« 寒の水の句@禁煙も五年が過ぎぬ寒の水 | トップページ | 室咲の句@室咲や壮年過ぎて知る花のあり »

2007年1月25日 (木)

梅の句@蕩尽のまだ余命あり梅一輪

もう、近辺でも梅が咲きだした。Photo_41

 蕩尽のまだ余命あり梅一輪

NHK俳句王国先日放送での「鰭酒や放蕩ごころ女にも」甘利誠治に触発されて得た。放蕩→蕩尽の回路が働いたのだ。「柿食ふや命あまさず生きよの語」石田波郷も意識下にあっただろう。まことに、俳句は連想の王国である。

 勇気こそ地の塩なれや梅真白    中村草田男
 死ぬ人みなわれより若く梅寒し    富安風生
 梅咲くや小さんといへば三代目    久保田万太郎
 人も見ぬ春や鏡のうらの梅        芭蕉

芭蕉の句は
鏡の裏の模様である梅を詠ったものだ。
「梅」とは蕩尽の余命で長いお付き合いとなるだろう。ちなみに俺の句、初案は「余生」だったが、安住敦「俳句入門」を読んで「余命」なる言葉を得たものである。

※写真は五代目小さん(2002年他界。享年87歳)人間大好きから勝手拝借/感謝です。

|

« 寒の水の句@禁煙も五年が過ぎぬ寒の水 | トップページ | 室咲の句@室咲や壮年過ぎて知る花のあり »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒の水の句@禁煙も五年が過ぎぬ寒の水 | トップページ | 室咲の句@室咲や壮年過ぎて知る花のあり »