« 鍋焼饂飩の句@好物は鍋焼饂飩女好き | トップページ | 若菜野の句@若菜野をひとり歩みし少年期 »

2007年1月15日 (月)

女正月の句@子にあらず父にもならず女正月

あんまり出来がよくはないけれど、感慨句。Photo_512

 子にあらず父にもならず女正月

感慨=心に深く感じること。しみじみと思うこと。と辞書にある。たしかに、俺の人生の縦軸ではある。もっとも、横軸(それが何かはよくわからないけど。俺の性格?)もあって、この両者相俟って俺の人生が形成されているんだろうなあ。

 芝居見に妻出してやる女正月    志摩芳次郎
 女正月みくじの喜憂持ちあるく    井桁衣子
 燈ともれば帰り支度や女正月     菅野一狼
 女正月帰路をいそぎていそがずに  柴田白葉女

最後の句は今日の清水哲男『新・増殖する俳句歳時記』から採らせてもらった。女正月とは「一月十五日。大正月を男正月といい、小正月を女正月という。京阪地方では、松の内の多忙から開放された女性(主婦たち)が十五日から年始回礼を始めるための呼称」とわたしの俳句歳時記にある。絶滅危惧季語である。

※画像はルルーシュ監督「男と女」ポスター。SCREEN  男と女から勝手拝借/感謝です。

|

« 鍋焼饂飩の句@好物は鍋焼饂飩女好き | トップページ | 若菜野の句@若菜野をひとり歩みし少年期 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

ご訪問ありがとうございました。

天気予報が九州地方ですが、九州の方ですか?
私も「優遇特典付早期退職」で組織を離れた者なので、ちょっと興味が湧きました。また、お邪魔します。

投稿: 十瑠(SCREEN) | 2007年1月15日 (月) 午前 08時13分

こちらこそ、ご来訪感謝です。天気予報はたまたま九州になっていたのでしょうか、関西生まれの東京多摩在住です。もっと興味を持って頂けるように精々精進いたします。またのお越しを。

投稿: 土曜日の各駅停車 | 2007年1月15日 (月) 午前 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋焼饂飩の句@好物は鍋焼饂飩女好き | トップページ | 若菜野の句@若菜野をひとり歩みし少年期 »