« 初髪の句@初髪の子のまぶしさやうれしさや | トップページ | 熱燗の句@燗酒にほどよくできる男かな »

2007年1月11日 (木)

熱燗の句@世を拗ねず恨まず舐めずお燗酒

なにせ一年一回一升瓶だから俺にとって日本酒は貴重だ。Photo_495
そこで、熱燗の句。

 世を拗ねず恨まず舐めずお燗酒

「文明やレンジでチンとお燗酒」とするのだが、矢張り風情がない。あの、引っ掛けてお燗する入れ物はなんていうのだっけ、と検索したらわかった。ちろりである。しかし、高いなあ。それに面倒だ。やっぱり、レンジでチンしよう。

 熱燗にうそもかくしもなしといふ    久保田万太郎
 熱燗や食ひちぎりたる章魚の足    鈴木真砂女
 熱燗の夫にも捨てし夢あらむ      西村和子
 熱燗のいつ身につきし手酌かな   久保田万太郎

万太郎全句集を図書館から借り出して読み始めた。気に入った句は歳時記に書き込んでいる。手書きで文字を書くなんて滅多にないことだ。これも俳筋力鍛錬なり。

ところで、掲題句は肯定と赦しの哲学@スピノザの影響下のものである。自己を赦せ、神を赦せ、他者と社会を赦せ。それが己れの心の平安になるとスピノザは語るのである。

|

« 初髪の句@初髪の子のまぶしさやうれしさや | トップページ | 熱燗の句@燗酒にほどよくできる男かな »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初髪の句@初髪の子のまぶしさやうれしさや | トップページ | 熱燗の句@燗酒にほどよくできる男かな »