« 黄落の句 | トップページ | 木の葉髪の句 »

2006年12月 5日 (火)

冬の月の句

昨日、プールで二首を得た帰りに見上げると丸い月でした。Photo_367
そこで句を得ました。「幸せを冬満月と定めけり」
今夜は満月です。

 村へ帰る一青年と冬の月         青柳志解樹 
 冬満月われの匂ひの中にねむる     寺田京子
 寒月下あにいもうとのやうに寝て     大木あまり

冬の月は清潔なエロスを帯びている。心からエロスへ、エロスから心へ。人間は動物と異なりエロスに生きる生きものだと思う。あ、俺の句にはエロスが感じられぬなア。

※画像はJDN -版画家としてのマルク・シャガール シャガール傑作版画展から勝手拝借/感謝です。 

|

« 黄落の句 | トップページ | 木の葉髪の句 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄落の句 | トップページ | 木の葉髪の句 »