« 初昔の句@罪重ね生きていくなり初昔 | トップページ | 屠蘇祝ふの句@屠蘇祝ふ真砂女耕衣に酌をして »

2007年1月 3日 (水)

三日の句@駄句あふれ涙こぼるゝ三日かな

新年の季語は多い。なかでも「元日」「二日」「三日」「四日」「五日」「六日」「七日」と「松の内」(元日から六日まで:七日までと思っていた)+「七日正月」(これも知らなかっPhoto_5た)は全ての日が季語になっている。そこで今朝の句は「三日」だ。
 駄句あふれ涙こぼるゝ三日かな

これは年末作成在庫ではなく昨日、溜息とともに吐き出した句だ。ついでに同時作短歌。
 駄句なれどつくれば人に読ませたき愚か心をいと愛しむなり

愚痴・愚句・愚心はこれぐらいにして話題転換。昨日は休日にしてはこのブログへのアクセスが比較的多かった。要因は「上岡敏之」検索である(添付グラフ参照)。年末第九演奏に感じた人が多かったのではないか。我が鑑賞眼力耳力を自負と結局は愚か心であった。ああ痴愚神礼讃

 三日はや雲おほき日となりにけり    久保田万太郎
 酒少し剰し三日も過ぎてけり       石塚友二
 神官の妻の眉濃き三日かな       寺井谷子
 姫林檎三日の雪に紅きそふ       角川源義

友二の句「過ぎてけり」という措辞を覚えておこう。いつも「過ぎにけり」では芸がないから。

|

« 初昔の句@罪重ね生きていくなり初昔 | トップページ | 屠蘇祝ふの句@屠蘇祝ふ真砂女耕衣に酌をして »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初昔の句@罪重ね生きていくなり初昔 | トップページ | 屠蘇祝ふの句@屠蘇祝ふ真砂女耕衣に酌をして »