« 対立軸は国権vs民権 | トップページ | 柳沢大臣に寄せる短歌と俳句 »

2007年1月30日 (火)

渥美清の俳句

渥美清が「風天」という俳号で句をつくっているとみなこさんに教えていただいたので検索Photo_563 してみた。
きっこの日記に句がいくつか紹介されている。また、増殖する俳句歳時記(増俳と世間では略称するようだ)にも一句引かれている。

そんなことも知らずに俺は以前にこんな句をつくっていた。

 小春日や寅も黄泉にて句をひねる
 団子屋に団子食ひけり初時雨

二句目は寅が黄泉でひねった句という設定だ。無知であったわいなあ。

 ベースボール遠く見ている野菊かな  風天

※写真は甘味処 - 高木屋老舗 - livedoor 東京グルメから勝手拝借/感謝です。

|

« 対立軸は国権vs民権 | トップページ | 柳沢大臣に寄せる短歌と俳句 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対立軸は国権vs民権 | トップページ | 柳沢大臣に寄せる短歌と俳句 »