣鳴海
 寒鴉啼きて沖には国もなし      中村草田男

草田男は「降る雪や明治は遠くなりにけり」の作者である。昭和も霞みつつある。サヨナラだけが人生なり。

※写真は愛媛の偉人・賢人の紹介から草田男。勝手拝借/感謝です。

|

« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(3)認識論的転回 | トップページ | 記事作成に大苦労 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

土曜日さんこんばんは ブログをとりあげて頂き
有り難うございます。
仕事中毒 の句も都会のモノトーンな冬の感じが
あっていいですね。
明日からまた会社です。

投稿: みなこ | 2006年11月26日 (日) 午後 06時29分

みなこさん、おはようございます。こちらこそコメ感謝です。
仕事に没頭、奮闘されむことを。

投稿: 土曜日の各駅停車 | 2006年11月27日 (月) 午前 03時55分

今年は年賀ハガキまだ購って居ません。
普通ハガキさ、文字だけギッシリ書いて(朝日新聞社説丸写しする)50枚出すべと思ふ。
Q「これ逆コースなりや?」
A「インク代を考えてみよ」

投稿: 谷人 | 2006年12月 1日 (金) 午後 01時11分

なんかわかったようでわからぬ逆コースなり。

投稿: 土曜日の各駅停車 | 2006年12月 1日 (金) 午後 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(3)認識論的転回 | トップページ | 記事作成に大苦労 »