« 島秋人と窪田空穂 | トップページ | 冴ゆの句@どこからも富士は真向かひ朝冴ゆる »

2007年1月30日 (火)

冬の海の句@処刑されし人に歌あり冬の海

テレビ番組を観て、海の風景に十二音(刑死せりし人に歌あり)が浮かんだ。

 処刑されし人に歌あり冬の海

字余り承知で「処刑されし」と直して、付ける季語は「冬の海」しかなかった。なぜなら、「冬の皺よせゐる海よ今少し生きて己れの無惨を見むか」中城ふみ子なのだから。Photo_566

ところで、死刑制度は廃止すべきと思う。威嚇効果にいささかの根拠はありそうだが、冤 罪(八海事件など)を思えば根拠はかき消され、人倫を越えていると考える。

 鷲とんで白を彩とす冬の海       山口誓子
 冬浜に老婆ちゞまりゆきて消ゆ    西東三鬼
 銃さげし少年匂ふ冬の磯        原 裕
 冬海の方へ寝かへる一息に      加藤楸邨

※画像は八海事件を描いた映画「真昼の暗黒」より勝手拝借/感謝です。

|

« 島秋人と窪田空穂 | トップページ | 冴ゆの句@どこからも富士は真向かひ朝冴ゆる »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 島秋人と窪田空穂 | トップページ | 冴ゆの句@どこからも富士は真向かひ朝冴ゆる »