« 着ぶくれの句@大阪やたこ焼き食うて着ぶくれて | トップページ | イスラムの曲がり角 »

2007年1月12日 (金)

息白しの句@別れ来て息白かりき淀屋橋

どや、数寄屋橋では俳句になれへんやろ。水がないもんね。Photo_504

 別れ来て息白かりき淀屋橋

季語「息白し」を一応、使えたので満足。大阪しぐれの世界である。

 息白くやさしきことを言ひにけり     後藤夜半
 人の老美しく吐く息白く          富安風生
 わが書きし字へ白息をかけておく    加藤楸邨
 息白き子のひらめかす叡智かな    阿波野青畝

阿波野青畝には「葛城の山懐に寝釈迦かな」がある。48歳でカトリックに入信、93歳で逝去した。

|

« 着ぶくれの句@大阪やたこ焼き食うて着ぶくれて | トップページ | イスラムの曲がり角 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着ぶくれの句@大阪やたこ焼き食うて着ぶくれて | トップページ | イスラムの曲がり角 »