« 若菜野の句@若菜野をひとり歩みし少年期 | トップページ | 藤井常世 »

2007年1月15日 (月)

冬晴れの句@冬晴れや恋の嘆きの青い空

朝の投句納め。Photo_514

 冬晴れや恋の嘆きの青い空

青い空を見ると溜め息が出る、ということはないだろうか。
作者は写生句のつもりなのだが。

 天照るや梅に椿に冬日和       鬼貫
 冬麗の陽を載せ誰も居ぬベンチ   楠本憲吉
 冬晴を愛す厠の窓からも       谷野予志

楠本憲吉は灘万の御曹司だそうだ。灘高が生んだ三大奇人の一人ともされているけど、奇人がたまたま灘高に入学しただけなのだろう。そういえば、村上ファンドの村上氏も灘中・灘高だった。

※写真は嘆きのテレーズから勝手拝借/感謝です。

|

« 若菜野の句@若菜野をひとり歩みし少年期 | トップページ | 藤井常世 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若菜野の句@若菜野をひとり歩みし少年期 | トップページ | 藤井常世 »