« 共感覚のピアニスト、エレーヌ・グリモー | トップページ | 冬桜の句@俳人に長生き多し冬ざくら »

2006年12月20日 (水)

小菅優×樫本大進

今夜のシブヤらいぶ館小菅優×樫本大進。晩酌しつつ、楽しんだ。Photo_418ライブ模様の詳しくはトムとジャッキーの一喜一憂/アートな日常 ■シブヤらいぶ館/樫本大進・小菅優、他 in ふれあい広場 11-28を参照。
実は(何を隠そう)優ちゃんのファンである。たいして聴いている訳ではないが、去年BSで外国のオーケストラとの協奏曲(ベートーベンの4番だったかなあ)とアンコール→ショパン夜想曲遺作を聴いてからのファンだ。

今夜は思い入れたっぷりにモーツァルトを弾いていた。中でも幻想曲ニ短調 K.397が秀逸だった。原譜どおり、すっと終る演奏がよかった。余韻が残った。こういう演奏を聴くとモーツァルトを記号的な作曲家とおちょくるグールドはちょっと一面的に過ぎると思う。

これに対して、樫本大進君もよかったけれど優ちゃんに食われていたと俺の偏見は思うのである。いずれにせよ、今夜の演奏は冥土の土産DVDに出来る。よかったなあ。

※写真が小菅優(もう少し太っている。ザルツブルグ在住でアイスクリーム食べ過ぎとちゃう?)。フィリアホールから勝手拝借/感謝です。

|

« 共感覚のピアニスト、エレーヌ・グリモー | トップページ | 冬桜の句@俳人に長生き多し冬ざくら »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

今夜は思い入れたっぷりにモーツァルトを弾いていた。中でも幻想曲ニ短調 K.397が秀逸だった。原譜どおり、すっと終る演奏がよかった。

投稿: louis vuitton | 2010年9月 2日 (木) 午後 06時32分

それはようございました。

投稿: 土曜日 | 2010年9月 3日 (金) 午前 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共感覚のピアニスト、エレーヌ・グリモー | トップページ | 冬桜の句@俳人に長生き多し冬ざくら »