« 冬の月の句@レーニンは悪でありしか冬の月 | トップページ | 満男物語@満男は逃げたのだろうか »

2007年1月20日 (土)

多喜二忌の句@ロシア民謡唄ひし日あり多喜二の忌

旧左翼回想三連句の最後。Photo_40

 ロシア民謡唄ひし日あり多喜二の忌

国家権力によって虐殺されたのは小林多喜二だけではないけれど、象徴的な死であった。
こんな時代だけは真っ平ゴメンだ。
ああ、多喜二の命日は二月二十日である。

 赴任地の星の大粒多喜二の忌      佐藤博美
 ふつつりと海の暮れたる多喜二の忌   成田智世子
 沖どめの船が水吐く多喜二の忌      原田青児

※写真は小林多喜二特集から勝手拝借/感謝です。

|

« 冬の月の句@レーニンは悪でありしか冬の月 | トップページ | 満男物語@満男は逃げたのだろうか »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の月の句@レーニンは悪でありしか冬の月 | トップページ | 満男物語@満男は逃げたのだろうか »