« 去年今年の句@俳句脳日々鍛錬ぞ去年今年 | トップページ | 三日の句@駄句あふれ涙こぼるゝ三日かな »

2007年1月 2日 (火)

初昔の句@罪重ね生きていくなり初昔

「初昔」は昨年。新年になって、過ぎ去った年を顧みる心。「宵の年」も同じ意味の季語と歳時記にある。
 罪重ね生きていくなり初昔

別に格好つけて言っている訳ではない。お調子者の俺はこんな風に思っていてちょうどいいくらいだと自戒の句(のつもり)である。

 わが影に初昔とは懐かしき     原コウ子
 かゝげたる燭の火明し宵の年   名和三幹竹

|

« 去年今年の句@俳句脳日々鍛錬ぞ去年今年 | トップページ | 三日の句@駄句あふれ涙こぼるゝ三日かな »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 去年今年の句@俳句脳日々鍛錬ぞ去年今年 | トップページ | 三日の句@駄句あふれ涙こぼるゝ三日かな »