« 文字を大きく見やすくしました | トップページ | 真理と正義は一致しない@スピノザ »

2006年12月26日 (火)

雪嶺の句@雪嶺やとりわけ日本富士の山

富士が好きだ。 Photo_439
昔、三年ほど三重県・津に暮らしていたことがある。冬のあるとき、急に富士が見たくなって車を飛ばして箱根まで来て、富士を見た。
もっとも、罰が当たったのか、雪でスリップした後ろの車に追突された。渋滞中だったのでバンパーがへこんだだけで済んだ。

そこで、今朝の句は富士の写生句(のつもり)。
 雪嶺やとりわけ日本富士の山

初案「雪嶺やわれらが誇り富士の山」(あれえ、こっちの方がいいかなあ)。
中七を「とりわけ・日本」と句割れ→下五に句跨り「日本富士の山」と読んで欲しい。いささか無理な注文だけれど。

 これを見に来しぞ雪嶺大いなる     富安風生
 雪山に何も求めず夕日消ゆ       飯田龍太
 雪嶺が遠き雪嶺よびつづけ       橋本多佳子
 雪の峰一人の家を一人發ち       岡本眸

富士の写生句挑戦、死ぬまで継続の所存である。

※画像は葛飾北斎『凱風快晴』を特別価格で販売【アート静美洞】から勝手拝借/感謝です。

|

« 文字を大きく見やすくしました | トップページ | 真理と正義は一致しない@スピノザ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文字を大きく見やすくしました | トップページ | 真理と正義は一致しない@スピノザ »