« 渥美清の俳句 | トップページ | 島秋人と窪田空穂 »

2007年1月30日 (火)

柳沢大臣に寄せる短歌と俳句

日経夕刊につい先日までコラムを連載していた柳沢大臣。若い頃にはアカにもかぶれて なかなかの読書家とお見受けしたのであったが。

 デカルトを昔読みしがつい癖で子を生む機械と言ひにけるかもPhoto_564

ラ・メトリーはその著作で、足は歩く筋肉であり、脳髄は考える筋肉であるとした。100年近く前にデカルトが唱えていた人間を精神と肉体とでできた機械(デカルト的二元論)とみる発想よりも「機械論」に徹していた。という程度はご存知であっただろう、多分。

 生教養怪我の素なり冬の蠅

画像は「人間機械論」を提唱したラ・メトリー。

|

« 渥美清の俳句 | トップページ | 島秋人と窪田空穂 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渥美清の俳句 | トップページ | 島秋人と窪田空穂 »