« 奪われたい女、奪えない男 | トップページ | セクシー、島田歌穂 »

2006年12月25日 (月)

置炬燵の句@愚に生れて痴に老いむかな置炬燵

無害な人もときには愚痴をつく。Photo_435
そこで、今日の二句目は「愚に生れて痴に老いむかな置炬燵」。
「生れて」は「あれて」と読んで貰うと韻律にぴたりはまる。愚と痴の一応、対位法である。

 トラムプの崩れちらばる置炬燵      高浜虚子
 のぼせたる頬美しや置炬燵        日野草城
 置炬燵女ざかりもすぎにけり       山本欣求子
 愚にもどりたる母いとし置炬燵      浅井貴志女

実は今回の俺の句は浅井貴志女の句に想を得たものである(マネや)。学ぶとはまねぶなり、と強弁すなり。

※写真はYahoo!ジオシティーズ - 金八のちょっとした画像のある日記から勝手拝借/感謝です。「住つかぬ旅のこゝろや置炬燵」三遊亭金八。 

|

« 奪われたい女、奪えない男 | トップページ | セクシー、島田歌穂 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奪われたい女、奪えない男 | トップページ | セクシー、島田歌穂 »