« 山茶花の句@山茶花やだらだら坂をくだりゆく | トップページ | 共感覚のピアニスト、エレーヌ・グリモー »

2006年12月20日 (水)

寒卵の句@寒卵一日一句石を積む

短歌も数だけれど、俳句は理がついてくる分、もっと数だと思う。理を理屈ではなく体得しPhoto_416 なければならぬからだ。
そこで、今日の句納めは「寒卵一日一句石を積む」。
昨日、一日一句色事句を宣言したばかりだけれど、色事句在庫は生煮えなのでまだ出荷は出来ない。ちっとは恥を知ったということか。

 ぬく飯に落として円か寒玉子       高浜虚子
 寒卵コツと割る聖女学院         秋元不死男
 わが生ひ立ちのくらきところに寒卵   小川双々子

なぜか好きなこの季語寒卵。まだまだつくる駄句の数。
数をこなして反省自省せよ。

※写真は徳島商工会議所から勝手拝借/感謝です。  

|

« 山茶花の句@山茶花やだらだら坂をくだりゆく | トップページ | 共感覚のピアニスト、エレーヌ・グリモー »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山茶花の句@山茶花やだらだら坂をくだりゆく | トップページ | 共感覚のピアニスト、エレーヌ・グリモー »