« 四日の句@はや四日節酒初めとするべきや | トップページ | 五日の句@わが名句いつか五日と駄句を抱く »

2007年1月 4日 (木)

初芝居の句@色と銭愛欲地獄初芝居

ぼちぼちちょびっとだけ歌舞伎が好きになりつつある。筋も台詞も追わず、漫然と眺めて見得をカッコいPhoto_477 いいと感じたり、三味や浄瑠璃をBGMとして聞き流していたりするのである。
 色と銭愛欲地獄初芝居

日本の美は様式美と思う。形式と内容を比べると形式に美を求めるのである。うざったい内容よりきりっとした形式が俺もよくなってきた。歳だなあ。

 我住みし明治の世なり初芝居      高浜虚子
 茶屋へゆくわたりの雪や初芝居     久保田万太郎
 柝の入りてひきしまる灯や初芝居    水原秋櫻子
 国許の母が来てゐて二の替       富安風生

上方では初芝居を二の替(かわり)と呼ぶ。十一月の顔見世に次ぐという意味だそうだ。俳句は諸事勉強になる。

※画像は写楽:役者絵から勝手拝借/感謝です。

|

« 四日の句@はや四日節酒初めとするべきや | トップページ | 五日の句@わが名句いつか五日と駄句を抱く »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四日の句@はや四日節酒初めとするべきや | トップページ | 五日の句@わが名句いつか五日と駄句を抱く »