« 着ぶくれの句 | トップページ | 寒卵の句 »

2006年12月13日 (水)

安倍政権の本質?

日経朝刊から塩崎官房長官講演での言葉「古い岩盤を壊すのが安倍政権の改革だ。そPhoto_394 の本質をもっと見せていかなければならない」。
??????
と思って朝刊の次のページを見ると飯島勲「小泉官邸秘録」。やっぱり本を出したか、前首席総理秘書官殿。そしてその広告には「改革断行、危機管理、官邸主導」の言葉が踊る。

しかし、だまされてはいけない。官邸主導などというのは単なる手段=HOWにすぎない。大事なのは何をなすべきなのか=WHATである。もっと大事なのはWHY=なぜそれをするか、である。

だから官房長官は「古い岩盤」が何であるかを示せ。そうでないと「安倍政権の本質」なんか無いと思うぞ(事実、その通りであろう。官邸主導しか言えないのだ、ああ盲目の官邸よ)。

自民党は国家社会主義党(国家食い潰し)、民主党は国家廃棄党、すなわち、対立軸は国家vs自由となればわかりやすいのだけれど。そうはならない、国家もたれかかり日本人(俺も含めて)。しかし、清潔・安全・自由・公正ではあってほしいニッポンよ。

|

« 着ぶくれの句 | トップページ | 寒卵の句 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着ぶくれの句 | トップページ | 寒卵の句 »