« 冬の月の句 | トップページ | 初霜の句 »

2006年12月 6日 (水)

木の葉髪の句

実は(恥ずかしながら)つい最近まで「木の葉髪」とは白髪混じりの髪のことだと思っていPhoto_368 た。ところが歳時記に「抜け毛が目立つ初冬に、髪を同じく初冬に散る木の葉になぞらえていう語」とあるのを発見して、なるほどと思った。白髪と落葉とは色違いだもんね。

そこで今朝の句は「木の葉髪てつぺんばかり脱け落ちて」。
床屋で出来具合を鏡で見せてくれるのがイヤだ。たまさか機嫌がいい時は「てっぺんを見せてくれ」と頼むこともあるが。

 木葉髪わが反骨は痩せざるや       林 翔
 木の葉髪泣くがいやさにわらひけり    久保田万太郎
 富めるとも心貧しき木の葉髪        上野泰
 木の葉髪うたひ歎くやをとこらも      三橋鷹女

写真は鷹女。「鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし」「白露や死んでゆく日も帯締めて」の作者である。禿頭になろうと惚けになろうと凛としてゐたし。  

|

« 冬の月の句 | トップページ | 初霜の句 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の月の句 | トップページ | 初霜の句 »