« 葱の句@怒りぽくなりぬと云はれ葱を噛む | トップページ | 鍋焼饂飩の句@好物は鍋焼饂飩女好き »

2007年1月14日 (日)

おでんの句@おでん屋の暖簾に尻を並べけり

前々から「おでん」で一句と狙っていた。Photo_510

 おでん屋の暖簾に尻を並べけり
 五円玉握りしめ買ふ関東煮

「かんとだき」と子供の頃は言っていた。お好み焼きは「にくてん」である。五円が小遣い単位であった時代だ。でも、今の方が幸せな時代だと思う。この先、戦争が無ければ。

 人情のほろびしおでん煮えにけり     久保田万太郎
 おでん酒夫の多弁を目で封じ        斎藤佳織
 おでんの灯文学祭は夜となりぬ       山口青邨
 飲めるだけのめたるころのおでんかな  久保田万太郎

「目で封じ」が凄い。なかなかの女房なり。

|

« 葱の句@怒りぽくなりぬと云はれ葱を噛む | トップページ | 鍋焼饂飩の句@好物は鍋焼饂飩女好き »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葱の句@怒りぽくなりぬと云はれ葱を噛む | トップページ | 鍋焼饂飩の句@好物は鍋焼饂飩女好き »