« 冬の海の句@処刑されし人に歌あり冬の海 | トップページ | 冬の蜂の句@安倍憎し自公倒せと冬の蜂 »

2007年1月30日 (火)

冴ゆの句@どこからも富士は真向かひ朝冴ゆる

これまでで最も出来がいい富士句と思っているが、市場の反応や如何に。Dvc00005

 どこからも富士は真向かひ朝冴ゆる

しぶちんの俺はデジカメ所有せず、ケータイカメラのみ。左はそれによる写真だけれども構図が悪い。それにどこで撮ったかも忘れてしもうた。

 灯の冴ゆる机の上の夜半かな    坂本四方太
 冬冴えのレールや鳩の拾ひ食ひ   平畑静塔
 冴ゆるまで静けき室に墨匂ふ     新井石毛
 叱咤冴え湖上に馬を引き入るる    古舘曹人

静塔は京大俳句の創刊者。やはり、京大俳句事件で検挙された。(三鬼の死)「もう何もするなと死出の薔薇持たす」「えむぼたん一つ怠けて茂吉の忌」がある。リンクに孫の方が中学生時代に書かれた「ぼくのおじいさん」なる作文がある。

|

« 冬の海の句@処刑されし人に歌あり冬の海 | トップページ | 冬の蜂の句@安倍憎し自公倒せと冬の蜂 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の海の句@処刑されし人に歌あり冬の海 | トップページ | 冬の蜂の句@安倍憎し自公倒せと冬の蜂 »