« 寒雀の句 | トップページ | 小野茂樹 »

2006年11月23日 (木)

小春の句

今朝の句は先ほどの反省をちょっぴり受けて「小春日や芸道一代売れもせず」→心境句のつもりだけれど、客観的には虚構句だろうなあ。小春といえば女房の小春(王将@坂田三吉)を踏まえているのだというのは駄句の言い訳にもならぬ。Photo_326

そこで、名句。 

  小春日や潮より青き蟹の甲    水原秋櫻子

見よ、初冬好天の海が眼前に広がり、蟹の甲に神が宿っておられるではないか。これが俳句だ。まず、実相を写せ。 

※写真は俳人協会の歩みから勝手拝借/感謝です。 

|

« 寒雀の句 | トップページ | 小野茂樹 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒雀の句 | トップページ | 小野茂樹 »