« 西田幾多郎×永井均 | トップページ | 雪の句@細雪、墓標なく »

2006年12月16日 (土)

冬日和の句@白鷺城

姫路城は白鷺城と呼ばれる名城である。そして姫路には玉椿という銘菓がある。Photo_402
そこで、わが故郷加古川の隣町姫路への挨拶句が今日の二句目だ。
 冬日和白鷺城下玉椿

歳時記の例句は以前のものと重複するかもしれないがいくつか引く。

 冬晴の埃にあらぬ虫一つ       青葉三角草
 冬麗や母死なせじと母訪はず     小林康治
 天照るや梅に椿に冬日和       鬼貫

※写真は姫路市 姫路城 カギの110番 サギソウ 島田清から勝手拝借/感謝です。

|

« 西田幾多郎×永井均 | トップページ | 雪の句@細雪、墓標なく »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西田幾多郎×永井均 | トップページ | 雪の句@細雪、墓標なく »