« 嚏の句 | トップページ | なぜか好きになれない竹下景子 »

2006年12月 4日 (月)

日向ぼこの句

実は(何を隠そう)負けず嫌いである。負けず嫌いだから、人様のいい句を見ると嫉妬で口惜しくなる。そこで、俺も日向ぼこの句を昨日から二日がかりでようやく捻った。Photo_361
 気に入らぬ業務命令日向ぼこ
ちょっと理屈が透けてみえるのがいまいちだなア。

 ふところに手紙かくして日向ぼこ       鈴木真砂女
 浄土とてこんなものかも日向ぼこ      有吉桜雲
 消防車丸洗ひして日向ぼこ          古屋 元
 日向ぼつこ日向がいやになりにけり     久保田万太郎
 うとうとと生死の外や日向ぼこ        村上鬼城

「消防車」の句が理屈抜きで面白い。理屈の梯子をのぼったら梯子を棄てるのが俳句ということか。「冬蜂の死にどころなく歩きけり」鬼城。

※画像は玉英堂書店  村上鬼城画賛幅から勝手拝借/感謝です。

|

« 嚏の句 | トップページ | なぜか好きになれない竹下景子 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嚏の句 | トップページ | なぜか好きになれない竹下景子 »