« 冬至湯の句@冬至湯のたつぷり溢る女体かな | トップページ | おお、堂々ベストスリー入り »

2006年12月23日 (土)

冬の蠅の句@冬の蠅小さき脳の人生論

昨日、映画「ハリケーン」(名画なり。別途記事予定)を観ていたので今朝の起床は5時半だった。このぐらいに起きればようやく人並みの早起きといえるだろう。
さてそこで、今朝の句は秀句である(俺が言わなきゃ誰が言う)。
 冬の蠅小さき脳の人生論

昨日の起き抜けに中七下五を得た。やっぱり俺はこういう路線(人事句、語呂合わせに近い観念句)なのかなあ。短歌と同じだ。
ところで「はえ」に「蠅」と「蝿」あり。ネット国語辞典では「蠅」と表記されている(ネット歳時記、手元の角川合本歳時記も同じ)。まあ、どちらも当用漢字表には無いようなので、使 用者の趣味・気分の問題か。
Photo_428
 老衰といふ死に方や冬の蠅      富安風生
 職替へてみても貧しや冬の蝿     安住 敦
 日のあたる硯の箱や冬の蠅      正岡子規
 冬の蠅逃がせば猫にとられけり     一茶

子規の句がいい写生句だなあ。観念句は写生句に遠く及ばない。
子規が使った硯箱はどんなものだったろうか。写真は大阪教材社から勝手拝借、\5670なり。

|

« 冬至湯の句@冬至湯のたつぷり溢る女体かな | トップページ | おお、堂々ベストスリー入り »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬至湯の句@冬至湯のたつぷり溢る女体かな | トップページ | おお、堂々ベストスリー入り »