« 俳句ランダム表示を始めました | トップページ | 冬至湯の句@冬至湯のたつぷり溢る女体かな »

2006年12月22日 (金)

極月の句@極月の殺人事件ご近所に

テレビニュースで我が市の名前を聞くと、どうしても耳をそばだててしまう。昨日の事件のPhoto_425 ニュースがそうだった。そんなに近くではないけれど車で5分。我が町、我が国は別格という訳にはいかない。黴菌はあちこちにうようよいるし、人はちょっとしたことで過ちを犯すのだから。
 極月の殺人事件ご近所に

初案「年の瀬や」だったが、歳時記を見るとまだ早すぎるようなので「極月の」にした。人それぞれに事情あり、追いつめて追いつめられて極まりぬ。

 極月の人々人々道にあり         山口青邨
 病む師走わが道或はあやまつや    石田波郷
 極月のくらやみに山羊鳴きにけり    安住 敦
 大空のあくなく晴れし師走かな      久保田万太郎

|

« 俳句ランダム表示を始めました | トップページ | 冬至湯の句@冬至湯のたつぷり溢る女体かな »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳句ランダム表示を始めました | トップページ | 冬至湯の句@冬至湯のたつぷり溢る女体かな »