« 炬燵の句@炬燵猫、首を出し | トップページ | リンクを追加@Liebestod »

2006年12月18日 (月)

マフラーの句@自由な首が好き

朝Walkで句を得ると気持ちがいい。とりわけ、佳句であるなら格別だ。Photo_406
そこで今朝の句は「マフラーは嫌い自由な首が好き」。

句跨りが粋だし、新鮮な感覚がいい(誰も言うてくれへんから自分で言うねん)。
こういう句のラインを新感覚句と名づけよう。首が馘首を連想させるのもちょっとオモシロイ(と強弁する)。

 襟巻やほのあたたかき花舗のなか      中村汀女
 襟巻やしのぶ浮世の裏通り           永井荷風
 襟巻の紅きをしたり美少年            尾崎紅葉
 風の子となるマフラーの吹流し         上田五千石

汀女は女流俳人4Tの一人。「春暁や水ほとばしり瓦斯燃ゆる」が代表作、台所俳句(女性の生活の象徴)を切り開いた句だと思う。元気な限り女性には台所という居場所があるが、男はいったいどこを居場所とするのやら。一般論だけれど。

画像はモディリアニ:ラロッテ。モディリアニが「貧困と病に倒れ、それを知った妻のジャンヌ・エピュテルヌは身重であったのにもかかわらず、アパルトマンの窓から飛び降りて、後を追ってしまいました」から勝手拝借/感謝です。 

|

« 炬燵の句@炬燵猫、首を出し | トップページ | リンクを追加@Liebestod »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炬燵の句@炬燵猫、首を出し | トップページ | リンクを追加@Liebestod »