« 木枯の句(続) | トップページ | 寒燈の句(陰の白毛) »

2006年12月14日 (木)

凍鶴の句

平明で具体的で且つ詩情ある句をつくりたい。
そう思いながらも「凍鶴や墓に持ち行く恋心」。
治らぬなあ、このビョーキ。観念と理屈は嫌ひ冬かもめ

 凍鶴や沖の暁雲茜さす         野村喜舟
 凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす     山口青邨
 凍鶴に冬木の影の来ては去る     富安風生

ついでに「冬かもめ」の句。

 冬かもめ明石の娼家古りにけり     石原八束
 冬鴎生に家なし死に墓なし        加藤楸邨

しっかり風景を見つめること。そこからだなあ。風生の句を見つめよ。

|

« 木枯の句(続) | トップページ | 寒燈の句(陰の白毛) »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木枯の句(続) | トップページ | 寒燈の句(陰の白毛) »