« 春日井建 | トップページ | 冬晴れの句 »

2006年12月 9日 (土)

時雨の句(二回目)

テレビ俳句をビデオ録画して毎回観るようになった。Photo_381
今日のお題は「時雨」であったが、そうか、片時雨とか袖時雨とか更には大阪時雨とかがあるのを再認識した。そのうち(耕衣張りに)妻時雨なんてのも造語してみよう。

という訳で今日の三句目は袖時雨を頂戴して推敲→「歳なれば涙腺ゆるみ袖時雨」。
「自己を発見」しているか、「生活から歌っているか」に照らすと甘い句である。観念的で下品である。しかしまあ、句集には留めておき自らの反省材料とする。

 人々をしぐれよ宿は寒くとも        芭蕉
 チエホフを読むやしぐるる河明かり   森澄雄
 水にまだあをぞらのこるしぐれかな   久保田万太郎

まず、事実に即け。技術や語彙や比喩はその後である(自戒)。

※写真は今週のテレビ俳句の講師:矢島渚男。NHK俳句|俳句選者紹介から勝手拝借/感謝です。

|

« 春日井建 | トップページ | 冬晴れの句 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日井建 | トップページ | 冬晴れの句 »