« 動詞を使う@句をひねる | トップページ | 心の哲学(3)意味の他者 »

2006年11月14日 (火)

竹下景子、フツー

男はつらいよ38作は「知床旅情」。加藤登紀子ではなくて森繁の歌が流れるのはなぜかPhoto_307 とか、三船敏郎はやっぱり好みではないな(俺はホモではないから勘違いしないよう)とか、淡路恵子もちょっと敬遠とか思ったりして鑑賞した。いつものごとく名セリフ再現ブログにリンクする。

ところでこの当時、竹下景子はうちのお嫁さんナンバー1人気だった(多分)。だから、結婚に失敗した相手も映画末尾で再婚報告する相手も画面には出てこない。変なヤツが相手だとイメージ崩れるもんね。聡明で健気なフツーの女優なり。

※写真はEarth Dreaming~ガラスの地球を救え~から勝手拝借/感謝です。

|

« 動詞を使う@句をひねる | トップページ | 心の哲学(3)意味の他者 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動詞を使う@句をひねる | トップページ | 心の哲学(3)意味の他者 »