« 関西ソウルと浪花節 | トップページ | じゃじゃ馬ならし »

2006年11月 6日 (月)

長渕剛、サイコー

男はつらいよ「第37作 幸福の青い鳥」(あらすじ及び寅アリア紹介はいつものごとくこちらPhoto_18にお世話になります)の長渕剛がよかった。覇気と挫折の青春を見事に演じていた。
監督の力(「吹けば飛ぶよな男だが」という青春映画の傑作を思い出す)もあるだろうけど、役者(人間)の持つオーラだろうなア。ランキング付けするとベスト10以内には確実に入れたい傑作である。

と思って寅さん観客動員数リストを見ると30位だった。商売は時の運なり。

|

« 関西ソウルと浪花節 | トップページ | じゃじゃ馬ならし »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西ソウルと浪花節 | トップページ | じゃじゃ馬ならし »