« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(5)自然に帰れ | トップページ | 大根の句(写生について) »

2006年12月 1日 (金)

遺影妻@耕衣の句

今日、耕衣の句集を読んでいて、この句に出会ったら涙が出た。

 遺影妻春や雲公してくるよ

1986年、妻ユキエ死去。66年の連れ合いであった。
そして、この句は耕衣86歳頃の作品である。人生の全て(生老病死)がこの句に凝縮されている。
ブログ検索で同好の方を発見し、コメントさせて頂いた。

|

« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(5)自然に帰れ | トップページ | 大根の句(写生について) »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。俳句についてもまだまだ駆け出しで、「同行の士」とはお恥ずかしいです。
永田耕衣の句は難しく、近寄りがたい感じがしますが、この句は素直にぐっと来ました。

投稿: KAMAKURA_CHAMPROO | 2006年12月 2日 (土) 午前 12時47分

こちらこそ、コメント頂きありがとうございます。実は、耕衣は私の郷里加古川の大先輩なのです。それもあって惹かれるのだと思います。

投稿: 土曜日の各駅停車 | 2006年12月 2日 (土) 午前 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聡明で健気な貴女に捧げる哲学史(5)自然に帰れ | トップページ | 大根の句(写生について) »