« 除夜の句@年の夜やみんな仲良く歳をとる | トップページ | 除夜の鐘の句@幸福も不幸も夢よ除夜の鐘 »

2006年12月31日 (日)

行年の句@盛り場の紅灯懐かし年流る

閉門蟄居の今は外で飲むことは全く(と言っていい)無い。お湯割り三杯で陶然とし眠ってPhoto_457 しまうよい子である。でも、たまには歌いたいなあ「リバーサイドホテル」。
そこで三句目は「盛り場の紅灯懐かし年流る」。

初案「紅灯と縁を断ち切り年ぞ逝く」から本句に至るまでは七転八倒。結局、自分の気持ちを素直に「懐かし」と詠うことにした。俳句も詠嘆である。

 よく遊びよく働きし年送る       鈴木真砂女
 年は唯黙々として行くのみぞ     高浜虚子
 年逝くとしづかに満たす甕の水    桂 信子
 行く年を母すこやかに我病めり    正岡子規

※画像は@GEHA(アゲハ)---歌舞伎町商店街振興組合ホームページから勝手拝借/感謝です。

|

« 除夜の句@年の夜やみんな仲良く歳をとる | トップページ | 除夜の鐘の句@幸福も不幸も夢よ除夜の鐘 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 除夜の句@年の夜やみんな仲良く歳をとる | トップページ | 除夜の鐘の句@幸福も不幸も夢よ除夜の鐘 »