« カウンターデザイン変更 | トップページ | 冬苺の句@冬苺くちびるの紅うばひけり »

2006年12月19日 (火)

冬の虹の句@いと愛しむ我の命よ寒の虹

三連作の後でもう一句を得たので今日の二句目とした。Photo_412
 いと愛しむ我の命よ寒の虹

「愛しむ」は「おしむ」と読ませて「いとおしむ」と掛詞である。短歌同時作もあり。
 死にもせず痴呆にもならずたまきはるいのち尽くさむ神の召すまま

ヒントになったのはNHKスペシャル|シリーズ 認知症 その時、あなたはである。
そして思う。人の世話にはなりたくない迷惑をかけたくない、全ては神の召すままなれど。
団塊の世代を標的にした医療費削減プロジェクトの一環であることはミエミエなれど、次回もまた見む認知症。

 神は地上におはし給はず冬の虹      飯田蛇笏
 冬の虹消えむとしたるとき気づく       安住 敦
 国飢ゑたりわれも立ち見る冬の虹     西東三鬼
 冬の虹今もの言えば何か消ゆ        半田幸子

※写真は虹 - Wikipediaから勝手拝借/感謝です。 

|

« カウンターデザイン変更 | トップページ | 冬苺の句@冬苺くちびるの紅うばひけり »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カウンターデザイン変更 | トップページ | 冬苺の句@冬苺くちびるの紅うばひけり »